彼氏・彼女とLINEや電話で連絡する頻度の理想って?

恋人とのメッセージのやり取り人間関係の悩み
この記事は約6分で読めます。

スマホは彼氏や彼女とのコミュニケーションツールですよね。LINEなどのアプリや通話を通して、離れているときもお互いの存在を感じると安心する人もいるでしょう。連絡頻度が低いと不安になったり、学生と社会人の感覚のズレを感じたりすることも。

この記事では、恋人同士の連絡頻度や内容の傾向を紹介します。恋人に送らない方がいいメッセージの例なども解説しますので参考にしてください。

この記事でわかること
  • 彼氏や彼女と連絡を取るときの内容や頻度
  • 恋人への連絡頻度が下がるタイミング
  • 学生と社会人では連絡頻度が変わる理由
  • 何度も連絡したくなる恋人との楽しいやり取り

彼氏や彼女と1日にどのくらい連絡したい?

彼氏や彼女とどのくらい連絡を取り合うかの頻度は、カップルごとに異なります。

  • 毎日何往復も連絡する
  • 「おはよう」「おやすみ」の挨拶を送る
  • 週に数回連絡を送る
  • 平日の夜や週末など、勉強や仕事がない時間にやり取りする
  • デートの約束や待ち合わせのときだけ連絡する
  • 特に頻度は決まっておらず、気が向いたときに連絡する

というように、それぞれの性格やライフスタイルなどによって連絡頻度は変わってきます。

付き合いの長いカップルは連絡頻度が低い?

恋人の場合、付き合いたてのカップルや遠距離カップルは連絡頻度が高くなりやすいでしょう。お互いのことをもっと知りたい、離れている間もコミュニケーションを取りたいなどの理由から、連絡頻度が高くなります。

同棲しているカップルは一緒に過ごす時間がたっぷりありますので、そうでないカップルと比べてメッセージのやり取りは減る傾向にあるでしょう。

付き合いが長いカップルは、すでにお互いのことをよく知っていたり信頼関係が構築されていたりすることから、連絡頻度が減ることもあります。ただし恋人と連絡を取るのが好きなカップルは、付き合いの長さに関わらず頻繁に連絡を取りますよ。

大学生と社会人では恋人との連絡頻度が違う?

大学生など学生のカップルと社会人のカップルでは、連絡頻度に変化が出やすくなります。

学生同士の連絡頻度

学生の場合は、勉強や部活、アルバイト以外の時間は自由に使えることが多いですよね。ひまなときは彼氏や彼女に連絡する人もいます。毎日連絡を取り合うカップルも少なくありません。

社会人同士の連絡頻度

一般的に、学生と比べて社会人は忙しくなります。仕事に加えて資格取得の勉強が加わると、なかなか恋人に連絡する時間を確保できません。下記の時期は、連絡頻度は落ちやすいでしょう。

  • 就職・転職直後
  • 仕事の繁忙期
  • 資格試験本番直前 など

もちろん、恋人と連絡を取り合う頻度が学生のときと変わらない社会人もいます。

学生と社会人の恋人の連絡頻度

どちらか一方が学生でもう片方が社会人の場合は、連絡頻度のズレが生じやすいといえます。特に、学生から社会人になったばかりの人は、環境の変化や慣れない仕事、飲み会などで心身に疲れを感じやすい時期です。

恋人に連絡して癒されたいと思う人もいますが、恋人のための時間を確保できない、疲れて睡眠を優先したいという人は多いものです。学生の恋人からすると連絡頻度が減って寂しく感じられ、気持ちがすれ違いやすくなってしまいます。

結婚して夫婦になってからの連絡頻度

恋人から結婚して夫婦になった場合、恋人のときとは連絡頻度や内容が変わる可能性があります。

共働きで食事の分担をLINEなどで連絡する、子どもが生まれて送迎の連絡をお願いするなど、夫婦として協力するために連絡を取り合うことが増える夫婦も多いです。恋人のときのような愛情たっぷりのメッセージのやり取りが減ることもあるでしょう。

連絡の頻度に正解はありませんので、お互い無理なく心地よくなれる連絡頻度を見つけましょう。仕事で忙しい夫婦は、LINEなどのメッセージが貴重なコミュニケーションになることもあります。

喧嘩の冷却期間にもスマホで連絡は取る?

彼氏や彼女と喧嘩したときや夫婦喧嘩をしたときに、冷却期間としてメッセージや通話も控えることがありますよね。頭に血が上っていると、相手を傷つける言葉を口にしてしまったり、素直に謝れなくなったりしますので、連絡を控えるのも方法のひとつです。

ただし、連絡を控えるデメリットもあります。

  • 時間が経つほど意地になって謝れなくなる
  • 喧嘩をきっかけに愛情が冷めてしまった場合の対応が遅れる
  • 自然消滅につながりやすい

冷却期間は数日~一週間程度にしておきましょう。人によっては連絡が数週間ないと別れたと判断することもあります。

大学や就職で…遠距離恋愛カップルの連絡頻度

連絡頻度が高いから仲が良い、低いから冷めているというわけではありません。しかし、コミュニケーションの機会が減ると、考えのすれ違いや愛情が冷めるきっかけになることがあります。

遠距離恋愛のカップルの場合は、LINEや電話が大切なコミュニケーション手段です。毎日連絡を取り合う遠距離恋愛カップルは多く、下記の内容のやり取りなどをしています。

  • 「おはよう」「おやすみ」の挨拶は必ず送る
  • 仕事が終わったら連絡する
  • 食事や髪を切ったときなど写真を送り合う
  • ビデオ通話で顔を見ながら会話を楽しむ

コミュニケーションとして楽しい会話をする以外にも、病気や事故に遭っていないか心配を解消するために定期的に連絡するなど、遠距離恋愛カップルは連絡頻度が高くなる傾向が見られます。

愛情感じる恋人同士のメッセージや電話のやり取り

LINEや電話で連絡すると、会っているときとは違う方法で愛情を感じられますよね。メッセージのやり取りをするときは、下記のことに気をつけるとやり取りが続きやすくなります。

  • 何気ないやり取りは短文で送る
  • 連絡頻度に希望があるなら話し合っておく
  • 相手の興味があることや喜ぶことに関する情報を送る
  • 電話の頻度が高い場合、一回15~30分程度にする
  • 忙しくて連絡頻度が減るときは事前に伝えておく

ストレスにならないメッセージや電話なら、楽しい時間を過ごせますよね。読むのに疲れる長文やいつ終わるのかわからない長電話は、相手の体力と時間を消費させますので避けましょう。

また、急に連絡頻度が減ると相手を不安にさせてしまいます。勉強で時間が取れなくなる、仕事の繁忙期を迎えるなど忙しくなることがわかっていたら、事前に「これから忙しくなるからあまり連絡できないかも」と伝えると安心ですよ。

彼氏や彼女を引かせるメッセージや電話のやり取り

楽しいメッセージのやり取りを通して愛情が深まると、とても嬉しいですよね。しかし、メッセージのやり取り次第では相手を疲れさせたり怒らせたりしてしまいます。

  • 返信がないからといって何度も催促する
  • 返信がないと浮気を疑う
  • 普段から長文のメッセージをたくさん送る
  • 連日何時間もの通話をしたがる
  • 既読スルーや未読スルーで相手の気持ちを確かめようとする

こういったやり取りが多いと、「面倒だな」と思われる原因となります。彼氏や彼女にも勉強や仕事、趣味、ゆっくり休む時間が必要です。相手からの連絡が少なくて心配になることもあるでしょうが、連絡頻度に捉われずに自分の時間を楽しむのがおすすめですよ。

おわりに:付き合いたてや長距離恋愛は連絡頻度が高くなりがち!心地よい距離感を見つけよう

彼氏や彼女とLINEや通話で連絡を取り合うと、お互いのことをよく知れたりデートプランを立てやすかったりしますよね。ただし丁度いいと思う連絡頻度は人それぞれです。カップル歴の長さやライフスタイル次第で理想的な連絡頻度や内容は変わりますので、恋人同士話し合うなどして心地よい距離感を見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました