経営企画は会社の重要人物って本当?キャリアアップのために必要なスキルとは

経営戦略を練る経理企画職キャリアアップ・求職
この記事は約9分で読めます。

企業に数ある業務のうち、経営企画は会社の運営に深く関わる重要な仕事の一つです。

今回は経営企画がどんな仕事を行っているのか、向いている人の特徴や収入の目安、やりがいやキャリアパス、取得を検討してほしい資格情報などと一緒に紹介していきます。

この記事でわかること
  • 会社にとっての経営企画の重要性
  • 経営企画の仕事の流れと業務遂行のポイント
  • 経営企画に求められる専門知識や能力
  • 経営企画のスキルアップ・キャリアアップにおすすめの資格

経営企画はエースが配属される花形部署?

経営企画の仕事を一言で表すなら、「会社の成長戦略の立案と実行」です。社長をはじめとした経営陣の右腕となり、経営陣の意向を受けて以下の業務に携わります。

経営企画の仕事の具体例
  • 企業の経営に関わる数値やデータの集計、管理
  • 取締役会や株主総会の招集、運営
  • 株主への対応や株式、IRなどに関する事務処理
  • 収集した情報や経営陣の意向を踏まえた成長戦略の立案
  • 立案した戦略にのっとり、必要な予算を設定し確保する
  • 戦略の達成に向け、必要な人材や物資を調達し配置する など

いわば企業のブレーンとして会社経営の深い部分にまで入り込み、他の従業員を含めた会社全体を陰から支えるのが経営企画の仕事だと言えるでしょう。

そのため、経営企画に配属されるということは企業の経営の中核を担う人材として期待されていると同時に、結果が求められるのです。

経営企画の仕事内容と向いている人の特徴

ここからは、実際の仕事の流れから経営企画の仕事をより深く理解していきましょう。経営企画のおおまかな仕事の流れは、次のようになります。

《1》データの収集と分析

各部署の成績や競合他社の動向、人的資源や予算配分など、自社に関するありとあらゆるデータを収集し、解決すべき課題を探し出します。

また自社と競合他社の強み・弱み、現在自社が即ずる業界の将来性や、参入を検討している市場規模などまで分析していく段階です。

《2》経営会議の企画と運営

データ分析の結果を報告すべく、経営陣を招集した会議の企画と準備を進めます。

出席予定者のスケジュールを考慮した日程調整、会場の設定、必要な資料の作成など、会議当日に経営企画側と経営陣がスムーズに意思疎通できるよう準備するのがポイントです。

《3》経営戦略の立案と実施

経営会議で経営陣とともに策定した方針に基づき、具体的な経営戦略・目標を立てます。経営目標は、短くて2~5年以内に達成すべき「中期目標」と、5~10年以内での達成をめざす「長期目標」に分けて設定されるのが一般的です。

立案した経営戦略・目標が経営陣に承認されたら、必要な予算と人員、物品を各担当部署と協力しながら確保し、戦略の実施段階へ入ります。

《4》適宜戦略の確認と修正をしながら、目標を達成する

現場と経営陣の声を聞き、また俯瞰的な立場で自社の状況と戦略の進捗状況を見ながら、目標達成に向け各部署を引っ張って目標達成へと導きます。

なお経営戦略や中期・長期の経営目標は、必要に応じて適宜見直しを図ります。

経営企画の仕事に向いている人の特徴

従業員の一員でありながら、外部のコンサルタントのような役割も求められるのが経営企画の仕事です。

そんな経営企画職に向いている人の特徴としては、以下が挙げられるでしょう。

経営企画に向いている人の条件
  • 必要な情報を正しいリソースから広く、深く集められる高い情報収集能力がある
  • データに基づいて戦略や答えを導き出す論理的思考力がある
  • 数値やデータを根拠にした、説得力のある報告書や企画書を作ることができる
  • 適切に予算を管理し、健全に企業を運営できるだけの財務会計知識がある
  • 導き出した答えや戦略を、経営陣に効果的に伝えられるだけのプレゼンテーション能力を持っている
  • 経営陣が考えていることを汲み取り、自身の案に社内から多くの賛同を獲得できるだけのコミュニケーション能力がある
  • 社外の取引先とのやり取りや、海外市場の分析が可能なだけの英語または現地語の能力

経営企画の平均収入とやりがいとは

次は経営企画職で得られる収入の目安とやりがいについて紹介していきます。

経営企画職の平均年収はおよそ520万円で、会社の規模や経験などによっては350万~1,100万円の開きがあります

職種を問わない正社員の平均年収ボリュームゾーンが360万~460万円なので、正社員として働く経営企画職の平均年収は、比較的高いと言えるでしょう。

このように平均年収が他職種より高いことからも、経営企画がいかに企業にとって重要なポジションであるかが伝わってきますね。

人事から財務まで、経営に関する幅広い知識が必要になるうえ、会社の経営をゆるがす可能性もある経営企画は非常に責任が重く難しい仕事といえます。そうした責任の重さがあることから、企業経営の深くまで入り込めるのが経営企画職の醍醐味でもあります。

その重要性は企業規模が大きくなるほどに高まり、企業によっては新規事業の展開や、既存事業の経営を取締役に代わり任せてもらえることもあります。

大変な分だけやりがいを持って企業運営に携わっていけるのが、経営企画という仕事なのです。

未経験者から経営企画への転職で優遇される経験は?

職種未経験の人が経営企画職として中途採用されることはあまりありません

企業としては、自社の経営や成長戦略の立案・運営を任せられる即戦力を求めていることが多く、ほとんどの求人が経営企画の実務未経験者を優先的に採用しています。

しかし、定年退職に伴う若手の経営企画職の採用や、慣例にとらわれない若い企業であれば、実務未経験者を経営企画職として採用することもあるでしょう。

特に以下のような経歴を持つ人は、過去の経験をそのまま経営企画職に活かせるはずです。

経営企画職への転職に役立つ経歴
  • 経営コンサルティングファームや監査法人などでの勤務経験
  • 経理部や財務部で働いた経験、またはマーケティング職の経験
  • 大小さまざまなプロジェクトのリーダーとして成果をあげた経験
  • 外資系企業や海外事業部、海外支店などで働いた経験
  • 新しい事業所や支社、サプライチェーンなどを構築した経験

自己アピールとして、自身の経営企画職としての即戦力性や有用性を効果的に伝える材料となりますので、覚えておいてくださいね。

経営企画のキャリアパス・キャリアチェンジの可能性は?

経営企画のキャリアパス、キャリアチェンジの道としては以下3パターンが考えられます。

《1》社内でスキルアップし、昇進する

経営企画職として、また会社の意向に沿って他部署や他職種での経験も積んで、昇進・昇給をめざすパターン。

さまざまな経験を積むことで、経営企画職としてのスキルアップ・キャリアアップをはかることができるでしょう。

《2》より良い条件の他社へ、経営企画として入社する

現在の勤務先での実績を武器に、経営企画職として他者へ転職するパターン。

経営企画として働くなかで、他者からヘッドハンティングを受ける可能性もあります。より良い待遇や環境の企業へさらなる活躍の場が期待できる魅力的な選択肢と言えるでしょう。

《3》経営コンサルタントになる

経営企画として培ったスキルを活かし、経営コンサルタントへ転職するパターン。

国内外のコンサルティングファームに勤務する他、フリーランスのコンサルタントとして、または自らコンサルタントファームを立ち上げて働く道が考えられます。

会社員を続けていくうえで最も王道なのは、1の社内での昇進・昇給をめざす道でしょう。

しかし経営企画として確かなスキルを身に付けていれば、より良い待遇・環境の職場へ移ることや、独立の道も見えてきます。

あなたの能力レベルとキャリア志向に合わせ、将来歩む道を決めると良いですよ。

経営企画としてキャリアアップしたい人は資格・スキル取得を目指そう

最後に、経営企画としてキャリアを積んでいくうえで取得を検討してほしい、おすすめ資格を紹介していきます。

将来的に経営企画としてキャリアアップしていきたいなら、参考にしてくださいね。

経営企画職に役立つ資格

経営企画のキャリアアップを目指す人におすすめの資格を紹介します。

MBA

Master of Business Administrationのことで、日本語では経営学修士や経営管理修士と呼ばれる学位。経営学を学べる大学院や、専門職大学院の修士課程を修了すると得られるもので、財務分析やデータ分析、経営戦略立案をできるだけの知識があることの証明となります。

簿記2級以上、またはビジネス会計検定

経営企画職に求められる、経理や財務知識があることを証明してくれる2つの代表的な資格です。

経理系資格の代表格である簿記検定では仕訳など、会社のお金の流れを管理する知識が、ビジネス会計検定を取得すれば、財務諸表の読み方や分析法などが身に付きます。

中小企業診断士

専門的な知識をもとに中小企業の経営状況の診断、アドバイスをするための国家資格です。

中小企業の経営に欠かせない行政、各金融機関をつなぐパイプ役にも求められる資格であるため、経営企画として働くならぜひとも取得を検討しましょう。

公認会計士

独立した立場から、法人に対し監査意見を表明する監査業務を行うための資格。

取得の過程で監査と会計はもちろん、税務や財務まで経営に必要な知識が幅広く身に付くため、経営企画として働くうえでも非常に有用と言えます。

税理士

税のスペシャリストであることを証明する資格です。

取得者は納税額の算出や税務書類の作成、税務手続きの代行、税務相談などに対応できるスキルを習得できます。企業のお金の流れを理解する必要のある、経営企画職にも役立つでしょう。

TOEIC

英語能力の高さを証明する資格。海外への進出や、既存の海外事業への注力を考えている企業の経営企画職になるなら、ぜひとも受験を検討しましょう。

なお、経営企画として働くうえで評価の対象となるのは、TOEIC800点以上が目安です。

経営企画職に必須のスキル

上記で紹介した資格以外に、経営企画職として最低限身に付けておきたいビジネススキルとしては、以下が挙げられます。

マイクロソフトオフィスの操作スキル

データや数値の分析、プレゼン資料の作成に用いられるソフトの操作スキルは必須です。

ただ使えるだけでなく、内容や伝えたいことに合わせて効果的に、かつ、わかりやすく伝えられるだけのスキルが求められます。

なかでもExcelはVLOOKUP、SUMIF、INDEX、MATCHなどの関数機能、PowerPointは使いこなせるようになりましょう。

統計やデータ分析のスキル

戦略立案の事前準備である、情報収集の際に役立つのが統計学やSQLなどの専門知識を身に付けられます。

集めた情報を取捨選択したり、真偽を見抜いたり、自社内でデータの分析や数値化を行う際には必須となるでしょう。

会社での実務経験と並行して、資格取得のための勉強を進めるとスキルアップ・キャリアアップに役立ちますよ。

おわりに:会社経営の根幹を支える経営企画には、高いビジネススキルが必要

社長をはじめ経営陣とともに戦略と目標を立て、企業が安定した経営状況と成長性を維持していけるよう支えるのが、経営企画の仕事です。取締役と肩を並べ、会社経営の深い部分にまで入り込むやりがいの大きな仕事ですが、その分責任も大きく、就くのが難しい職種でもあります。経営企画職に就くには、相応のスキルと経歴が必要です。本記事を参考に必要なスキルや資格の獲得に努め、キャリアアップをめざしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました