新人・後輩に嫌われる教育係・慕われる教育係の違いとは?

会社の先輩・後輩人間関係の悩み
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

アクシスコンサルティング株式会社バナー画像

新人・後輩の教育係に選ばれる人にありがちな悩みが、新人・後輩との人間関係ですよね。「なぜか新人・後輩に嫌われてしまった」という人が印象を上げるにはどんなポイントがあるのでしょう。この記事では新人・後輩に嫌われる教育係と慕われる教育係の特徴を解説します。

この記事でわかること
  • 教育係に選ばれる人の特徴と必要なスキル
  • 新人・後輩に嫌われる教育係に見られる口癖
  • 新人・後輩から怖がられる教育係の特徴
  • 職場で迷惑がられる人の特徴
スポンサーリンク

新人や後輩の教育係に選ばれる人の特徴

入社してから数年が経つと、そろそろ仕事にも慣れて頼もしい存在になってくる時期ですよね。上司から「新人に仕事を教えてほしい」「後輩の教育係を頼む」と言われる人もいるでしょう。

新人・後輩の教育係に選ばれるのには理由があります。たとえば、下記の項目に当てはまる人は教育係に選ばれやすいです。

教育係に選ばれる人の特徴
  • 仕事の知識が豊富で能力が高い
  • 指導する業務について詳しい
  • 上司から信頼されている
  • 言葉で説明することがうまい
  • 人当たりが良い
  • 面倒見が良い
  • 新人や後輩と年齢が離れすぎていない
  • 教育期間にちょうど手が空いている

新人や後輩は会社にとって大切な人材です。教育係には、会社の人材育成の一端を担うことが期待されています。そのため仕事に関する知識や能力が十分なレベルにある人は、教育係として選ばれやすくなります

新人や後輩の成長を促すためには、EQのようなヒューマンスキルも必要です。また新人や後輩と年齢が離れすぎていると、ジェネレーションギャップによる摩擦が生じるリスクもあるため、教育係はあまり年齢が離れていない人が選ばれる場合もあります。

ちょうど良いタイミングで仕事が落ち着いている場合、教育に時間と労力をかけられるとみなされますので教育係を頼まれることもあるでしょう。

教育係に選ばれるメリットって?

教育係に選ばれるとその分の仕事が増えますが、しっかりと新人や後輩を成長させることができると、教育係としてメリットを得られます。

メンターや教育係に選ばれる人の特徴って?出世や評価アップになるの?
人材育成・人材確保のために「メンター制度」を取り入れる企業が増えていますが、メンターと教育係にはどんな違いがあるのでしょう。 この記事ではメンターとOJTの違い、メンターや教育係に選ばれることのメリット・デメリット、出世への影響などを解説します。

新人・後輩に嫌われやすい教育係の特徴

実際に教育係を経験してみると、なかなか大変なこともありますよね。「思ったより時間が取られる」「プレッシャーを感じる」など悩みはさまざまですが、「後輩との関係性」にストレスを感じる教育係もいます。

特に「教育係を頑張っていたら、新人や後輩に嫌われた気がする」という人は、下記のような行動をしているかもしれません。

新人・後輩に嫌われる教育係の特徴
  • 曖昧な説明が多く、話がわかりにくい
  • 声が小さく、何を言っているのかわかりにくい
  • すでに教えたことについて質問されても、同じことは二度と教えない
  • 新人や後輩がミスをすると小バカにしたり、ため息をつく
  • 「こんなこともできないの?」と責める
  • 「自分が新人のときはもっとできた」など比較する
  • 教育のためだと言って、残業しなければ終わらないような量の仕事を押し付ける
  • 教育にかこつけて、自分の仕事や雑用を押し付ける
  • 仕事の愚痴や自慢話を聞かせる
  • 雑談が多く、プライベートにまで突っ込んだ話をする

業務についてわかりやすく説明するのは、実はコツが必要です。その業務が「どんな目的を持っているのか、基本的な進め方、スケジュールの目安」などを簡潔に説明しなくてはいけません。ダラダラとした説明は要点がわかりにくく、新人や後輩が不安になってしまうでしょう。

業務の説明では言葉だけでなく、図やチャートを活用した資料を使って説明する教育係もいます。論理性や声の大きさなど、相手に伝わる説明になっているか改めてご自身の教え方を振り返ってみてください。

新人や後輩に対して過度に厳しい態度を取っていると、嫌われる可能性がぐっと高まります。厳しすぎる態度は相手にプレッシャーを与え、さらに理解が進まなくなってしまい悪循環です。基本的に、質問には誠実な態度で答えましょう。

教育係だからといって、新人や後輩に指示をする権限があるわけではありません。業務の指示をするのは上司やチームリーダーなどです。勝手に新人の仕事量を変えたり、自分の仕事を押し付けたりしてはいけません。

新人や後輩との会話にも気をつけましょう。優先しなくてはいけないのは、新人や後輩が業務を理解することです。業務に関係ない話をするときは、相手を不快にさせていないか、セクハラやパワハラになっていないかに注意してください。

嫌われているんじゃなく「怖がられている」かも?

「新人や後輩に嫌われているかも」と悩んでいる教育係は、「怖がられている」という可能性を考えてみてください。

新人・後輩に怖がられる教育係の特徴
  • 笑顔が少ない
  • 眉間にシワが寄っている、目を細めるなどの癖がある
  • 指導やアドバイスはするが、褒めることがない
  • 口数が少なく、話しかけにくい

もっと新人や後輩から親しみをもたれたい場合、ご自身の表情を意識しましょう。まずは笑顔を増やすところから始めてください。視力の低下をそのままにしていると、物を見るときに眉間にシワが寄ったり目を細めたりしがちです。

新人や後輩が仕事をちゃんとできるようになったり頑張っているところを見かけたら、積極的に褒めましょう。「仕事には慣れた?」「困っていることはない?」など、ちょっとしたことでもいいので話しかけてみるのもおすすめです。新人や後輩の緊張をほぐすことを目指していると、怖がられることもなくなっていきますよ。

新人・後輩に慕われる教育係はどんな人?

新人や後輩に慕われる教育係もいますよね。「この人が教育係で良かった!」と思われるような人には、次のような特徴があります。

新人・後輩に慕われる教育係の特徴
  • 表情が明るく、質問しやすい
  • 業務の説明が明確でわかりやすい
  • わからないことを理解できるまで、根気よく付き合ってくれる
  • 質問に対してしっかりと対応してくれる
  • 新人や後輩をよく褒める
  • 社内の人間関係に詳しく、教育期間中に新人や後輩がさまざまな人と知り合いになることができる
  • 上司や周囲の人から信頼されており、仕事を任されている
  • いらだちや不満などの感情をコントロールできる
  • 仕事とプライベートのオン・オフを分けている

次章では、新人や後輩に慕われる教育係になるための具体的な対策を解説します。教育係に選ばれた人は参考にしてくださいね。

新人・後輩に嫌われている教育係が改善すべきこと

新人や後輩との関係性に悩みがある教育係は、まず新人や後輩に対する接し方を見直してみましょう。

表情が暗い・笑顔が少ないのはNG!

業務の指導は一方的なコミュニケーションでは成立しません。新人や後輩からの質問に丁寧に答えることで、さらに理解が深まります。新人や後輩が質問しやすくなるように、話しかけやすい雰囲気を作りましょう。

新人や後輩に慕われる教育係は、表情が明るく笑顔が多いのが特徴です。声のトーンをやや上げることも印象が変わりますよ。

指導やアドバイスが否定から始まっていないか見直そう

教育係として指導をしていると、つい否定的な言葉を多く使ってはいませんか? 口癖になっているケースもありますが、否定的な言葉を多用していると相手は不快な気持ちになってしまいます

否定的な言葉の例
  • 「いや」
  • 「だからそうじゃなくて~」
  • 「前も言ったけど」 など

無意識に否定的な言葉を使っていることもありますので、使用頻度を減らすことができるように気をつけてください。

自分では気付いていない癖が出ていないか見直そう

否定的な言葉が口癖になっている可能性があるように、仕草でエチケット違反やマナー違反をしている場合、新人や後輩から嫌われてしまうことがあります。

職場で迷惑がられる困った癖
  • 声が大きく、話が筒抜け
  • 貧乏ゆすりをしている
  • 爪を噛む
  • 舌打ちをする
  • ドアの閉め方が強い
  • くしゃみをするときに口を覆わない
  • 会話中、自分ばかりしゃべる など

特に若い世代ほどこうしたエチケット違反やマナー違反に敏感なこともあります。マナーやエチケットはさまざまなシーンで重視されますので、これを機にご自身の仕草を見直してみてはいかがでしょう。

おわりに:自分を振り返り新人・後輩に慕われる教育係になろう

新人・後輩の教育係に選ばれるということは、それだけ上司などから信頼されているということです。教育係をしているときに新人・後輩との人間関係に悩みがあるときは、まずはご自身の工夫で解決できないか考えてみましょう。ただし新人・後輩の性格や相性などもありますので、一人で抱え込まずに上司に相談するのもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました