本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

スカウトされたい人が転職活動ですべきことって?スカウトされない人との違いとは

スカウト 転職からだの悩み
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

30代や40代などキャリアを積むにつれて転職を考える人も増えますよね。特に「スカウト転職に興味がある人もいるのでは? この記事では転職される人の特徴を紹介しつつ、スカウトされるために必要な手順や準備などを解説します。キャリアアップ・収入アップを考えている人は、転職活動の参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • スカウト転職に期待できるメリット
  • スカウト転職に向く人・向かない人
  • スカウト担当者の目に留まる人材になる方法
  • スカウトされるために準備しておくべきこと
スポンサーリンク

スカウト転職のメリットとは?

スカウトされて転職することには、一般的な転職と比べると下記のようなメリットがあります。

スカウトで転職するメリット
  • スキルや経験を評価されやすい
  • 年収の交渉をしやすい
  • キャリアアップを期待できる
  • スカウト限定の求人に応募できる
  • 自分で転職活動を進める手間が省ける
  • 書類選考が通過しやすい
  • 企業から見た自分の価値が見えてくる
  • 面談や面接が双方向性になることが多い
  • 入社後の受け入れ体制が整っている
  • 求められる役割や仕事がはっきりしている
  • ビジネスパーソンとしての自信がつく

スカウトされるということは、会社にとってあなたが貴重な人材だとみなされているということです。スキルや実績などを評価された状態で転職することができれば、キャリアアップや年収アップも期待できるでしょう。

スカウトをする企業は、一般的な転職サイトなどには求人を公開していないこともあります。スカウト限定の求人はハイクラス転職であることが多いため、満足度の高い転職を実現する可能性も高まります。

スカウトされて転職すると、自分の市場価値を客観視することにもつながります。「今までの努力が評価された」「ポジションや年収など見えるかたちで努力が実を結んだ」など、これからのキャリアに弾みをつけることにもつながるでしょう。

スカウトされるまでの手順と準備に必要なことって?

実際に企業からスカウトされるまでには、どのような手順があるのでしょう。また、スカウトされるためにはどのような準備をするのが一般的なのか流れを説明します。

転職サイト・転職エージェントに登録する

企業からスカウトされるためには、転職サイト・転職エージェントに登録し、スカウトメールを待つという方法があります。

スカウトされるための手順と準備
  1. 転職サイト・エージェントに登録
  2. 履歴書・職務経歴書・スキルを入力
  3. 希望条件(年収や役職、転職希望時期・勤務地など)を入力
  4. スカウト機能があればオンにする
  5. スカウトメールが届く
  6. 面談をする
  7. 応募
  8. 面接
  9. 採用

一般的な就職活動とは違い、企業はまず、あなたが入力した履歴書や職務経歴書を参考に、スカウトすべき人材かどうかを検討します。自分で転職活動を進める手間が省ける一方で、各社ごとに志望動機を書き分けることは難しくなるのに注意しましょう。そのため、特定の企業に入社したいという気持ちが強い人は、スカウトを待つという方法がデメリットに感じられることもあるでしょう。

また、企業がスカウトメールを送るとき、「まずは会ってみたい」「情報交換もかねて話をしてみよう」という目的のケースもあるため、スカウトメールが届いたからと言って採用確実というわけではありません

企業の担当者の目に留まらなければ、スカウトメールは届きません。登録時または登録後にはすみやかに職務経歴書やスキル、実績などの登録情報を充実させるのがおすすめです。

知人や取引先からスカウトの声がかかる

以前に一緒に仕事をしたことがある取引先、お互いのことをよく知っている知人や友人からスカウトの声がかかることがあります。あるいはあなたの実績や能力が業界内でも評判になっており、ビジネスの交流会などで話をしたときにスカウトされることも。近年はビジネス系のSNSに登録している人も増え、こうしたSNS上でのスカウトもあります。

スカウトとリファラル採用は違うの?

転職にはさまざまな方法があり、スカウトもそのひとつです。さらに「リファラル採用」という形式もあるのをご存知ですか?リファラル採用とは、その会社に所属する知人や友人の紹介を経て転職する方法です。

ある会社に所属する人が、信頼できる元同僚や知人、取引先の人などを自社の人事部などに紹介または推薦するというかたちになります。会社によっては、人材を連れてきた社員に対して報酬を支給することもあります。リファラル採用であっても、書類選考や面接などのステップを経るのが一般的です。

スカウト採用との違いは、人事部からのスカウトメールやオファーを受け取るというステップでスタートするのではないという点です。リファラル採用の対象となるためには、社外に人脈がないと難しいでしょう。

スカウトされる人の特徴とは

スカウトされる人は、何社からも声がかかり「ぜひうちの会社に!」と引く手が数多のこともあります。スカウトされる人には、下記のような特徴が備わっています。

スカウトされる人の特徴とは
  • その業界ですでに活躍している
  • 社外でも実績が評判になっている
  • 仕事に関するスキルが高い
  • 人脈が広い
  • これまでの経歴を転職サイトやSNSで公開している
  • 転職サイトや転職エージェントに登録している

スカウトされる人材になるためのポイント

スカウトの声がかかるような人材になるためには、仕事のスキルを上げるなど自分でアクションを起こすことも大切です。

専門知識や経験を増やす

スカウトされる人材は、会社にとってメリットが大きい人です。習得している人が少ない専門知識や豊富な経験を持った人は重宝されるはず。「〇〇のプロジェクトでユーザー数を△万人増やした」「海外駐在経験があり、◇◇のローカライズ経験あり」など、ご自身の強みを具体的に言語化できると、スカウト担当者の目にとまりやすいでしょう。

資格取得をする

有資格者は自身の能力やスキルを客観的にアピールできます。スカウトされる人材になるためには、採用側を「これは!」と思わせる資格を取得するのがおすすめです

事業者運営に必ず必要な資格、難易度が高くなかなか取得できない資格、マスターするまで時間がかかるけれど確実に役に立つ資格の取得を検討してみましょう。

人脈を広げる

スカウトされる人は、業界内あるいは業界外の人脈が広いこともあります。こうした人脈は必ずしも人事とつながらなくても構いません。現在所属している会社の外に、信頼できる人やコミュニティを増やしていきましょう。こうしたつながりからスカウトの話が出ることもありますよ。

スカウト系の転職サイト・転職エージェントに登録する

スカウトサービスのある転職サイトやスカウトに特化した転職サイト、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。「今すぐ転職というわけではないけれど」「じっくりといろいろな会社の話を聞きたい」という人に特に合う方法といえるでしょう。

ビジネスSNSに登録し、実績を可視化する

ビジネス系のSNSに登録し、ご自身の存在を会社の外の人からも見えるようにしておきましょう。ビジネス系のSNSでは、学歴や職歴、保有スキル、実績、将来のビジョンなどを入力することもできます。

気になる企業のアカウントやキーパーソンになりそうな人をフォローしておくと、情報収集にもつながるでしょう。

おわりに:スカウトの目に留まるよう知識とスキルを磨きつつ、準備を進めるとスムーズ!

スカウトされるためにはまず、専門スキルや経験、人脈などを地道に磨いておくのが必須です。その上で転職サイトや転職エージェント、ビジネス系SNSに登録し、ご自身の実績を社外に発信していきましょう。

コメント