30代・40代から海外就職・転職を成功させるには?

ミドルエイジの海外就職キャリアアップ・求職
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

アクシスコンサルティング株式会社バナー画像

ビジネスのグローバル化が進み、日本から海外に出て働くキャリアプランに興味を持つ人も増えています。経験を積んだ30代・40代も、海外でキャリアアップや挑戦をしたいと考える人も。

この記事では、国内のミドルクラスからハイクラスの人材が海外就職・転職するメリットやおすすめのエージェントを紹介します。

この記事でわかること
  • 海外で働きたいと思うきっかけ
  • 海外就職・転職のメリット・デメリット
  • どんな経験やスキルが海外就職を有利にするか
  • 海外就職支援エージェントの特徴
スポンサーリンク

海外で働くのって難しくないの?

海外で働くことは、以前と比べるとチャレンジしやすくなってきました。

海外が身近になった

LCCが増えて格安航空券が入手しやすくなったことなどから、日本から外国へ渡航することは以前よりも簡単になっています(新型コロナウイルス感染症の影響により、渡航が難しい場合もあります)。

外国の文化に関しても、国内での多文化共生やインターネットの発展により、外国人や異文化がより身近になりました。海外で暮らしたり外国人と交流したりすることが、人生の選択肢として当たり前となってきています。

ビジネスのグローバル化

国内外を問わず、ビジネスの世界はグローバル化が進んでいます。海外進出する日本企業または日本へ進出する外資系企業は多く、国際的に活躍できる人材へのニーズも高まっています

海外で働く際の職種や業界も幅広いジャンルがありますので、就職や転職の選択肢も増えています。

日本経済への不安

日本は長い不況が続いており、外国にビジネスチャンスを見出す人もいます。経済的成長率の高い国や豊富な資源を有する国を目指し、海外就職の準備をする人もいるでしょう。

外国に対してこうしたメリットを感じていると、海外就職へのモチベーションも上がります。

外国語を勉強しやすくなった

外国語の学習環境が豊かになったことも、海外で働くチャンスを増やしています。語学学習の基本はレッスンへの参加ですが、費用と時間がかかることが難点でした。

近年は、スマートフォンのアプリやインターネットの動画、ワンコインレッスンなど語学学習の方法が豊富です。語学のスキルアップのハードルが低くなったことは、海外での就職や転職の成功にも影響しているでしょう。

海外就職のメリット・デメリット

海外旅行や海外留学が人気なように、海外で働くことに憧れを持っている人もいますよね。海外での就職や転職には、次のメリット・デメリットの発生が考えられます。

海外で働くメリット
  • 異文化の環境で視野が広がる
  • 自国の文化や慣習に対して客観的になることができる
  • 外国語のスキルが磨かれる
  • 収入アップを目指すことができる(国による)
  • キャリアアップのチャンスが増えやすい
  • 外国人とのコミュニケーションや人脈が広がる
  • 外貨を得ることで投資や貯蓄の選択肢が広がる
  • 国際結婚のチャンスが増える
海外で働くデメリット
  • 外国人労働者は、滞在国で法的な権利が制限されることが多い
  • 社会保障協定の締結されていない国の場合、厚生年金を受給できない
  • 海外へ渡航するための初期費用がかかる
  • 渡航前のキャリアや語学力によっては、希望通りの就職が難しい
  • 生活水準や収入が下がることもある
  • 帰国後、海外での経験やキャリアが評価されるとは限らない
  • 語学の壁や異文化のギャップで孤独を感じることもある
  • 治安や医療へのアクセスに不安がある
  • 人種差別や国籍差別にあうこともある
  • 帰りたいときに帰国できるとは限らない

メリットとデメリットはさまざまですが、いずれにしても後の人生に少なからず影響を与える可能性は高いでしょう。海外就職・転職のメリットとデメリットを理解しておくと、実際に行動に移すときの準備や心構えに役立ちますよ

海外就職に向いている人の特徴や必要なスキル

海外就職で生じるメリットやデメリットを踏まえると、海外就職に向いている人には次のような特徴が挙げられます。

  • キャリアプランや目標を立てている
  • 外国文化に興味や関心がある
  • 留学経験やホストファミリーの経験がある
  • コミュニケーションスキルが高い
  • 自発的に知識やスキルを習得するモチベーションが強い
  • 貯金や資産をある程度有している
  • 現地で暮らすための最低限の語学力がある

上記の特徴がなくても海外就職で能力を発揮できる人や海外での生活を楽しむ人はたくさんいます。当てはまる項目が多い人は、心や経済状況に余裕を持って海外就職にチャレンジできるはずです。

海外未経験でも海外就職・転職はできる?

海外就職や転職を目指す場合、海外に行ったことがない人でも就職・転職は可能です。ただし、より有利に就職活動を進めるならば下記の条件を満たすのがおすすめですよ。

海外の大学または大学院を出る

海外の大学または大学院を卒業していると、現地での就職情報を集めたり面接を受けやすくなります。インターンシップなどを経験することも可能ですので、在学中から海外就職の準備を進められるでしょう。

海外拠点を持つ会社に就職する

日本の会社に就職した場合でも、海外で働くチャンスはあります。グローバルに展開する会社の場合、海外拠点を持っていることは少なくありません。日本国内で就職活動を進めやすく、福利厚生も日本企業と同等の内容が期待できます。

ただし、希望通りに海外赴任の辞令がおりるかどうかはわかりません。海外で働きたいという目標が強い場合、海外赴任に選ばれるためのスキルアップやアピールが必要です。

インターネットで海外の求人を探す

日本に住みながら海外での働き先を探す場合、インターネットで求人を探すこともできます。海外就職を目指す人のための求人サイトやLinked InなどビジネスSNSにも求人が掲載されています

語学教室に通う

語学教室に通いながら、語学力のアップと人脈作りをすると就職につながることもあります。可能性は高いとはいえませんが、日本にいながら外国人の方々や海外に関連する仕事に就いている人と知り合うには、語学教室という選択肢もおすすめですよ。

海外就職エージェントを活用する

社会人が転職するときは、国内の転職でもコツや手間が必要ですよね。海外への就職であればなおさらです。効率的に海外就職・転職を成功させるには、海外就職に強いエージェントを利用するのが安心です。

海外就職・転職におすすめのエージェント

海外就職・転職を目指す人がエージェントを利用すると、次のメリットが得られます。

  • 求人数が多く、検索しやすい
  • レジュメの添削など書類や面接対応をサポートしてくれることがある
  • ビザ取得や渡航のサポートをしてくれることがある
  • 労働条件の交渉がしやすい

独力で海外就職・転職をすることもできますが、エージェントを活用することでより満足度の高いキャリアプランを実現することも可能です。

おすすめのエージェントを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

リクルートエージェント(RGF)

アジア圏の海外就職・転職を強みとしたエージェントです。タイ、中国、ベトナム、インドネシア、香港、インド、シンガポールの求人を扱っています。

利用料は無料で、現地滞在コンサルタントがサポートしてくれます。日本語で就職活動が進められつつ、現地のネットワークを活かした活動ができます。

オンライン面接可能な求人もありますので、渡航がなかなか難しい人にもおすすめです。

Samurai Jobs

主に30代・40代を対象に、国内大手企業やグローバル企業、外資系企業の求人を扱うハイクラス転職のエージェントです。

課長・マネージャークラス、部長・役員クラスなど、管理職・技術職・専門職に強いのが特徴です。

扱う業界も幅広いため、他業種へのキャリアチェンジを考えている人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ビズリーチ

ハイクラス転職を目指す人の利用者が多い転職エージェントです。ビズリーチでは海外求人特化サイトが設置されており、主に駐在員採用と現地採用の求人を検索できます。海外でのキャリアアップを目指すならばおすすめです。

アジア、北米、ヨーロッパを中心に、さまざまなエリアの求人を扱っています。

エン・ワールド・ジャパン

アジア太平洋地域3ヵ国に拠点を持ち、グローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣エージェントです。

外資系企業や日系グローバル企業の求人を扱い、ミドルクラスからハイクラスのポジションの転職サポートを強みとしています。

コンサルタントとの面談を通して、面接の準備など転職活動のサポートのほか、就労後のお悩みもフォローアップが提供されています。

無料で受けられる英語スピーキングテストなど、スキルの確認も行えます。

JACリクルートメント

日本、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港、韓国、ベトナム、インド、英国、ドイツで転職支援サービスを提供しているエージェントです。

課長転職マネージャーから部長・役員のハイクラス転職、技術職の転職に強いのが特徴といえます。企業説明会や相談会に参加することも可能です。

Linked In

Linked Inは、採用活動や人脈構築を目的として開発されたビジネスSNSです。海外のビジネスパーソンのLinked In活用率は高く、ビジネスのコミュニケーションの場として活発です。

Linked Inのアカウントを作り、実績を発信していくと、スカウトの話が届く可能性もあります。

また、Linked Inでは求人情報も記載されていますので、気になる求人を発見したら気軽に応募してみてはいかがでしょう。

おわりに:海外就職・転職はメリット・デメリットを理解した上で計画的に

ビジネスのグローバル化の発展とともに、海外就職・転職のチャンスは増えています。語学力が十分でなくとも、専門スキルや経験があれば就職活動が成功する可能性もあります。エージェントなどを活用しながら、海外で活躍する準備を進めるのが安心ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました