本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

【職場の好かれる人】ケアレスミスを減らして信頼される人になる方法

ケアレスミスが少ない人仕事がうまくいかない
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

仕事のケアレスミスが多い人は、周囲に迷惑をかけたり信頼が低下しているかもしれません。この記事ではケアレスミスが少ない人の特徴、ケアレスミスが多い人がやりがちな行動、仕事を丁寧にミス少なくこなすためのポイントなどを解説します。

この記事でわかること
  • ケアレスミスが少ない人の仕事の仕方
  • 周囲から敬遠される完璧主義の特徴
  • ケアレスミスが多い人あるある
  • ケアレスミスを減らすために見直すべきこと
スポンサーリンク

仕事のケアレスミスが少ない人の特徴

仕事の完成度が高く、うっかりしたケアレスミスが少ない人にはどんな特徴があるのでしょう。ケアレスミスが少ない人が仕事をするときの傾向をまとめました。

ケアレスミスが少ない人の特徴
  • 真面目
  • 責任感が強い
  • 仕事が丁寧
  • 完璧主義
  • 事前準備を怠らない
  • 確認を怠らない
  • 仕事熱心・意欲が高い
  • 締め切りに余裕を持って仕事を進める
  • 気持ちが落ち着いていて焦ることが少ない
  • 人の話をちゃんと聞いている
  • 人はミスをするものだ、と考えている

ケアレスミスが少ない人は、真面目で責任感が強く、仕事に丁寧に取り組む傾向があります。完璧主義な性格をしていることも少なくありません。仕事のために情報収集など事前準備をしたり、タスクを終えたときにもミスがないかしっかりと確認し、ミスの発生を防ぎます。ミスを防ぐためには手間暇がかかることもありますので、仕事熱心でやる気の高い人も多いでしょう。

仕事のミスが多い人は、締め切りギリギリになって焦ってしまうことも多いはず。たとえば経費精算の書類を月末月初のギリギリに作成し、記憶が曖昧だったり領収書探しに大慌て…ということもあるでしょう。ミスが少ない人は締め切りに余裕をもって行動します

上司やリーダーの話を聞き逃しがちな人も、仕事のミスを招きやすくなります。従来の方法からの変更点を説明されているのにうわの空で、ミスを連発ということも。

ただし、人はミスをする生き物です。だからこそ「ミスは起こりうるから、十分注意しよう」という意識を抱きながら仕事をするのが大切。ミスが少ない人も、こうした考えを持っていることが多いでしょう。

ケアレスミスが少ない人が感謝される理由

ケアレスミスが少ない人は、職場で感謝されることも多くなります。職場は部署が違ったとしても、チームワークで繋がっています。うっかりミスが誰かの二度手間や残業を招いてしまうこともあるからです。

事務職の仕事がスムーズになる

たとえば経費精算書類のミスが多いと、経理に迷惑をかけてしまいます。特に月末月初の繁忙期にミスを連発すると、ただでさえ忙しい人を疲れさせるでしょう。同様に勤怠書類や企画書の提出、契約書など、締め切りのある書類提出や業務のミスは誰かの仕事やプライベートにも影響する、と覚えておきましょう。

仕事の信頼度がアップする

ケアレスミスが少ない人は、周囲から「しっかり者」「誠実な人」と信頼されます。たとえ売上などの数字の成果には直接的に現れないとしても、細部まで丁寧に仕事をする人という印象は得難いものです。

ケアレスミスは少ないけど嫌われる人の特徴って?

ケアレスミスが少ない人は周囲から感謝されますが、一方で「あの人はミスが少ないけど、ちょっと苦手」と思われるタイプの人もいます。それは、周囲に対して「ミスするなんてあり得ない!」「ミスをして迷惑をかけないで」とプレッシャーをかけ過ぎる人です。

完璧主義な人は特に注意してください。自身の仕事をパーフェクトにしたいと思うあまり、周囲にも完璧を求めてしまうことがあります。ですが、人はミスをしてしまうものです。過剰に厳しい要求は、周囲にストレスを与えてしまうでしょう。

仕事のケアレスミスを減らすポイント

ケアレスミスが少ない人になって、職場の人から好印象を持ってもらうにはどんなことに気をつけるのが良いのでしょう。ケアレスミスを減らしたい人は、下記のポイントを意識してみてください。

マニュアルや仕様にしっかり目を通す

ミスは不注意が原因で起こることもありますが、そもそも仕事のマニュアルや仕様書、規則に十分に目を通しているか、改めて振り返ってみましょう。ただ目を通すだけでなく、実際に作業しながら確認していくのもおすすめです。

「仕事は覚えるもの!」と考えている人も、記憶に頼って仕事をするのではなく、マニュアルやメモを都度確認しながら、ひとつひとつを確実にこなすことを意識してみてください。

書類作成後は必ず見直しする

経費精算や勤怠に関する書類やデータを作成したときにおすすめなのが、必ず見直しをしてから提出することです。こうした書類は会社のお金にも関わりますし、ご自身の収入にとっても大切です。日付や金額、経路などの確認は面倒くさがらず、正確性を優先してミスを防ぎましょう

“ながら”仕事はしない!

ミスをしがちな人は、“ながら”仕事をしがちなのではないでしょうか。同僚とおしゃべりしながら、お菓子をつまみながら…など、他のことをしながら仕事をしていると、集中力が途切れやすくミスを招きます。オン・オフを切り替えて、仕事に集中する習慣を付けてください。

不安なときは誰かにダブルチェックを頼む

ミスをなくすためには見直しなどの確認が効果的ですが、それでもミスが発生することは誰にでもあります。不安なときや絶対にミスしたくない業務のときは、先輩や上司、信頼できる動慮などにダブルチェックを頼みましょう。仕事によっては部外秘の業務のこともありますので、ダブルチェックを誰に依頼するかはよく考慮してくださいね。

わからないことは質問して解決する

ミスが多い人の中には、自覚・無自覚にしろ自己流で仕事を進めることが原因のことも。「マニュアル通りに仕事をしていればミスをしなかったのに」という指摘を受けたことがあるかもしれません。

わからないことがあるときは、素直に周囲の人に質問しましょう。自己流や自己判断で進めてしまうと、「コミュニケーションが取れない人なのかな」「勝手な人だ」と思われるおそれもあります

ミスしたときは誠実に謝り、ミスから学ぶ

人は誰でもミスをするものです。ノーミスを目指したことがプレッシャーになり、かえってミスが増えることもあり得ます。ミスをしたときに大切なのは、迷惑をかけた相手に謝ること、ミスから学ぶことです。ミスをしても落ち込み過ぎず、「今回間違えた理由がわかったから、次はミスしないぞ!」と前向きに切り替えていきましょう。

おわりに:ケアレスミスを減らして信頼される人になろう♪

職場の人間関係をよくするためには、自分自身が信頼されることも大切! ケアレスミスが多いことに悩んでいる場合、仕事の仕方を見直して改善できるところから変えていきましょう。

コメント