本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

おしゃれに楽しく白髪染めからナチュラルな白髪・グレーヘアに移行する方法

白髪と美容からだの悩み
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

白髪が目立つようになると、白髪染めで若々しさをキープする人は多いものです。しかし加齢とともに白髪が増えると、ナチュラルな白髪やグレーヘアが魅力的に見えることも。

この記事では、白髪染めをやめたい人がナチュラルヘアに移行する方法を紹介します。

この記事でわかること
  • 白髪染めをやめるメリット
  • 白髪染めによる髪へのダメージ
  • ナチュラルな白髪やグレーヘアの魅力
  • おしゃれに白髪染めからナチュラルヘアに移行するポイント
スポンサーリンク

白髪染めのメリットとデメリット

年齢とともに髪の毛に白髪が混じるようになると、白髪染めをする人が増えてきます。

白髪染めのメリット
  • 髪に色を入れることで若く見える
  • 髪色を変えるなど、オシャレの変化を楽しめる
  • ヘアカラーによって艶が出る
  • 白髪が気になる場合、染めることで気分が明るくなる
白髪染めのデメリット
  • 染めるのをやめている間、染まっている部分と伸びてきた白髪部分の差が気になる
  • 白髪染めをやめたら老けて見えないか心配
  • 定期的なコストがかかる
  • 髪へのダメージが蓄積する

白髪は加齢の象徴として受け取られることも多く、白髪染めをすることで見た目も気持ちも若々しさを保てることが大きなメリットです。ただし白髪を隠すために髪を染めるならば、白髪が多い人は毎月髪を染める必要が出てきます。あまり間隔が空き過ぎると、染めた部分と伸びてきた白髪部分の色の差が目立ってしまいます。

しかし定期的に白髪染めをするとなると、金銭的なコストと髪の毛に蓄積するダメージは小さくありません。そのため、白髪染めをやめたいと考える人も多くいます。

白髪染めをやめたいと思うきっかけ

白髪染めをやめたいと思うきっかけには、下記のことが挙げられます。

  • 髪のパサつき、枝毛、コシのなさなどダメージが気になる
  • 白髪染めのダメージにより、老けて見える
  • 白髪染めのコストが高く感じるようになった
  • 白髪染めが面倒くさくなった
  • グレーヘアで年齢相応のおしゃれを楽しみたくなった

ヘアカラーにはダメージが付きものです。加齢とともに髪の水分量は落ちやすいこともあり、ヘアカラーによるダメージも大きく感じられます。ダメージが蓄積すると、せっかく染めてもらったのに若々しさが出せないこともあります。

白髪染めにはお金がかかり、ダメージケアもするとコストがかさみます。白髪染めをやめることでほかの趣味などにお金を使えますので、金銭面から白髪染めをやめることを検討する人もいます。

また近年は、白髪染めをせずに白髪やグレーヘアで年齢相応のおしゃれを楽しむ人がメディアで紹介されるなど、ナチュラルな髪色へのニーズが高まっています。

20代・30代でも白髪は生えてくる原因と改善法

白髪は若い世代でも生えてくることがあります。遺伝や生活習慣、食習慣など原因はさまざま考えられます。若白髪に悩む人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

白髪は20代など若い世代も要注意!若々しい髪を保つための食事・生活習慣のポイントやヘアケアグッズを紹介
白髪は一般的に高齢者のイメージですが、20代など若い世代が白髪にならないわけではありません。ストレスや食生活などにより、年齢を問わず白髪が発生することもあります。 そこで、本記事では加齢を含め白髪の発生する原因とその対策、避けたい生活習慣についてまとめました。白髪に悩む方は、ぜひチェックしてください。

時間がかかる?白髪染めからグレーヘアに移行する方法

白髪染めをやめることを決めた場合、気になるのはそれまで染めていた部分と伸びてくる白髪との色の差でしょう。髪の毛全体を白髪またはグレーヘアに揃えたいものですが、ヘアカラーが暗めの茶色や黒色だと色の差が目立ちます。

