【コラム】デジタルデトックスはアプリのほか旅行がおすすめ?

旅行先でデジタルデトックスこころの不調
この記事は約8分で読めます。

昼夜を問わず、仕事や娯楽のためにパソコンやスマホを使っている現代人の多くは、デジタル依存の状態にあると言われています。

そこで注目されているのが、意識的にデジタルと距離を置く「デジタルデトックス」です。今回はデジタルデトックスとは何か、必要な人の特徴や楽しみながらデジタルデトックスをするためのおすすめプランなどを紹介していきます。

この記事でわかること
  • 疲れや不眠などデジタルデトックスで和らぐ不調
  • お風呂やトイレでも使用?スマホ依存の自己診断
  • 毎日のデジタルデトックスにおすすめアプリ
  • 自然の中でリフレッシュできる宿泊プランやアウトドア

デジタルデトックスやSNS疲れって?

日本デジタルデトックス協会によると、デジタルデトックスの定義は以下の通りです。

デジタルデトックスとは
一定期間、スマホやパソコンなどのデジタルデバイスと距離を置くこと。またこれによりストレスを軽減し、現実世界や自然界とのつながりやコミュニケーションにフォーカスしようとする取り組み。(参考:日本デジタルデトックス協会「デジタルデトックスとは? | DIGITAL DETOX JAPAN

また同協会では、デジタル依存の現状やデジタルデトックスによる効果についての調査も実施しています。その結果、現代人のデジタル依存状況について以下のことがわかってきました。

デジタル依存についての調査結果
  • スマホでのネットを利用している10代は小学生で17.4%、中学生で46.4%、高校生で89.4%
  • 18~34歳のほぼ半数が、SNSからの反応を受けて「自分が魅力的でない」と感じている
  • 2016年時点で、現代人は1日にスマホを150回チェックし、2,600回以上タップ、スワイプ、クリックの動作を繰り返している
  • SNSだけで、現代人は1日あたり平均で2.15時間もの時間を費やしている

1日に何時間も、何千回もデジタルデバイスに触れないと気が済まない現代人は、まさにデジタルに依存した状態だと言えるでしょう。

対して、デジタルデトックスを行うことで期待できる効果としては以下が挙げられます。

デジタルデトックスに期待される効果
  • 目と頭の疲れがとれて、睡眠の質が良くなる
  • すっきりとした、幸せな気持ちになれる
  • ストレスが減って、安心感が増す
  • 五感が冴え、想像力が高まってひらめきも良くなる

ここで、自身がデジタル依存に陥っていないか、セルフチェックしてみましょう。

デジタル依存、SNS疲れセルフチェックリスト

  • 歩いているときや、食事中もデジタルデバイスに触れてしまう
  • ぼーっとしているときなど、無意識にお気に入りのアプリを開いている
  • 少しのつもりでデジタルデバイスに触れ始め、気づくと長時間経っている
  • スマホが身近にないと不安で、お風呂やトイレにも何らかのデジタルデバイスを持ち込む
  • 充電切れが心配なので、予備のバッテリーは手放せない

上記の項目のうち複数当てはまっている場合は、「デジタル依存」や「SNS疲れ」と呼ばれる状態に陥っている可能性が高いです。SNS疲れとは、SNSの利用によってストレスや疲労を感じてしまう状態のこと。

SNSは簡単に世界中の人とつながれて、自分への評価を得られてしまうサービスです。このため「いいね数」や「フォロワー数」、写真の内容で他人と自分を比較したり、誹謗中傷に怯えたり、過度に情報に触れ続けることに疲れてしまう人も多いと言います。

そんな<>strongSNS疲れにも、ネット社会から距離を置くことのできるデジタルデトックスは効果的。疲労感や不安感を解消できる方法のひとつとして、注目されているのです。

育成系アプリのデジタルデトックスで集中力アップ

ここからは、デジタルデトックスの方法について具体的に知っていきましょう。

まず挙げられるのが、スマホに専用アプリをダウンロードして、手軽に少しずつデジタルデトックスをしていく方法です。

以下に、楽しみながらスマホなどのデジタルデバイスに触れる時間を減らしていける、おすすめの育成系デジタルデトックスアプリを紹介します。

1:Forest-集中力を高める

  • 初期費用250円に加え、アプリ内で課金することで利用できるアプリ
  • タイマーをセットし、アプリを開いた状態にしておくことで森を育てることができる
  • アプリから離れるなど、他のことにスマホを使うと木の成長が止まってしまう仕組み
  • 自分で設定した時間数のデジタルデトックスを、タイムトライアル感覚でできる
  • デジタルから離れられた分、仕事や勉強がはかどり、かわいい木々も育っていく
  • どのくらいの時間仕事や勉強に集中できたかを記録し、データ表として見せてくれる
  • 植樹団体との協働企画で本物の植樹に協力することもできるので、環境問題に興味がある人には特におすすめのアプリ

2:スマホをやめれば魚が育つ

  • アプリ内課金はあるものの、無料で始められるデジタルデトックスアプリ
  • 集中タイマーをセットし、その間に他のアプリを使わず過ごすことができるとアプリ内でかわいい熱帯魚や海獣がアイテムを集め、どんどん育っていってくれる
  • タイマーセット中に他のアプリを使ってしまうと、集めたアイテムは消去される仕組み
  • クロームとの連携機能もあるため、スマホだけでなくパソコンのネット閲覧制限も可能
  • タイマーをかけて他のことに集中できた時間は自動で記録し、グラフにまとめてくれる
  • デジタル依存やSNS疲れの自覚があり、何とかしてスマホから離れたい人に向け
  • クマノミからペンギン、シャチまでさまざまな海の生き物を集められるので、ダイビングや海が好きな人には特におすすめ

3:Cleverest:デジタル-デトックスに集中する

  • ダウンロード後も課金なしで、すべて無料で利用できるデジタルデトックスアプリ
  • スマホを使わない時間を15分単位で選んでセットし、アバターを育てていく仕組み
  • あなたがスマホを使わず、集中している間にアバターはエサをもらって成長していく
  • 集中力や生産性を上げがり、大切な人と過ごす時間を取り戻すためにデジタルデトックスをしたいと言う人におすすめ

ホテル宿泊プランでリラックス&デジタルデトックス

続いて紹介するのは、宿泊施設に滞在し旅行中にデジタルデトックスを行う方法です。近年、宿泊施設のなかにはデジタルデトックスをテーマにした宿泊プランを提供しているところもあり、人気を集めています。

以下に「星のや軽井沢」と「THE SCENE」、2つの宿泊施設が提供するデジタルデトックス宿泊プランの概要をまとめていますので、利用を検討してください。

1:星のや軽井沢「脱デジタル滞在」

季節を問わず、星のや軽井沢で通年利用できる宿泊プランのひとつ。デジタル社会にさらされることによるストレスから解放され、心身ともにリフレッシュして明日への活力を手に入れることを目的としたプログラムです。

スマホやパソコンなどのデジタルデバイスは、チェックイン時にフロントへ預けます。スマホなどを触る時間をなくし、時間浅間山麓の森での乗馬体験や散策、スパトリートメント、温泉に入りながら行う瞑想体験、指圧施術などを2泊3日で受けていきます。価格は宿泊料別で1名あたり税込み59,290円、1組2名までが定員。

2:THE SCENE「快眠体質プラン

奄美大島本島の最南端にあるリゾートホテルに滞在できる、デジタルデトックスプラン。
チェックイン時にすべてのデジタルデバイスをホテル側へ預け、テレビのない部屋に3泊4日宿泊します。島の自然のなかで自身と向き合い、心身を回復させることをめざします。食事は利用客の体調に合わせた野菜と果物を中心としたメニューが提供されます。

朝のヨガと夕方の快眠ヘッドケア、そして1日3回の食事が含まれたプランの価格は1名あたり税込み105,600円です。季節を問わず通年、予約と宿泊が可能。

ソロキャンプでデジタルデトックスしながら趣味の時間を充実

おすすめのデジタルデトックス法、3つ目は自然のなかに飛び込むソロキャンプです。Wi-Fiがつながらず、十分な電源もないような自然に分け入れば、強制的にデジタルデバイスから離れることができます。

またソロキャンプであれば、友達と盛り上がってスマホで写真を撮り、SNSに投稿してしまうリスクもありません。陽が沈めば真っ暗で、やれることも限定されてくるため、規則正しい生活で心身の緊張をほぐして自分自身と向き合う時間も作れるでしょう。

自然が好きで、短期間で集中的にデジタルデトックスをしたいなら、ソロキャンプに出掛けることをおすすめします。ただ、「キャンプに行く」とだけ伝えて急に連絡が取れなくなると、遭難や野生動物に襲われるなどのトラブルに巻き込まれたのでは、と周囲に心配をかけるかもしれません。

デジタルデトックスのためにソロキャンプへ行くときは、以下のような方法で周囲の人にその旨を伝え、安心して休める環境を作っておきましょう。

ソロキャンプでデジタルデトックスすることの周囲への伝え方
  1. よく使うSNSアカウントの背景画像や固定メッセージに「○月○日~△月△日まで、デジタルデトックス中です」などと掲載しておく
  2. デジタルデトックスの間、自分への連絡に応対してくれる別窓口を用意しておく
  3. 送られてくるメールに対しては「○月○日~△月△日までは休暇をいただいているため、△月×日以降にお返事いたします」などの内容で、自動返信を設定する

おわりに:情報に触れ続けることに疲れたら、デジタルデトックスが必要かも

スマホやパソコンなどのデジタルデバイスを意識的に邪離れるデジタルデトックスは、ネットやSNSで情報に触れ続ける現代人にとって非常に効果的なリフレッシュ方法です。自身がデジタルデバイスに依存している、SNS疲れしていると感じているなら、ぜひとも試してみるべきでしょう。アプリの利用から、リゾート感覚で楽しめる宿泊プランやソロキャンプまで、さまざまな方法から好みのものを選び、挑戦してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました