結婚する相手との出会い方は?結婚相談所や婚活アプリで恋愛も?

婚活アプリで結婚相手を探す人間関係の悩み
この記事は約12分で読めます。

多様な生き方が尊重される現代では、必ずしも結婚を選ぶ人ばかりではありません。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行などにより、若年層の結婚に対する意識は再び変わってきているようです。

スマホやパソコンでインターネットが広く普及した今、結婚や恋愛の相手をオンラインで見つける人も増えています。伝統の結婚相談所から、マッチングアプリのおすすめまでチェックしましょう。

この記事でわかること
  • 2020年の男女の結婚観の変化
  • 結婚相談所・婚活イベント・マッチングアプリの特徴
  • マッチングアプリ利用に対する周囲の印象
  • マッチングアプリの利用目的ごとの意識の違い
  • 人気の婚活・恋活の年代や婚活意識ごとのおすすめポイント

withコロナで結婚観にも影響が?男女で婚活意欲に差はあるの?

大手結婚相談所「オーネット」が行った調査によると、新型コロナウイルス感染症の流行で社会情勢が変化したことによって、結婚への意識が高まった20〜39歳の人は男女合わせて36.4%にものぼることがわかりました。そのうち、「非常に結婚したくなった」と答えた人は12.2%、「やや結婚したくなった」と答えた人は24.2%で、約1割の人は非常に結婚への意識が強まっています。

さらに、男女別に見ると以下のようになりました。

男性の調査結果
非常に結婚したくなった:10.3%
やや結婚したくなった:21.2%
女性の調査結果
非常に結婚したくなった:14.1%
やや結婚したくなった:27.2%

合計すると男性で約3割、女性で約4割の人が結婚への意識が高まったという結果になり、男性と比べて女性の方がより結婚に対する意識が高まったと言えます。年代別に見ると、男性は20代前半〜30代後半まで概ね結婚を意識した人の割合は同じくらいで推移しているのですが、女性は20代後半と30代後半で特に大きく意識が高まる傾向にありました。

また、その理由としては男女合わせて61%が「一人でいることに対する不安」、続いて21%が「誰かと一緒にいたい」となり、2つを合わせると82%という割合になりました。つまり、コロナによって引き起こされた不安感や外出自粛による孤独感、誰かとのつながりを求める気持ちから、結婚に対する意識が高まったと考えられます。

しかし、続く外出自粛や新型コロナウイルス感染症予防のためのソーシャルディスタンス、イベント開催の難しさなどから、従来通りの婚活を行うのは難しくなっています。そこで、オンライン飲み会やオンライン会議などインターネットを通じてコミュニケーションが行われるようになったことに伴い、婚活サイトやマッチングアプリを利用した「オンライン婚活」もぐっと身近なものになってきました。次章から、これらオンライン婚活について詳しくご紹介します。

マッチングアプリによる婚活の人気が高まっている!

そもそも、新型コロナウイルス感染症の流行を待つまでもなく、最近では学校・職場・プライベートの友人関係など実際に出会うことをきっかけとして、恋愛から結婚に至る例ばかりとは限りません。結婚を目的とした「婚活」によってパートナーを見つける人も増えてきました。昔ながらの結婚相談所はもちろん、婚活イベントやマッチングアプリ・サイトなどから出会って結婚に至ることは、今や珍しいことではありません。まず、それぞれの特徴について簡単に見ていきましょう。

結婚相談所:専門家がしっかりサポートしてくれる
  • 出会いから成婚まで、プロのアドバイザーによる一貫したサポートが受けられる
  • 数多い会員の中から希望の条件に近い人を一緒に探してくれるので、合う人を見つけやすい
  • 結婚を本気で考え、かつ、身元もはっきりとした人が会員になるため、安心感がある
  • お見合いのセッティングやお断りの返事もアドバイザーに任せられるので、わずらわしくないのも大きなメリット
  • 他の婚活方法と比べて費用が高めなこと、担当アドバイザーとの相性にもよることがデメリット
婚活イベント:一度にたくさんの人と出会える
  • スケジュールさえ合えば1回ごとの参加費のみで手軽に利用でき、一度にたくさんの異性と出会える
  • 年齢や趣味・収入などの参加条件がついていることが多いので、希望する条件に近い人が集まっている
  • 限られた時間内で多くの人と交流することから、誰と何を話したのかわからなくなったり、お目当ての相手が見つかるとは限らなかったりするデメリットも
アプリ・サイト:インターネット上でマッチングできる
  • 会費が安いまたは無料で、金銭的な負担が少なく手軽に婚活できる
  • 昼休みや通勤途中など、スキマ時間を有効活用できるのも嬉しいポイント
  • 相談所やパーティに行く暇がない、忙しい人にも向いている
  • 大手の婚活サイトやアプリは、不審なユーザーがいないか24時間365日体制で監視を行なっていることがほとんどなので、できれば大企業が運営しているサービスを選ぶのが安心

マッチングアプリというと、ひと昔前はまだまだ抵抗感が強い人も多く、利用者も少ない傾向にありました。しかし、マッチングアプリの本場であるアメリカでは結婚したカップルの1/3は「Tinder」「match.com」などのマッチングアプリを利用していて、テレビCMなどでもよく放送されています。

日本でもマッチングアプリに対する抵抗感は徐々に薄れてきていて、ブライダル総研の調査によれば、2017年に結婚した人のうち、婚活サービスを利用して結婚した人は10.4%であり、特にインターネット系婚活サービスを通じて結婚する人の割合が増えていることがわかっています。婚活パーティーなどは感染症予防などの社会情勢を鑑みても、今後もなかなか開催できない可能性がありますが、インターネットを通じた婚活なら自宅からでも簡単に行えますので、今後も結婚する人の利用率は増加していくと予想されます。

ただし、マッチングアプリを通じて結婚した人も、高齢者やミドル世代の家族や親戚に話す場合は「知人の紹介で」「共通の趣味を通じて」などと紹介することが多いようです。「マッチングアプリで」と正直に話すことは悪いことではないのですが、インターネットでの出会いに不信感や偏見を持つ人もまだまだ多いので、相手の価値観がわからない場合は上記のような無難な紹介方法にしておいた方が良いでしょう。

マッチングアプリのメリットと危険性は?

前述のように、マッチングアプリでの婚活にはメリットも大きいですが、不安感があるのも事実です。そこで、まずはマッチングアプリの主なメリットから見ていきましょう。

マッチングアプリのメリット
  • 出会いの範囲が多く、ときには何万人もの中から選べる
  • 自分に合った相手を見つけやすい
  • スキマ時間を通じて、チャットやメッセージ機能などを使って相手とコミュニケーションできる
  • スマホ1つで、いつでもどこでも婚活できる
  • 金銭的な負担が少なく、女性で月に無料〜4,000円、男性で2,000〜4,000円程度が相場
  • 婚活目的のアプリなら、結婚を意識して活動している人が多い

マッチングアプリは金銭的な負担の少なさから利用者数が多く、女性は無料のところもあります。スマホ1台あれば活動できるので、スキマ時間を利用して相手を探したり、こまめにコミュニケーションしたりすることができるのも大きなメリットです。そのため、自分に合った相手も見つけやすいと言えるでしょう。

一方、インターネット上に載せている写真はあくまでも写真であり、相手の顔や口調を見ながら話しているわけではありませんので、実際に会ったときにイメージとのギャップが生じる可能性があります。他にも、マッチングアプリでの婚活には以下のようなデメリットが考えられます。

マッチングアプリのデメリット
  • 気に入った相手が1対1で対応しているとは限らないので、他の人と結婚を決めてしまう可能性がある
  • 毎日コツコツ活動しなければならない
  • 実際に会うまでには時間がかかる

また、インターネットという場所の匿名性から、優良サイトやアプリを選ばないとプロフィール情報で嘘をついている人がいたり、インターネットトラブルに巻き込まれたりする可能性があります。マッチングアプリで婚活をするときは、24時間365日体制で運営が監視しているサービスを選ぶとともに、怪しいと思ったら個人情報を教えないなどの危機管理意識も必要です。

マッチングアプリに向いている人とは?恋愛目的と結婚目的で違いがある?

マッチングアプリと似たサービスとして「婚活サイト」がありますが、婚活サイトは名称通り、利用者の目的が「婚活」に絞られています。そのため、一般的なマッチングアプリと比べてしっかり結婚を意識している異性との出会いが期待できます。女性も有料となるデメリットはありますが、それでも店舗のある結婚相談所と比べると1/10程度の金額で利用できます。

一方、マッチングアプリは基本的に「恋人」を探すサービスであり、婚活目的に特化したアプリと、単に恋人を探すためのアプリで微妙に利用者の意識が異なるところに注意が必要です。もちろん、いわゆる出会い系サイトやアプリなどとは異なり、本人確認や運営企業による監視制度なども充実しているため、大手のアプリなら安心して利用できるでしょう。

婚活サイトはどちらかというと、自分のペースで真面目に婚活をしたいが結婚相談所ほどのお金はかけられないという人向けですが、マッチングアプリはスキマ時間を使って婚活したい人や、実際に会う前にメッセージのやりとりでコミュニケーションしながら婚活したい人に向いています。

また、今すぐ結婚したいというわけではないが恋人が欲しい、という人なら、より手軽に利用しやすい一般的なマッチングアプリから試してみるのも良いでしょう。

マッチングアプリの婚活に向いている人
  • 個人情報を守るなど、ネットリテラシーが身に付いている人
  • まずは恋人探しから、ライトな婚活を進めたい人
  • スキマ時間を使うなど、マイペースに婚活したい人
  • メッセージのやり取りでコミュニケーションするのが好きな人

マッチングアプリは女性無料のものが多いので、女性の場合はいくつか登録してみて使い勝手や合いそうな人が多いところを探すのも一つの方法です。

結婚に向けたパートナーを見つけよう!おすすめ婚活アプリ・サイト5選

結婚を視野に入れたパートナーを探すためには、専門の婚活アプリやサイトをするのが最も手軽です。そこで、おすすめの婚活アプリや婚活サイトを5つご紹介します。ぜひ、自分に合った婚活アプリやサイトを見つけてください。

おすすめ婚活アプリ・サイト①:Pairs(ペアーズ)

(引用:Pairs MAGAZINE/ペアーズマガジン 公式インスタグラム)

「Pairs」は国内でも利用者数が多い婚活サイト・アプリです。インターネットでの恋活や婚活から「出会い系」というイメージを払拭し、現在のクリーンなイメージを作ったのがPairsとも言われ、早い時期から「婚活」や「恋活」といった真面目な結婚・恋愛をアピールしていました。その甲斐あって、真剣に結婚相手を探している、真面目に恋愛したい、という人が多く集まりやすいという特徴があります。

会員数もさることながら、上記のような安全性、評判など総合力で他のアプリやサイトと比べても非常に評価が高いです。20代後半〜30代前半の世代が中心ではありますが、年代を問わず全国どこでも会員数がトップクラスに多いことから、人口の少ない地方の人でも地元の相手が探しやすいというメリットがあります。

おすすめ婚活アプリ・サイト②:Omiai(お見合い)

(引用:Omiai(お見合い) 公式インスタグラム)

Pairsと同時期にリリースされ、黎明期のマッチングアプリ・婚活サイトを支えてきた老舗アプリの一つです。古き良き「お見合い」を連想させる名前のイメージからも、真面目に恋活・婚活をする人が多く、Pairsと比べてやや有料プランが高めなことからも真剣にパートナーを探す人が集まりやすい傾向にありました。

年代もPairsと同じく20代後半〜30代前半が中心で、結婚に対する意識も似通っているため、無料で利用できる女性はまず両方に登録してみて、使い勝手の良い方や合いそうな人が多い方をメインにするのが良いかもしれません。

おすすめ婚活アプリ・サイト③:ゼクシィ縁結び

大手リクルートが運営する結婚情報サービス「ゼクシィ」による婚活サイトです。名前のブランドに信頼性が高いこともあり、真剣に結婚を考える女性にとって特に人気が高い婚活サイトです。そのため、一般的なマッチングアプリや婚活サイトと比べて男女比のバランスがよく、たいてい7:3くらいで男性の方が圧倒的に多いところ、ゼクシィ縁結びは6:4となっています。

マッチング方法も価値観をもとにしたものが基本なので、共感できることが多い、一緒にいて落ち着くといった安心感・一体感を感じられる相手と出会いやすくなっています。そのため、近年では一気に人気が高まり、アクティブな会員数が非常に多くなっているのも特徴です。

真剣に結婚を考えていることから、30代やや手前〜35歳くらいの年代が中心で「結婚前提のお付き合いを探してはいるものの、焦らずじっくりお相手を見極めたい」という人が多い婚活サイトです。

おすすめ婚活アプリ・サイト④:youbride(ユーブライド)

さまざまな婚活サービス提供している株式会社IBJによって運営されている婚活サイト「ユーブライド」は、多くの人がこのサイトで出会って成婚に至ったという高い実績を持っています。これは、サイト自体に婚活を意識したアピールが強く、結婚に対する意識が高い人が集まりやすいからです。

既に10,000名以上の人が「ユーブライド」を通じて知り合い、結婚しています。しかも、成婚して退会に至った会員の6割は、登録から3ヶ月以内にお相手を見つけているというスピード感も十分です。30代後半〜40代とボリューム層の年齢がやや高めなこともあり、「今すぐ結婚したい」という意識の高さも特徴です。

おすすめ婚活アプリ・サイト⑤:マリッシュ

「マリッシュ」はユーブライド同様、アクティブユーザーの年齢層はやや高めの40代が中心となっていることから、結婚に対する意識が高い人が集まる婚活アプリです。安心・安全に利用できるよう、24時間有人パトロールが行われる徹底ぶりで、連絡先を交換しなくてもアプリ内で通話が行えますので、相手の人となりを知りやすいメリットがあります。

年齢層もあり、再婚やシングルマザー、シングルファザーの会員へのサポートが手厚く、相手の境遇への理解度を示す「リボンマーク」や、各種証明の確認を徹底していることなど、価値観が合う生涯のパートナーを探している人にぴったりです。

おわりに:結婚相手探しは結婚相談所のほか、婚活サイトや婚活アプリでも行える

新型コロナウイルス感染症の流行などにより、結婚したいと考える人の割合は増えてきました。それ以前からオンライン婚活はじわじわ増えていましたが、今後は社会情勢の変化からもっと婚活サイトやアプリを利用する人も増えるでしょう。

インターネットでの婚活にはメリットも多いですが、大手が運営しているサイト・アプリを利用する、怪しい人には個人情報を教えないなどの見極めも重要です。ぜひ、良い出会いを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました