本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

50代女性のファッションコーデのポイントは?お腹や二の腕など気痩せを意識

50代女性のファッションからだの悩み
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

若い頃はファッションが好きだったのに、年齢を重ねると共に服選びが楽しくなくなってきた人は多いものです。オシャレな人はとても素敵に見えますよね。この記事では、オシャレと褒められる50代のファッションコーディネートのコツを紹介します。年齢に伴う体型変化をカバーする方法も見ていきましょう。

この記事でわかること
  • 50代からのオシャレなファッションのポイント
  • 人から褒められる年相応のファッション
  • 50代女性のスタイルアップを叶えるファッションアイテム
  • オシャレな人になるための体型維持の方法
スポンサーリンク

50代でオシャレな人は体型や年齢の変化を意識できている

「オシャレですね」「その服はどこで買ったの?」と褒められるファッションの秘訣は、身に付ける洋服やアクセサリーだけではありません。その人自身の体型も重要です。

体型というと、モデルのように細くてバランスのとれたスタイルだと思う人もいるでしょう。しかし、オシャレかどうかは体型だけに左右されるのではなく、体型に合った着こなしができているかが大切といえます。

たとえば、次に当てはまる人は自分の体型に合っていないコーディネートをしている可能性があります。

  • お気に入りの服を買い替えずに何年も着続けている
  • 高価だった服がもったいないからずっと着続けている
  • ここ数年、お店でサイズを測ってもらったことがない
  • 服を着たときに、全身を映す鏡で姿をチェックしていない

また、年齢に合わないファッションもあなたをオシャレに見えなくさせているかもしれません。大人のファッションで注意したいのが「若作り」です。

カジュアルファッションは楽でリラックスできますよね。大人のカジュアルファッションも、もちろん素敵です。ただし若い頃は似合っていたコーディネートが、段々と似合わなくなることがあります。たとえば若い頃は可愛くて甘めのコーディネートが似合っていたのに、40代、50代になってしっくりこなくなった人もいるでしょう。

大人のオシャレなファッションには、「落ち着き」「上品」「年相応」という要素が求められます。そのため、ファッションのテイストが若い頃から変わっていない人は、ファッションコーディネートを更新するのもおすすめです。

50代の大人のオシャレな着こなしには、自分の年齢を自覚することがポイントということですね。特に年齢による変化で感じやすいのは、体重や体型の変化でしょう。二の腕が太くなった、お腹がぽっこりしている、下半身のボリュームなど、気になるところが出てくるものです。着こなし方によっては気痩せが可能で、体型カバーを叶えてくれます。

体型カバーができる気痩せのポイント

体型カバーをしつつ、大人らしい落ち着いたファッションをすると、「オシャレですね」と褒められやすくなりますよ。

  • 体型を細長く見せる、縦のラインを意識したコーディネートをする
  • 首、手首、足首を見せて、スッキリさせる

次章からは、気になる部位別の体型カバーのポイントを詳しく見ていきましょう。

年齢が出やすい?背中とお腹

背中とお腹は脂肪がつきやすく、筋肉が衰えやすいため年齢が出やすいと言われています。筋肉が低下すると姿勢も悪くなりやすく、後ろ姿が丸く見えてしまうこともあります。背中に現れる脇肉のたるみは自分では気づきにくく、人からは見えやすいので要注意です。

上半身のたるみを隠す洋服の素材

柔らかめの素材は肌触りがよいのですが、体のラインを際立たせることもあります。体型カバーのためならば、コットンやウール、ポリエステルのようなしっかりとした素材がおすすめです。

下着のサイズを合わせると気痩せ効果アップ

下着のサイズが合っていないと、脂肪やたるみを強調させてしまいます。きつめのサイズのブラジャーが体に食い込むと、ブラジャーに肉が乗っかるいわゆる「ハミ肉」の状態になります。服を着てもハミ肉の存在はわかってしまうことがあります。

ブラジャーのサイズはアンダーとトップをきちんと測り、体を締め付けないものを選びましょう。脇肉を目立たなくさせる補正機能が付いた商品もありますので、まずは自分の体型を知り、サイズに合った下着を選んでください。

お尻と太もものボリュームが気になる人はゆったり感を味方に

下半身がぽっちゃりしてくると、細身のパンツやタイトなスカートを着るのが難しくなることもあります。選べる洋服の種類も限られてきますので、オシャレの幅が狭くなって楽しみが半減しますよね。

お尻や太ももにボリュームが出てくると、下半身を大きく見せてしまいます。そのため、下半身をスッキリ見せたい人は、お尻と太ももの気痩せを目指しましょう

ボトムスとトップスでメリハリをつける

ボトムスはゆったりとしたスカートやパンツを着るならば、トップスはタイトな服を選びましょう。逆に、ボトムスに細めのものやタイトなものを着る場合、トップスはチュニックやドルマンスリーブを合わせてゆったりさせるのがおすすめです。下半身と上半身でメリハリを付けると着痩せして見えますよ

Aラインワンピースで気になるところを丸っとカバー

全身のシルエットがアルファベットのAのようで、裾に向かって広がっていくデザインのワンピースを「Aラインワンピース」といいます。Aラインワンピースはお腹、お尻、太ももまでをふんわりとカバーしてくれます。リラックスからエレガントまでデザインが豊富ですので、好みやシーンに合わせてコーディネートを楽しめます。

アクセントを出してお尻や太ももから視線を外す

腕を出す、帽子をかぶるなど上半身にアクセントを出すと、下半身に視線が向くのを避けられます。クロップドパンツなど足首が見えるボトムスも、すっきり着痩せ効果が期待できるでしょう。

二の腕しっかりさんは羽織物を使い分けて

ぽっちゃりとした二の腕が気になる人は少なくありません。二の腕がしっかりしている人は、肩や首など上半身のボリュームに悩んでいることもあるでしょう。

肩や腕は羽織物で隠してしまうのもあり

上半身のボリュームが気になる人は、ジャケットやカーディガンをさらっと羽織るのもオシャレです。上品な雰囲気も演出できますので、大人のファッションにぴったりです。

VネックやUネックで首周りすっきり

首周りが気になる人は、VネックやUネックの首元が縦に開いたデザインがおすすめです。首がきゅっと詰まったデザインだと、あまりすっきりして見えません。

上半身から視線を反らすために、トップスよりもボトムスの色や柄が目立つようなコーディネートをしてみましょう。

あとマイナス3kg、5kgのダイエットを目指すのも素敵

着痩せファッションもおすすめですが、気になる脂肪を落としてスタイルアップを目指すのも素敵です。余分な脂肪を落とせば健康にもつながります。

ただし年齢を重ねると基礎代謝が低下し、痩せにくいと考えられています。40代、50代は、健康的なダイエットで少しずつ理想体型に近づいていきましょう。

40代、50代が健康的にスタイルアップするポイント

40代は基礎代謝量、筋肉量が低下し、ホルモンバランスも乱れやすい年代です。50代は閉経を迎える人も増え、性ホルモンのエストロゲンが減少し、太りやすくなります。

体の変化が大きい時期だからこそ、健康的な食事や適度な運動の習慣化で体を整えましょう。

  • 食事は一汁三菜など、栄養バランスの取れた内容にする
  • 食事は野菜や海藻類から食べ始め、食後血糖値の急上昇を避ける
  • 食事ではひと口20回以上噛んで食べる
  • 筋肉低下を防ぐため、タンパク質を積極的に摂取する
  • 食事で不足しがちな栄養素はサプリで補う
  • 軽い筋トレやストレッチ、有酸素運動を習慣にする
  • 質のいい睡眠をとる

年齢とともに白髪が気になってきた人は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

白髪は20代など若い世代も要注意!若々しい髪を保つための食事・生活習慣のポイントやヘアケアグッズを紹介
白髪は一般的に高齢者のイメージですが、20代など若い世代が白髪にならないわけではありません。ストレスや食生活などにより、年齢を問わず白髪が発生することもあります。 そこで、本記事では加齢を含め白髪の発生する原因とその対策、避けたい生活習慣についてまとめました。白髪に悩む方は、ぜひチェックしてください。

おわりに:50代からは体型を意識したオシャレなファッションを

何歳になっても、体型が変わってもオシャレを楽しんでいる人はたくさんいますよね。大人の褒められファッションは、自分の年齢を理解して体型やコーディネートを工夫することがポイントです。気になるところをカバーする気痩せのポイントを抑えて、ファッションを楽しんでくださいね。

コメント