髪が伸びる速さは、一ヶ月で1cm程度が目安です。女性の場合はショートヘアやボブヘアの人でも、髪色を揃えるまでには数ヶ月以上はかかるでしょう。

白髪染めからナチュラルな髪へ移行中は、

  • 自然な色落ちを待ち、髪のメンテナンスをする
  • 髪を短くカットする

の2つが髪へのダメージが少ない方法です。ただし、自然な色落ちが待てない人や髪を短くしたくない人はほかの方法がおすすめです。

白髪が十分な長さに伸びるまでの対策は、下記が挙げられます。

  • 白髪染めのカラートーンを徐々に明るくし、伸びてくる白髪に近づけていく
  • 白髪隠し用のマスカラ・カラースプレーなどを使う
  • ブリーチで染まっている部分を明るくし、色の差を小さくする

いきなり白髪染めを完全にやめるのではなく、ヘアカラーのカラートーンを調整したりマスカラなどで白髪を隠したりして、髪が伸びるのを待つ方法です。ただし髪へのダメージがかかりやすく、より綺麗な白髪・グレーヘアへの移行を目指す人はダメージケアを念入りにしなくてはいけません。

ブリーチで色の差を小さくする方法は、ダメージが大きいことを理解して検討しましょう。最近の薬剤はダメージを小さくする工夫が凝らされているものがありますが、ほかの方法と比べるとダメージは大きくなります。

白髪染め移行中は帽子やウィッグでオシャレを楽しむのも

髪を染めずに白髪染めをきっぱりやめる場合、髪色の差が目立ちがちなものです。そんなときは、帽子やウィッグを使うのもおすすめですよ。髪色の差が目立つのは頭頂部など髪の根本が中心です。帽子をかぶると髪の根本は隠れますし、ファッションの楽しみを味わえます。

ウィッグを活用すると、ショートヘアからロングヘアまでさまざまな長さを楽しめるでしょう。ウィッグは色も豊富に販売されていますので、髪型も髪色も選びやすくなります。

男性の白髪染め移行は坊主など髪型選びが重要

男性で白髪染めからナチュラルヘアに移行する場合、坊主など短めの髪型にすると移行が楽になるでしょう。坊主にするのは抵抗がある、職業的に難しいという人も、短めの髪型にしてみると手入れも楽になりますよ。

髪を短くすると顔がよく見えるようになりますので、スキンケアにも力を入れてみると清潔感が出て、大人の魅力が一層増すでしょう。

スキンケア初心者の男性が知っておきたいこと

何歳になっても素敵な人は、肌がきれいで清潔感がありますよね。男性も肌がきれいだと印象がぐっとよくなります。

こちらの記事ではスキンケアには詳しくない男性のために、スキンケア用品のおすすめを紹介しています。

印象を上げたいビジネスマンにおすすめのメンズ美容【2022年のおすすめ】
もはや女性のものだけではなくなった美容。近年は男性向けのメンズ美容市場が拡大中で、ビジネスマンがスキンケアに関心を抱くことも増えてきました。 この記事では、メンズ美容初心者のビジネスマンに役立つ美容法、スキンケアブランドの情報を解説します。

白髪染めをやめたいときは美容院・理容院に相談しよう

白髪染めをやめたいときは、美容院や理容院に相談すると安心です。白髪染めをやめる際に不安なことやナチュラルな髪に移行するためのスケジュールについての疑問に答えてくれるでしょう。

白髪染めをやめたいと伝えることで、ヘアカットで長さを調節してくれるなど、移行がしやすくなります。

おわりに:白髪染めからナチュラルな髪への移行は自分に合ったペースで

白髪染めをやめる場合、きっぱりとやめる方法と徐々にやめる方法があります。現在の髪の状態やどんなペースで移行したいかを、美容院や理容院で相談すると安心ですよ。

コメント