ひとりでも楽しいアウトドア系趣味!海・山・川のアクティビティやスポーツを紹介

アウトドアの趣味を楽しむこころの悩み
この記事は約12分で読めます。

キャンプ、バーベキュー、サバゲーなど、アウトドア系の趣味はグループで楽しむものだと思われがちですが、「ソロキャンプ」などひとりでも楽しめるアウトドアが近年人気です。

今回は、そんなひとりでも楽しいアウトドア系趣味をご紹介します。海・山・川などスタンダードに自然の中で楽しむものから、家の近所でもできるものまでさまざまですので、長く続けられるような趣味を見つけてください。

この記事でわかること
  • 大人の趣味にアウトドアがおすすめな理由
  • 心と体が元気になる森林浴や登山の楽しみ方
  • スポーツとしても楽しめる釣りの魅力
  • 本格派もお手軽派もハマる天体観測の面白み
  • 旅行がもっと楽しくなるマリンスポーツを趣味にする方法
  • ランニングやサイクリングの気軽な始め方
  • 人気上昇中のソロキャンプのコツとグランピングとの違い

大人こそ今アウトドア系趣味を始めよう!心と体の健康維持にぴったり

アウトドア系趣味は若者グループや子ども連れの家族で楽しむものだ、と思っている人は多いのですが、実は大人こそアウトドア系趣味を楽しむのがおすすめです。その理由として、以下のように心身の健康維持に役立つことが挙げられます。

健康維持・増進に役立つ
  • アウトドア趣味は基本的に外に出て身体を動かすので、運動不足の解消に
  • 運動が得意な人はもちろん、運動が苦手な人が手軽に楽しめる趣味も多い
  • その人の運動レベルに合わせて、多彩な趣味を楽しめる
気分がリフレッシュされる
  • 外に出て新鮮な空気を吸えば、気分がリフレッシュされ前向きな気持ちに
  • 仕事で行き詰まったり気分が落ち込んだりしたとき、外に出てさまざまな刺激を受けると気分転換に
  • ストレス発散や仕事のモチベーションアップにもおすすめ

バーベキューやサバゲーなどはお金や道具が必要ですよね。一緒に楽しむ友人とのスケジュール調整なども考えると、どうしてもハードルが高いと思ってしまう人も多いでしょう。しかし、アウトドア趣味すべてが費用のかかるものではなく、特にひとりで行う場合は手間もお金もかからず手軽に行えるものも少なくありません。それぞれの予算に合わせて楽しみましょう。

さらに、アウトドア系趣味はひとりで楽しめるものを数人で楽しんだり、逆に何人かで遊んだことを次にはひとりでじっくり楽しんだり、といったように自分のライフスタイルや気分、状態に合った楽しみ方ができるものが多いです。年齢や性別、キャリアなどに関係ない多様な人との交流で、ぐっと交友関係が広がることもあります。

仕事や親戚付き合い、家族関係などしがらみのない趣味仲間なら、悩みごとや心配ごとを相談できる関係になれるかもしれませんし、さまざまな価値観を持つ人と多様な交流を育むことは、新たな刺激につながります。ある程度人間関係の修練を積んできた大人だからこそ、お互いを尊重し合いながら楽しく交流できるということもあるでしょう。

このように、アウトドア系趣味は決して子どもや若者だけのものではなく、大人にこそメリットが多くおすすめしたい趣味です。次章からは、具体的にアウトドア系趣味の詳細や楽しみ方について見ていきましょう。

森林浴・登山-自然と触れ合いながら体力と脚力アップ!

山や川、森などに行って森林浴や自然観察を楽しむことは、お金も手間もかからず誰でも手軽に始めやすいアウトドア系趣味の代表と言えます。特に、都心に住んでいるとなかなか森林浴ができたり、川のせせらぎを感じたりできるような大自然に接することができませんが、身近な公園や川沿いを歩き、そこに息づく動植物といった自然を感じるだけでも気分が変わります。

森林浴・登山のメリット
  • 緑や動物など自然との触れ合いを楽しめる
  • 四季の変化など、綺麗な風景を楽しめる
  • 体力的にもコスト的にも初心者がチャレンジしやすい

森林浴の効果

都心から電車で日帰りできるくらいの場所でも森林浴や自然観察に向いている場所は多いので、交通費と往復の時間がある日にはぜひリフレッシュに訪れてみましょう。森林浴にはストレスホルモンを減少させたり、自律神経を整えたり、リラックスしたりする効果があることも、科学的に証明されつつあります。

また、豊かな自然からは四季折々の変化を感じられます。全体を見て四季の移ろいを肌感覚的に感じることもできれば、小さな植物や昆虫などの変化を細かく観察することもでき、その人ならではの楽しみ方を追求できるのも自然観察の良いところです。気に入った景色や生き物は、ぜひスマホやデジカメなどの写真に残しておきましょう。

初心者でも安心の登山の始め方

登山はハードなイメージも強いですが、登る山や登る高さによってその難易度はまちまちで、自分のレベルに合わせて楽しむことができます。とはいえ、基本的に体力を必要とする趣味なので、普段からフットワークが軽くよく歩き回っているという人や、もともと運動の習慣があるという人など、体力にある程度の自信がある人におすすめの趣味です。

標高数百m程度の山であれば初心者でも簡単に登れますので、まずはこのような山から目指してみましょう。例えば、茨城県の筑波山などは標高877mで、コースによってはロープウェイやケーブルカーも利用できますので、体力に合わせて楽しめます。筑波山は日本百名山に数えられていて、観光スポットとしてもおすすめです。

一方で、1,000mを超える山になると気温差も激しくなってきますし、2,000m級になってくると酸素も薄くなってきますので、夏であっても十分な防寒対策が必要など、軽装では挑めない場所です。経験の少ない人が最初からこうした山に登るのは危険ですから、低い山でまず登山自体に慣れることから始めましょう。

釣り-川釣りや海釣りなどシチュエーション豊か!ハマると長く続けられる

釣りもアウトドア系趣味の定番と言えます。一口に釣りと言っても海釣り・川釣り・渓流釣り・船釣りなど場所や方法によってさまざまな楽しみ方があり、最近では沼や湖でブラックバス釣りを楽しむ人も増えています。場所によっては釣った魚を実際に食べられるというメリットもあり、年齢も人数も問わず楽しめる趣味です。

釣りのメリット
  • 生きた魚相手のため、予測不能のワクワク感がある
  • 川釣りや海釣りなどバリエーションを楽しめる
  • 自分で釣り上げた魚を食べることもできる

想像以上にアクティブ!釣りの醍醐味

釣りはそもそも趣味ではなく、食料を得るという必要に駆られて行っていたことでもあり、人間の持つ狩猟本能を満たせる楽しみがあります。釣りの技術もさまざまで、潮の読み方や仕掛けの選択、魚がかかったときの釣り上げ方など、コツを覚えて実際に釣り上げるときの高揚感は他の趣味にはなかなかない醍醐味と言えるでしょう。魚種によって釣り竿の引き具合も異なりますので、実際に釣り上げてみるまでの「何が釣れただろう」という予測不能感もワクワクを盛り上げる一因です。

初心者のおすすめの釣りの種類

釣りを始める方法はさまざまで、やりたいと思える釣りがあればそこから始めるのが一番良いのですが、どれから始めれば良いかわからない場合は「ハゼ釣り」がおすすめです。ハゼ釣りは手軽で小さな子どもでも釣れるほど簡単なので、シーズンにたくさん集まってくる漁港や河口に出かけると初心者でも釣果をあげやすいでしょう。

天体観測-理系趣味!宇宙に詳しくなるナイトアクティビティ

天体観測は、宇宙や星を眺めるというロマン溢れる趣味の一つです。プラネタリウムでは味わえない本物の輝きは、宇宙の広さや大きさ、数千光年や数万光年離れた星との距離をダイレクトに感じさせてくれることでしょう。

天体観測のメリット
  • 綺麗な星空が見えるスポットへ行くときに、ドライブや登山も楽しめる
  • 夜の時間帯を趣味に充てられる
  • 夜空を見ていると心がリラックスする

月や金星・木星・土星など、衛星や惑星の形や色をしっかり捉えるために本格的な機材を集めるとなるとお金がかかりますが、肉眼だけでお金をかけなくても十分に楽しめます。星座の形や月の満ち欠けを楽しむのであれば、肉眼だけでも全く問題ありませんので、まずは多くの星が見える場所に出かけてみてはいかがでしょうか。

もっとおしゃれにアクティブに天体観測を楽しむ方法

天体観測だけが目的でどこかへ行くのは少しハードルが高い、と感じられる人には、海辺で波の音を聴く、焚き火をする、花火をするなど夜にできるアウトドア系趣味と組み合わせるとよりお出かけを楽しめます。登山をして、頂上で達成感を味わいつつ、温かいコーヒーなどを味わいながらゆったりリラックスするのも格別です。

スマホやインターネットを活用して天体観測の充実度アップ

星座や星についてあまり知らない、という人はアプリやサイトなどインターネット上だけでもさまざまな情報がありますので、ダウンロードしたりブックマークしたりしておくと便利です。最近では、スマホやタブレットのAR機能などを使って、空にかざすと星座や星の名前を確認できるアプリなども出ていますので、一つダウンロードしておくとより楽しめます。

スキューバダイビング-魚と一緒に泳ぐワクワク感と運動でリフレッシュ

スキューバダイビングとは、「時給式水中呼吸装置(酸素ボンベから直接、空気を口に運ぶ装置)」をつけて海中散歩するスポーツのことを指します。酸素ボンベをつけて潜るので、海の深いところまで一定時間潜っていられるのが海水浴や素潜りとは異なる魅力です。スキューバダイビングには、「体験ダイビング」と「ライセンス取得」という2つの楽しみ方があります。

スキューバダイビングのメリット
  • 非日常感を味わえる
  • 旅行やドライブを兼ねて楽しめる
  • 初心者もダイビング講習で技術を学ぶことができる

初心者向けのスキューバダイビングの始め方

体験ダイビングとは、インストラクターの指示のもとでダイビングを行うもので、初心者でも細かく教えてもらえるため安心な方法です。ただし、その分どうしても自由度は減ってしまいますので、「たまに海の中の景色を眺めたい」「初心者なのでまずはしっかりやり方を聞きたい」という人に向いています。

本格派におすすめのスキューバダイビングライセンス取得

ライセンス取得とは、ダイビング講習を受けて試験に合格すれば、より安全かつ自由にダイビングを楽しめるようになるものです。講習や試験がありますのでその分、予算や時間はかかりますが「体験ダイビングで楽しさを知ったので、もっと自由に海の中を楽しみたい」「本格的な趣味として極めたい」という人にはぜひおすすめです。

ランニング・サイクリング-今日からでも始められる身近なアウトドア系趣味

身近で手軽、かつ健康的な趣味として、ランニングやサイクリングといった運動を趣味にするのもおすすめです。何歳からでもスタートできますので、手軽な趣味としても、健康維持のための運動の一環としても昔から高い人気を誇っています。中には、ダイエットやマラソン大会の練習などで走る人も見られます。

ランニング・サイクリングのメリット
  • ダイエットや健康維持としても始めやすい
  • 家の近くから旅先など、いろいろな場所で楽しめる
  • 何歳からでも始められる

ランニングを飽きずに継続して楽しむ方法

ランニング中は目に映る街並みや自然などの風景を楽しんでも、音楽やラジオを聴いても、じっくり瞑想の時間にしても構いません。時々コースを変えることで、飽きずに走り続けられるでしょう。距離や時間の目標を決めて、自分の成長プロセスを楽しむという方法もあります。ぜひ、自分に合った楽しみ方を見つけてください。

サイクリングはシティサイクルでも大丈夫

サイクリングは自転車を用意する必要がありますが、やはりランニングと同じように手軽で健康的に楽しめる趣味の一つです。普段通勤や通学で使っているシティサイクルでも十分楽しめますが、慣れてきて自転車での走りそのものを楽しみたい、長距離を走りたいというのであれば、ロードバイクやクロスバイクなどに挑戦してみるのも良いでしょう。

サイクリングは通勤や旅行先にもおすすめの趣味

サイクリングは運動不足解消にも、体力をつけるのにも役立ち、だんだんと電車や車で移動するような距離でも難なく移動できるようになります。無理のないよう、徐々に行動範囲を広げてみるとよりさまざまな刺激を得られておすすめです。自転車に慣れてくると、通勤や通学も苦に感じなくなってくるでしょう。もっとサイクリングを楽しみたい人は、旅行先や観光名所のサイクリングロードにチャレンジしてみると、新鮮で爽快な気分を味わえますよ。

ソロキャンプ・グランピング-自分の力を試す面白さにハマる人続出中

最近では、ひとりでキャンプや焚き火を行う様子を動画で配信するYouTuberなどが登場してきたこともあり、「ソロキャンプ」という言葉が定着しつつあります。調理器具や食材を持って自然に囲まれたキャンプ場に行き、テントを張って寝泊まりすることで、自然と濃密に触れ合い非日常に没入し、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

ソロキャンプ・グランピングのメリット
  • 自然の中で生活をする楽しみを発見できる
  • デジタルデトックスができる
  • 道具のレンタルサービスなどを利用すれば気軽に楽しめる

上級者がソロキャンプで味わっている達成感

キャンプのもう一つの楽しみ方として「ブッシュクラフト」というものがあります。必要最低限の道具だけでキャンプを楽しむという、いわばゲームの「縛りプレイ」のようなもので、可能な限り自然界にあるものでアウトドアを楽しむ、というルールに則ってキャンプをします。このため、初心者よりは既に何度かキャンプを経験済みの上級者におすすめの楽しみ方です。

例えば、火起こしをマッチやガスライターでなく人力で、薪となる木や葉を集めて行います。適当な石を積み重ねてかまどを作ったり、木を組み合わせてテントの骨組みにしたり、自然と向き合う「究極のアウトドア」とも言えるキャンプの楽しみ方です。自分の技術に合わせて、今回はテントの骨組みだけ作ってみよう、次はかまども作ってみよう、と順々に慣れていくとやりやすいでしょう。

荷物準備の負担が軽いグランピング

最近ではキャンプグッズのレンタルサービスが充実しているので、大きな荷物を持たず軽装で現地に向かうこともできます。こうしたキャンプのことを「グランピング」と呼ぶこともあり、必要な準備は既にされていて気軽にアウトドア体験を楽しめます。準備の手間がかかるのでは、と心配している人は、ぜひこうしたサービスを利用しましょう。

グランピングは種類が非常に豊富で、テントやコテージ、キャンプカーなど、場所によってさまざまな施設が提供されています。サービス内容も食事つきで片付け不要などを選べば、あとは自然の中にいることを目一杯楽しむだけです。予算や自分が何をやりたいか、やりたくないかなどによって選びましょう。

おわりに:アウトドア系趣味は多様で難易度も豊富!自分に合わせて楽しもう

アウトドア系趣味は、身体を動かしたり気分がリフレッシュされたりと、心身の健康維持にぴったりです。手間や費用がかからない趣味やひとりで十分楽しめる趣味も多く、大人にこそおすすめしたい趣味と言えます。

森林浴・釣り・ランニングから天体観測・ダイビング・ソロキャンプまで、アウトドア系趣味は場所もジャンルも予算もレベルも豊富で、楽しみ方も人によってさまざまです。ぜひ、自分に合った楽しみ方を見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました