30代の転職成功は新しい職場に馴染めるかどうかで決まる?

転職先に馴染む人キャリアアップ・求職
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

30代を迎えるとキャリアアップや年収アップのために転職を検討する人も多くいます。転職成功の条件や年収やポジションなど条件面だけではありません。転職先のルールや文化に慣れ、職場に馴染めるかどうかも重要です。この記事では、30代の転職者が早く転職先に馴染むためのポイントを解説します。

スポンサーリンク

転職成功か失敗かは新しい職場の人間関係も重要

転職が成功したかどうかは、実は内定を得た段階ではまだわかりません。いざ新しい職場で働いてみたら、仕事量が多すぎたり休みが取りにくい雰囲気だったり、転職に失敗したかもと思うこともあり得ます。

特に転職先の人間関係に馴染めなかった場合、転職に失敗したと感じる人は少なくありません。できるだけ早い段階で新しい職場に馴染むことができるかどうかは、転職の満足度に大きく影響するのです。

次章からは、30代が転職直後の新しい職場で気をつけたいポイントを紹介します。

社内ルールの違いに慣れる

転職先でまず意識してほしいのが、社内ルールに慣れることです。会社によって、次のような業務に関するルールやシステムが異なります。

  • 書類の書き方
  • 提案の方法
  • 言葉遣い
  • 役職や敬称のつけ方
  • 会議室の予約方法 など

これらの社内ルールを守れないままでいると、特に下記の部署の人に迷惑をかけてしまいます。

  • 総務
  • 経理
  • 人事・労務

バックオフィスの人たちは、会社がスムーズに経営活動を進めるために欠かせない役割を担っています。バックオフィスの人たちとの人間関係が良好でないと仕事に支障をきたすこともありますので注意してください。

仕事の進め方の違いに慣れる

30代の転職の場合、すでに経験や知識、キャリアをしっかりと積んでいることも予想されます。すると今までのやり方に慣れている分、新しい職場の仕事の進め方に違和感を覚える可能性も高くなります。

  • 「前の職場では違うルーティンだったのに」
  • 「自分のやり方で結果を出せていたのに」

というような感情が発生することもあり得ます。こうした感情をストレートに出し過ぎると、転職先の職場から反感を買ったり、扱いづらい人だという印象を与えかねません。もちろん、中途採用は即戦力として活躍することが期待されていますので、改善点の提案が受け入れられることもあるでしょう。

ただし転職してまだ日が浅い場合、そのルールが設けられた理由、ルールを守ることによるメリットなどを把握することは簡単ではありません。事情や経緯を理解しないまま批判することにはリスクが伴います。新卒ではないものの、転職先では一旦気持ちをリセットして「その会社のやり方を尊重する」という感覚を持ちましょう。

会社や部署の文化に慣れる

会社や部署ごとに、独自の文化ができていることがあります。以前まで勤めていた会社にはなかった文化に驚いたり戸惑うこともあるでしょう。

  • 社内の委員会制度や係制度
  • イベントの開催頻度
  • 社内部活やサークル
  • 飲み会の開催頻度や参加率
  • 旅行などに行ったときのお土産
  • 喫煙に対する考え方 など

社内活動が活発な会社の場合、社内イベントやサークル活動などに積極的に参加する人の方が早く職場に馴染むことができるでしょう。

プライベートとの線引きが難しいのが、飲み会への参加、会社へのお土産の文化です。飲み会は毎回参加しなくてはいけないわけではありませんが、歓迎会や節目の飲み会などには参加しておくのが安心です。旅行に行ったときに会社にお土産を持ってくる人が多い場合は、いつもの感謝を込めて、無理のない範囲でご自身もお土産を買ってくるのもよいでしょう。

喫煙者の場合は、新しい職場での喫煙に関するルールを確認しておきましょう。喫煙のルールを守れないと信頼は大きく下がってしまいます

通勤ルートや労働時間の違いに慣れる

転職したときに注意したいのが、通勤ルートや労働時間の変化もストレスになることです。

  • 転職後、通勤ラッシュに遭遇するようになった
  • 勤務形態がシフト制になった
  • 休憩を取るタイミングが自由でなくなった など

こうした変化も自分では気づかないうちにストレスや疲労につながることがあります。出勤時間や通勤ルートを変更・調整することはできるかなど、会社に相談してみるのもひとつの方法です。

変更や調整が難しい場合、ストレスや疲労をこまめに解消することを忘れないでください。

転職先でもすぐに馴染める人の特徴

転職先でもすぐに職場に馴染める人には、次のような傾向が見られます。

  • 挨拶をきちんとする
  • 自分から雑談をして話しかける
  • 謙虚な気持ちがある
  • できないことやわからないことは素直に質問する
  • 得意なことやできることで貢献する
  • 前の職場と転職先の職場を比べ過ぎない
  • 敬語などビジネスマナーが身についている
  • 能力が高く、新しい職場でも実績を上げている
  • 気持ちの切り替えが上手

意識すればすぐに実践できることについては、是非試してみてください。

転職先で馴染めない人の特徴

転職先で馴染めない人は、次のような特徴を持っている場合があります。

  • 前の職場のやり方にこだわってばかりいる
  • 前の職場と転職先の職場を比べたがる
  • 転職先に対して上から目線で改善を求める
  • 知ったかぶりをしてミスや勘違いを招く
  • スピード重視でとりあえず返事や行動をしてしまう
  • プライドが高く、間違いを認められない
  • 人見知りで自分から話しかけない

新しい職場に早く馴染むためにも、こうした傾向に心当たりがある人は改善してみましょう。

おわりに:転職先のルールや文化に慣れて、早めに職場に馴染むのが吉!

転職で後悔しないためにも、転職先に早く馴染むことは重要。今までとは異なるルールや文化、人間関係に慣れることができるように、挨拶や雑談、仕事に関する質問などを意識して行いましょう。謙虚な気持ちを忘れずに、新しい職場を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました