ポジティブ思考になる方法は?ネガティブ発言を控えてみよう!

ネガティブ思考からポジティブ思考への変化こころの悩み
この記事は約6分で読めます。

一般的に、物事に対し前向きで肯定的な見方をすることをポジティブ思考、後ろ向きで否定的な考え方のことをネガティブ思考と呼びます。身近にいるストレスや逆境に強い人や心が安定している人を思い浮かべると、ポジティブな性格をしていることが多いでしょう。

今回はポジティブ思考とは何か、またこの考え方でいることで得られるメリットや、ポジティブになるための振る舞いのコツをまとめて紹介します。

この記事でわかること
  • ポジティブな人の特徴やライフスタイル、口癖って?
  • つい言いがちなネガティブワードの種類
  • ネガポジ反転に使える!ポジティブワード
  • 注意も必要?ポジティブな人が陥りやすい悪循環
  • ネガティブだからこそどんな強みがある?

ポジティブ思考ってどんな人?前向きでいることのメリットは?

ポジティブは「積極的」「肯定的」「楽観的」という意味合いのある英語です。

ここから、起きた物事を楽観的・肯定的に捉え、トラブルに対しても前向きに対処する考え方を指す言葉としてポジティブ思考は定着しました。

ポジティブ思考を持つ人に見られる特徴としては、以下が挙げられるでしょう。

【ポジティブ思考の人の特徴】

  • トラブルが起きてもくよくよ悩む様子がなく、いつも笑顔でいる
  • 基本的にすべての物事を良い方向に捉えるため、明るい未来をイメージしている
  • 心身ともに健康的で、自分や他人を否定することがないので、友達が多い
  • 男女問わず、幅広い意味で「モテる」ため周囲に人が絶えない
  • 基本的に素直で、「ありがとう」や「ごめんなさい」をきちんと伝えられる
  • 日中は起きて活動し、夜はしっかり休む規則正しい生活を送っている
  • 人望が厚いため昇給や昇格、リーダーを任される機会が多くなり成功しやすい

ポジティブ思考になる方法

以下の考え方や行動を意識的に習慣化していけば、ポジティブ思考に近づくことができます。

【ポジティブ思考になるために実践したい、思考方法や行動】

  1. 視野を広く持ち、トラブルや悪いことを違う側面から観察してみる
  2. 悪いことにも何かひとつ、気持ちが明るくなるようなポジティブな意味づけを行う
  3. 良いことが起こったときは素直に喜び、嬉しい気持ちや周囲への感謝を満喫する
  4. 「今日嬉しかったこと」を毎日5つ記録し、日々の幸せを感じられるようにする
  5. 感謝の気持ちや、他人の素敵だと思うところは、積極的に口に出して褒める
  6. 自分のダメなところを認め、受け入れたうえで、良いところに目を向けて好きになる
  7. あなたの喜びや幸せ、嬉しさを共感・共有する人のそばにいて、積極的に会って話す

ポジティブになりたいなら避けたいネガティブワード

ポジティブ思考になるには、可能な限りネガティブな言葉を発しないことが近道になります。

「できない」「無理だ」などネガティブな言葉が与える影響

否定的な言葉は、誰に言ったかを問わず自分の耳に入り、あなたの思考をネガティブな方向に向けてしまうのです。

否定的な気持ちになり、ネガティブな言葉を発したくなったときは、なぜそう思うのかの根拠・材料を書き出してみてください。

それら一つひとつに対し解決策を前向きに考え、具体的に導き出していけば、不可能と思えることでも達成への道筋が見えてきます。

あなたが発した言葉は、必ず自身の思考にも影響を与えます。言葉を発する前に、それはあなた自身が聞いて前向きになれる言葉かどうかを考えるようにすれば、前向きな発言が増えポジティブ思考に近づいていけるでしょう。

以下のようなネガティブなことを言わないよう、発言する前によく言葉を選んでください。

【ネガティブ思考のもととなるNGワード】

  • できない、無理
  • 疲れた、イライラする
  • もう無理、ダメだ
  • どうせ失敗する、失敗ばかりする

ポジティブ思考の人がよく使う言葉は?

ポジティブ思考の人が、自分に対してよく使う言葉としては、以下が挙げられます。

【ポジティブ思考な人が「自分に」向けて使うポジティブワード】

  • 不安を和らげ、心を落ち着ける「大丈夫!」
  • 愛と感謝を伝え、人間関係をスムーズにする「ありがとう」「感謝」
  • 日々の幸せに感謝し、さらなる幸運を引き寄せる「私は運がいい」
  • 1日の充実度を高めてくれる「今日はいい日になる」
  • 自分の努力を認め、労わってあげる「頑張ったね」
  • 将来への不安を和らげ、パフォーマンスを高める「なんとかなる」
  • 幸運が続いたとき、現状に感謝し自分を安心させる「ずっとうまくいってても良い!」
  • 自分の気持ちを高め、やる気スイッチを入れる「よし、やってみよう!!」
  • プレッシャーを感じているとき、心身をリラックスさせる「楽しんでいこう!」

ポジティブ思考の人は、家族や友人・知人、上司や同僚など周囲の人に対しても、以下のような前向きな言葉をよく使います。

【ポジティブ思考な人が「周囲に」向けて使うポジティブワード】

《親しい家族・友人・知人へ》
「いいね」「すごいね」「今日も素敵だね」「似合ってるよ」「大好きだよ」「あなたのそういうところ、心から尊敬できる」 など
《同じ職場で働く上司や同僚へ》
「グッジョブ!」「ナイスリカバリー!」「あなたのおかげで助かりました」「本当にありがとう」「大丈夫、きっとうまくいきます」「何とかなりますよ」 など

自分を含め、人への感謝や尊敬、働きを労わり励ます言葉を積極的に発しているのがわかりますね。

ポジティブ思考にはデメリットも?ネガティブ思考の強みとは?

ここまで、ポジティブ思考になることで得られるメリットを紹介してきました。

しかし捉え方、使い方によっては、必ずしもポジティブ思考が人生を好転させてくれるとは限らないのです。

ただ前向きに、肯定的にという点だけを意識したポジティブ思考によってもたらされる人生へのデメリットには、以下が挙げられます。

【ポジティブ思考のデメリット】

  • 良いことだけに目を向けようとするあまり、自分に都合の悪い物事は無視してしまう
  • 前向きに未来を見ようとするあまり、失敗から学ばず、次に活かすための反省をしない
  • 自分を認めて受け入れようとするために自分を過信し、現状認識が甘くなってしまう

ネガティブ思考にも、良い面はあります。ネガティブ思考による強み、人生にもたらされるメリットには以下が挙げられるでしょう。

【ネガティブ思考のメリット】

  • 最悪の事態を想定したうえで、慎重に物事を進められる
  • 悪いところが目に付く分、現状を改善するための画期的なアイデアが浮かびやすい
  • 完璧主義な傾向があるため、妥協しない質の高いモノづくりができる
  • 良くも悪くも疑り深いので、独創的な着眼点で物事を見られる
  • 自分を過信せず、危機意識を持って着実に必要な力をつけていくことができる

ポジティブ思考とネガティブ思考、それぞれの良いところ・悪いところを知り、両方の視点から物事を考えられるようになるのが理想的かもしれません。

おわりに:自分や周囲を認め、労わる言葉でポジティブ思考を身に付けよう

ポジティブ思考の人は、自分にも周囲にも肯定的で、否定的な態度をとることがほとんどありません。このため常に周囲に人が集まり、人望も得られるため、社会的に成功を収めやすくなるとされます。ポジティブ思考を身に付けたいなら、まずはネガティブな発言を控え、自分と周囲を認め労わるような言葉を発するクセをつけましょう。ただ、行き過ぎたポジティブ思考は自信過剰や無謀な行動のもととなるので、慎重な姿勢も忘れないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました