本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

【職場の好かれる人】頼れる人になるにはどんなスキルや能力が必要?

頼りがいのある人人間関係の悩み
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

仕事で困ったときやトラブルが発生したときに、みんなから頼られる存在がいたら理想的。この記事では職場の頼れる人の特徴、頼れる人になるためのポイントなどを解説します。職場の人間関係に悩んでいる人、存在感を増したい人はチェックしてみてくださいね。

この記事でわかること
  • 周囲から頼られる人の特徴とは
  • コミュ力が高い人が重宝される理由
  • 頼れる人になるためのポイント
  • 社内外の人脈を広げる方法
スポンサーリンク

職場の頼れる人にはどんな特徴がある?

仕事で困ったときに「あの人なら助けてくれる!」という人物がいますよね。職場の頼れる人には、次のような特徴があります。

職場の頼れる人の特徴
  • 仕事に対して誠実
  • 業務について詳しい
  • 知識や経験が豊富
  • 周囲からの評価が高い
  • 課題解決能力が高い
  • 状況把握能力が高い
  • 話しかけやすい
  • やさしくて親切
  • 困っている人を見過ごせない

困ったときに頼れるのは、やはり誠実で業務に詳しい人です。相談に耳を傾け、的確なアドバイスをくれる人がいると安心ですよね。課題解決能力や状況把握能力が高い人も、とても心強い存在になるはず。問題点はどこにあるのか、軌道修正をするために必要な準備は何か、一緒に考えてくれるでしょう。

ただし能力が高くても話しかけにくい人の場合、相談するハードルも高くなります。話しかけやすく親切な人は頼れる存在になりやすいでしょう。

職場の頼れる人は仕事ができる?

頼れる人は、仕事ができる人であることが多いでしょう。トラブルが発生したときは、客観的に状況を分析し、課題解決のためのプランを提案する力も高いです。こうした実務的な処理能力が高い人のほか、コミュニケーション力が高い人や人脈がある人も頼れる存在です。

仕事のトラブルの中には、上司や取引先を怒らせてしまったというケースもあります。そんなとき、コミュ力が高い人がいるおかげで、場が丸く収まることも。プロジェクトを成功させるための人材を探しているとき、人脈が広い人に紹介を頼むという解決方法もあるでしょう。

必ずしも仕事の数字の面や実務能力だけが、頼れる人かどうかを判断する材料になるとは限らないのです。

頼れる人に必要なスキルとは

職場の頼れる人になりたい場合、業務スキルや知識を磨くのがおすすめです。職場で必要とされるスキルには、下記のようなものがあるでしょう。

PCトラブルを解決できるITスキル

どんな業界、職場でもパソコンは欠かせないツールになってきました。同様にインターネットやITテクノロジーも重要です。

そのため、パソコンのトラブル対応や最新のIT技術の導入をサポートできる人材は喜ばれます。エンジニアやプログラマほどの専門スキルでなくとも、ちょっとしたパソコンの困り事なら解決できる、ITスキルを使って業務の効率化を図れるといったことでも助かるでしょう。

語学スキルは接客・サービス業で活躍

英語や中国語、韓国語などの語学スキルを習得した人は、インバウンドなど外国人対応でスキルを発揮できます。接客・サービス業ならば話すスキルと聞き取るスキルが求められます。事務職では、読み書きの能力が重宝されるでしょう。

業務の専門知識・スキルが高い

ご自身の担当業務について、高い専門知識とスキルを保有している人は重宝されます。あるいは、特定の資格保有者がいることが会社の経営にメリットをもたらすことも。

資格取得は自分のためにもなります。資格手当の支給要件や昇進の要件のために、試験にチャレンジするのもおすすめですよ。

財務の資格保有者は貴重

日商簿記やビジネス会計検定など、財務系の資格は会社の経営を支えられます。資格取得をすることで、そうしたスキルを有していることを証明できます。さらにレベルの高い資格だと、公認会計士や税理士があります。

健全な経営をサポートしたり、会社の経営拡大でとても頼られることになるはずです。

コミュ力の高い人は社内外で信頼される

コミュ力も立派なビジネス能力のひとつです。相手が求めていること、相手が求めていないことを見極め、お互いが協力できる関係性構築に一役買うことができます。

ただしビジネスシーンでは、相手の話にYESばかり言えばいいとは限りません。相手の話をしっかりと聞く傾聴力のほか、自分の意見を伝える自己主張の力も必要です。

人脈が広い人も頼られやすい

職場では、人脈が広い人も頼られやすいものです。トラブルや困り事が発生したときは、人と人との繋がりが助けになることが多いといえます。人脈が広いということは、それだけ課題解決の選択肢を多く持っていると言えるのです。

社外の人脈を増やす方法

アウトソーシングの人脈や会社組織を超えて協力できる知り合いが増えると心強いですよね。社外の人脈を増やしたい場合、下記の記事を参考に行動範囲を広めてみてください。

人望が厚いとビジネスチャンスが増える?人脈を広げてさらに仕事を充実させる方法とは?
職場でみんなから頼られる人は、好感度が高いことが多いですよね。こういった人は「人望が厚い」「人望がある」と言われます。上司や同僚から信頼され、部下から尊敬されるような人望が厚い人には、どんな行動や考え方が必要なのでしょう。「人望が厚い」人ほど成功できる理由を、人望が厚い人の特徴や人脈を広げる方法と併せて紹介します。

社内の人間関係を広げる方法

社内の人間関係も重要です。社内に信頼できる人が多くなると、困ったときにすぐに相談しやすくなります。社内の人間関係を増やすには、社内サークルや飲み会に参加してみるのもひとつの手です。

会社のサークルや部活に参加するとプライベートも仕事も充実!
社会人になり仕事が落ち着いてくると、趣味を楽しみたくなりますよね。もしも会社内に部活やサークルがあるのであれば、参加してみるのがおすすめです。 この記事では、社内の部活・サークルを通して得られるメリットを紹介します。スムーズに活動するためのルールの作り方や、福利厚生費として活動費が支給されるための条件例も紹介します

おわりに:スキルも人間性も磨いて社内の頼れる人になろう

社内の頼れる人は、スキルや知識はもちろんですが人柄が素敵だったり人脈が広いことも。頼り頼られる関係性ができることで、仕事のやりがいがもっと感じられるようになるはずですよ。

コメント