出身地が恥ずかしい?田舎コンプレックスの克服方法

田舎と都会の違いこころの悩み
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アクシスコンサルティング株式会社バナー画像

大学進学や就職をすると、さまざまな地域の出身者が集まりますよね。すると地方出身者が都会生まれの人に対して「田舎コンプレックス」を抱くことも。この記事では田舎生まれと都会生まれの違い、田舎コンプレックスに悩む人の特徴、移住者が田舎を選ぶ理由などを解説します。

この記事でわかること
  • 地方出身者が都会生まれにコンプレックスを抱く理由
  • 田舎コンプレックスがメンタルに与える影響
  • 田舎コンプレックスを克服するためのポイント
  • いま、田舎の人気が高まっている理由
スポンサーリンク

田舎出身者が東京・都会生まれに対してコンプレックスを感じる?

地方など田舎出身者は、東京のような都会生まれの人に対して劣等感や嫉妬などコンプレックスを抱くことがあるようです。田舎生まれと都会生まれには、それぞれどのようなイメージを持たれやすいのか見ていきましょう。

田舎生まれに対するイメージ
  • 自然に囲まれて暮らしている
  • 農作物や海産物など食材が豊富で新鮮
  • 空気がおいしくて、健康的な生活を送っている
  • 人柄が温かく、素朴
  • 方言や訛りがある
  • 仕事の求人が少なく、給与も都会と比べると低い
  • 学校の数や種類が少なく、進学の選択肢が狭い
  • 田舎の人間関係が濃い
  • 情報量が少ない
都会生まれに対するイメージ
  • 教育水準が高い
  • 生活水準が高い
  • 情報量が多い
  • 美術館や博物館など文化施設が充実している
  • 遊び場が多く、退屈しない
  • 交通の便がよく、いろいろな場所を訪れている
  • 最先端の流行にふれる機会が多い
  • 多様な価値観や文化の人が暮らしており、選択肢が多い
  • センスがいい
  • 地域の人とのつながりが濃くない

田舎よりも都会の方が生活水準が高く、暮らしが充実しているというイメージが強いかもしれません。進学や就職の選択肢が多く、自由度が高いというイメージが持たれているのも特徴です。街に活気があり、個性を伸ばすことができたりセンスが磨かれたりしやすいとも考えられています。

田舎は自然など生活環境が魅力的だと考えられています。ただし都会よりも収入や人生の選択肢が少ない傾向があったり、田舎特有の濃い人間関係の影響があったりすることがデメリットに感じられる人もいるようです。

田舎コンプレックスを抱いているのはどんな人?

田舎コンプレックスを抱いている人は、次のような特徴を持っていることがあります。

田舎コンプレックスを抱いている人の特徴
  • 都会に出てから自分の出身地をなるべく隠す
  • 自分の過去や昔の写真を見せたがらない
  • 都会生まれの人にライバル心を燃やす
  • 見た目を都会的にするためにお金をかける
  • イベントなどに頻繁に出かける
  • 方言や訛りを隠す、隠すために口数が少なくなる
  • 出身地の話をするとき、自虐的なことばかり言う
  • 「田舎者」と思われていないか、ビクビクしてしまう

田舎コンプレックスを持つあまり、自分の出身地を恥ずかしいと思う人もいますよね。「都会生まれの人に負けたくない」と思い、見た目や行動、話し方を変えようと頑張ることも。自分の田舎について話さなくてはならない場合、自虐的なことを言ったり卑屈になる人もいます。

つまり、田舎コンプレックスを持っていると自分に自信が持てなくなってしまいます。自分だけでなく、出身地や家族、友人のことも恥ずかしいと感じ、距離を取ったりディスるような言葉を言ってしまうこともあり得ます。

田舎コンプレックスを克服して自信をつける方法

田舎コンプレックスを抱いていると、自分に自信がなくなってしまいます。出身地を誇りに思っている人は、自分のルーツや故郷を大切にしていて堂々としていますよね。田舎コンプレックスを克服するポイントを紹介しますので、参考にしてくださいね。

田舎コンプレックスを克服する方法
  • どの地域にも魅力があることを理解する
  • 自分の生まれ育った地域の客観的な評価を確認してみる
  • 方言や訛りは、都会にはない個性だと捉える
  • 都会生まれでも苦労している人がいると理解する
  • 生まれた土地がどこでも、人生を切り拓くのはその人次第だと考える
  • 収入などの格差よりも、暮らしの充実度や幸福感を重視する
  • インターネットなどを活用し、情報やチャンスを自分でつかむ

まず、自分の出身地について学びなおしましょう。生まれ育った人でも知らない魅力や特色は意外とたくさんあります。同じように、羨ましく見える都会にもデメリットや課題があることを知ることも大切です。

たしかに田舎は都会と比べると選択肢が少ないなどの環境的な違いはあります。ですがどのようなライフプランを描くかは自分次第のところが大きいです。田舎出身だからわかること、できることがあります。都会生まれの人と自分を比較して優劣をつけるのではなく、自分自身が満足することや幸せを感じることが何か考えましょう

いま、地方が人気!移住者が田舎に行きたくなる理由

近年は都会の人が田舎に移住することが増えてきたのをご存知ですか?都会生まれや都会暮らしの人が田舎暮らしにメリットや魅力を感じているのはなぜなのでしょう。

自然が豊かで、心身ともにリフレッシュできる

田舎の豊かな自然に、都会にはない大きな魅力を感じる人は多くいます。自然が豊かな場所で暮らすことには、次のようなメリットがあります。

田舎の豊かな自然で得られるメリット
  • 空気がきれいで体に良い
  • 食材が新鮮
  • 川や海、山などのアクティビティを楽しめる
  • 大自然に心が癒される
  • 自然が身近で、感性や知識が育まれる

都会には文化施設やイベントが豊富で、情報量や刺激がたくさんあります。ただし田舎の大自然からもたくさんの知識や学び、楽しみを得られます

子どもの成長に良い影響が期待できる

田舎に移住する人たちの中には、子どものことを考えて田舎暮らしを選ぶことがあります。

子どものために田舎暮らしが選ばれる理由
  • 地域の行政の子育て支援が手厚い
  • 自然豊かな住環境なら、子どもがのびのびと過ごすことができる
  • 田舎は地域の人たちが育児に協力的だから
  • 田舎は子どもの人数が少ない分、学校もアットホームな雰囲気になる
  • 近年は田舎の学校もユニークな取組をしていて、子どもの将来のためになる

子どもの情緒や感性を育むために、田舎への移住を考える人は少なくありません。田舎の人間関係は都会よりも濃密なため、地域で子育てをするという意識が強いのも特徴です。都会の方が教育水準が高いという考えもありますが、地方でも特色ある学校作りや進学に力を入れている学校もありますよ。

都会は生活コストが高いため、生活維持が大変

都会は家賃や食費などが高く、ある程度以上の生活を維持するにはそれに見合う収入が必要です。収入を確保するためにプライベートを削って働いたり、無理をして体を壊す人もいますよね。ワークライフバランスを考えた結果、地方移住する人もいます。

ただし田舎暮らしはマイカー必須であったり、地域によっては暖房費がかさむなど地域ならではのコストがかかることも忘れずに。劇的に生活費が安くなるとは限りません。

都会は災害発生時に交通などがマヒしやすい

東日本大震災など災害が発生したとき、都会暮らしのリスクやデメリットを感じる人もいました。たとえば災害発生時に電車などの交通がマヒし、帰宅難民になる人が大勢いました。田舎ならば災害発生時に安心というわけではありませんが、災害を機に移住を考える人が増えたのは事実です。

移住支援や起業支援など、地方移住にメリットを感じる

地方では過疎化や高齢化が課題となっており、人口減を食い止めるために移住者増加を目指すようになりました。移住のメリットを感じてもらうために、移住支援で手厚いサポートをしている地域も多いです。U・Iターン支援制度や定住支援、就職・起業支援が充実した地域では、移住までのサポートのみならず移住後の暮らしや生活基盤を整えるところまでしっかりと支えてくれますよ

おわりに:田舎の魅力を再発見して田舎コンプレックスを克服しよう

田舎コンプレックスに心当たりがある人は、生まれ育った地域の魅力や価値を再発見してみましょう。都会から田舎へ移住者が増えているのには理由があります。田舎コンプレックスを克服して、自信を取り戻すだけでなく地元愛も復活させてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました