割り勘に対するイメージは悪いの?【彼氏と彼女】付き合っていないときは?

食事デートの会計お金が貯まらない
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

アクシスコンサルティング株式会社バナー画像

「デートで割り勘という男性はあり得ない!」という女性もいますが、「割り勘でOK」という女性も増えています。この記事ではデートで割り勘することのデメリットや近年の考え方、初デートで割り勘はアリか・ナシかなどを紹介します。

この記事でわかること
  • デートで割り勘をすると嫌われるのは本当か
  • 割り勘にする男性が考えていること
  • 初デートで割り勘にするときの注意点
  • 女性がデートでご馳走してもらうときのマナー
スポンサーリンク

デートで「割り勘」ってマナー違反なの?

デートで食事というと、「男性が女性にご馳走する」のが当たり前というイメージが持たれがちですよね。割り勘をする男性はマナー違反だとする考え方もありますが、それはどうしてなのでしょう。

割り勘がマナー違反だと考えられている理由
  • 「誘った方が会計を支払う」というマナーがある
  • 誘われた側は、お店の金額などを知らないため負担になる
  • 「男性がご馳走する」=「デートに満足」というイメージがある
  • 女性よりも男性の方が収入が高いことが多いから

食事に誘ったのが男性の場合、お店選びもしていたのであれば割り勘が女性の負担となることもあります。どのくらいの価格帯が丁度良いのかは人によって異なるため、相手にとっては「高級すぎる」「食事にかけることができる予算を超えてしまった」ということがあり得るでしょう。

また、従来はデートでは男性が女性にご馳走をするのが一般的でした。そのため、割り勘にする男性は女性に対して不満があるのでは、という不満が生じやすくなります。これは男性の方が女性よりも収入が高いケースが多く、デートの食事代は収入が高い方が支払うことがマナーのようになっていたことも影響しているでしょう。

デートでは男性が女性にご馳走しないとマナー違反、という考え方は現代ではあまり一般的とはいえません。ですが男性がデートで割り勘にすると、誤解や不安を抱く女性もいることを理解しておくと安心ですよ。

男性がデートで割り勘にする理由って?

デートで割り勘と言われた場合、女性からすると「どうして割り勘にされたんだろう」と悩んでしまうこともありますよね。割り勘にする男性にも理由があります。理由は人それぞれですが、次のような考え方から割り勘にしているかもしれませんよ。

女性をエスコートした経験が少ない

デートの経験がなかったり、女性をもてなすことをあまりしてこなかった男性の場合、デートの段取りで精一杯になることは珍しくありません。食事の会計をスマートに済ます余裕がないと、割り勘になるということもあります

食事をご馳走すると「下心がある」と思われないか不安

誠意からご馳走する男性のほか、「食事をご馳走したんだから、もっと深い仲になってもいいだろう」と考える男性もいます。そのため女性から「下心があると思われたくない」「警戒されたくない」という男性は割り勘を提案することもあります

一度奢ると今後も支払い続けなくてはいけないので「大変そう」

女性の生活レベルや服装から高級感が漂っている場合、「一度ご馳走したら、今後も高級なお店でも自分が払わなくてはいけないかも」と心配をする男性もいます。これはお互いの生活レベルや金銭感覚にズレが生じている可能性もありますので、関係性を考え直すきっかけになることもあるでしょう。

女性より収入が少ないから、割り勘が公平だと感じる

女性の社会進出や雇用の男女平等が進み、男性と同じレベルの収入を得ている女性、男性よりも高収入を得ている女性も増えてきました。そのため、「デートは男性が奢るのがマナー」という考え方に違和感を覚える男性もいます。

女性だからといって奢るのは損な気がする

金銭感覚がしっかりしている男性の場合、お金の支出管理の意識が高くなります。そのためデートの食費の管理について、奢るのはマイナスだと感じることもあるでしょう。特に女性とのデートに満足がいっていない場合、お金をかけるメリットがないのではと疑問を感じやすくなります。

見栄がなく、女性のことを対等に扱っている

男性が女性にご馳走するのは、「見栄を張りたい」「お金を払う方がカッコいい」という自意識からきていることがあります。そうした見栄がない男性の場合、割り勘の方が当たり前のように感じられるでしょう。また女性のことを収入面などで対等に見ている場合も、割り勘を申し出ることがあります。

割り勘となったからといって脈ナシとは限らない

割り勘=男性からの脈ナシというわけではありません。金銭感覚がしっかりとしていたり、誠実な人の場合に割り勘を提案するということもあります。

女性の場合、気になる男性に割り勘と言われても諦めるのは早いかもしれません。食事の支払いも含めて、金銭感覚や人付き合いなどの価値観が合うかどうか考えるきっかけにしましょう。

女性がデートでご馳走してもらうときのマナー

女性がデートで割り勘ではなく、ご馳走してもらうことになったときはそのことを当たり前と思わずに感謝の気持ちを伝えましょう。ご馳走してもらう女性は、会計時に財布を出すのがマナーと言われることも多いですが、「払う気がゼロなのに、払うフリだけしている」と思われる場合もあります。会計や店を出たとき、別れ際などに「ご馳走様でした」とお礼を忘れずに伝えることが大切です。

割り勘の方が気楽だという女性は、「次のデートは私にご馳走させてください」という言葉を添えると、2回目のデートにつなげるきっかけになりますよ。「自分がご馳走するのは負担」という女性は、2回目以降のデートでのドリンク代を支払ったり、ちょっとした手土産・プレゼントを渡すと気持ちが伝わります。

【男性】割り勘になった場合に気をつけたいこと

男性がデートで割り勘を提案した場合、女性からネガティブな印象を抱かれる可能性が低くありません。こうしたリスクを避けたい男性は、初デートでは女性にご馳走するのがおすすめです。

近年は「割り勘でも構わない」という女性が増えてきていますが、一方で「男性が割り勘にするのは脈ナシだからなのでは」という不安を女性が抱くこともあります。次もその女性とデートをしたいのであれば尚更、初デートでは割り勘を控えましょう

割り勘の場合でも、一円単位の割り勘は「ケチな人」「細かすぎる」と思われることがあります。少しだけでも男性の方が多めにお金を出すと、ネガティブな印象になるリスクを下げられるでしょう。

おわりに:割り勘は当たり前になりつつあるけど初デートでは要注意!

従来と比べると、デートでは男性が女性にご馳走するものという考えは一般的ではなくなってきました。ただし初デートで割り勘はその後の関係に影響を及ぼすリスクが高いため、男性が支払ったり少し多めにお金を出すというのもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました