こころの不調

こころの不調や病気の種類や解決方法を提案している記事を集めています。

こころの不調

【コラム】デジタルデトックスはアプリのほか旅行がおすすめ?

昼夜を問わず、仕事や娯楽のためにパソコンやスマホを使っている現代人の多くは、デジタル依存の傾向があります。そこで注目されているのが、意識的にデジタルと距離を置く「デジタルデトックス」です。今回はデジタルデトックスとは何か、必要な人の特徴や楽しみながらデジタルデトックスをするためのおすすめプランなどを紹介していきます。
こころの不調

仕事や恋愛などで一苦労?大人の発達障害で本人や周囲の人ができる工夫とは?

発達障害は、脳の働き方の違いにより特性が現れる生まれつきの障害です。 このため子どもの頃に発症しますが、気づかれず大人になることも少なくありません。今回は大人の発達障害の特徴を、社会生活上で起こりやすい困難や本人・周囲ができる対処法、発達障害について相談できる窓口などの情報と一緒に紹介していきます。
こころの不調

育児ストレスで男性がうつになることも?原因や性格の傾向

妊娠・出産を経た女性は「産後うつ」に気をつけるべきことが広く知られるようになりました。しかし育児に挑戦するのはママだかではありません。パパもまた子育ての不安や悩みを抱え、産後うつや育児ノイローゼにかかるおそれがあるのです。 この記事では、産後うつや育児ノイローゼにかかりやすい男性の特徴や気をつけたいサインを紹介します。
こころの不調

不登校は不安や無気力が原因?子どもに対する親のNG行動って?

子どもの「不登校」が社会問題のひとつですが、近年の不登校の特徴として、不安や無気力といった精神面の要因が大きくなっています。小学校や中学校に通う子どもの成長をサポートするために大人ができることは何でしょう。この記事では、不登校児に対する親のNG行動や、通信制高校・フリースクールなどのメリットも合わせてご紹介します。
こころの不調

適応障害は仕事が続かない?休職中の過ごし方や支援制度の活用法って?

適応障害とは精神疾患の一種で、発症すると仕事やプライベートにさまざまな支障をきたします。うつ病や統合失調症などと比べてまだまだ知名度は低いのですが、同じ気分障害・不安障害の一つです。今回は、働いている人が適応障害を発症してしまったとき、仕事は続けられるのか、休職中の過ごし方はどうすれば良いのかなどをご紹介します。
こころの不調

こんな症状が出たら「心療内科」の受診がおすすめ!精神科との違いや治療対象となる病気とは?

ストレス社会とも呼ばれる現代社会では、うつ病など精神的な問題を抱える人も少なくありません。精神科やメンタルクリニック、カウンセリングなど、心の問題の解決にはさまざまな相談先がありますが、今回は心療内科について紹介。心療内科受診の症状の目安、精神科との違いも含め、治療対象となる症状や病気の範囲について見ていきましょう。
こころの不調

社会人のストレス管理は産業医やオンライン健康相談、メンタルヘルスケアアプリを活用しよう

ストレス社会とも呼ばれる現代社会で、社会人として働く人はなにかとストレスを抱えやすいものです。近年ではストレス管理もビジネススキルと言われるほど、社会人にとって欠かせないスキルの一つ。今回は仕事のストレス管理に携わる産業医の業務をはじめ、オンライン健康相談やメンタルヘルスケアアプリの活用法を紹介します。
こころの不調

リトリートでストレス解消と自分発見!ヨガ・農業体験・森林浴リトリートの魅力や旅行との違いって?

リトリートとは、「4つのR」として知られるストレスコントロール法のひとつ。日常から離れて心身をリフレッシュするストレス解消法です。 特に今回は癒し効果や豊かな体験、健康効果などが期待できるヨガ・農業体験・森林浴リトリートについてご紹介します。旅行との違いもしっかりおさえておきましょう。
こころの不調

こころの病気の特徴や違いって?子どもが注意したいこころの異変やサインとは

うつ病などこころの病気は、誰でもかかる可能性があることが広く知られ、理解が深まってきました。一方でこころの病気は種類が多いため症状や治療法の違いがわかりにくく、誤解されがちです。今回は、こころの病気になる原因や種類、症状の違いや特徴を説明します。近年関心が高まっている、子どもが発症するこころの病気もあわせて解説します。
こころの不調

心が疲れたときの休み方-休む時間の作り方と心の不調を和らげる方法

慢性的に倦怠感・疲労感があり、体調が回復しないなら、心が疲れているのかもしれません。心の疲れがたまっているとき、どんなサインが現れるのでしょう?今回は心の不調を見抜くためのセルフチェック方法、心を休める方法とそのための時間確保のコツまで、一緒に解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました