こじれた親子関係をポジティブに修復する方法って?

親子関係の修復方法人間関係の悩み
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こじれた親子関係に悩む人も、結婚や就職、親の老後などの節目には、親子関係修復について考えることがありませんか?

この記事では、親子関係のこじれや不仲に悩む人に向けて、親子関係のポジティブな修復法や良好な親子コミュニケーションについて解説します。

この記事でわかること
  • 人生で親子関係修復を考えるきっかけ
  • 親子関係を円満に修復をするためのポイント
  • 親子のポジティブなコミュニケーション
  • 親子カウンセリングのメリット
スポンサーリンク

結婚や出産?こじれた親子関係を修復するタイミング

親子関係がこじれた場合、関係が修復されないまま疎遠になることもありますよね。

ただし次のようなライフステージを迎えたときに、親子関係の修復を考えることがあるようです。

  • 子どもが社会人デビューするとき
  • 子どもが結婚・出産するとき
  • 親の老後を考えるとき
  • 子どもまたは親が病気や怪我をしたとき

上記のほか、家族に不幸があったり災害などが発生したときも親子関係を見直されることがあります。特別なことは起きていないけれど、不仲の親や子どものことがなんとなく気にかかる場合もあるでしょう。

こじれた親子関係を修復したくなった場合、どんな風に心の準備をするのがよいのでしょうか。

親子関係を修復するための心構え

こじれた親子関係を修復する場合、まずは心構えを整えましょう。親子関係がこじれたということは、気持ちのすれ違いや価値観の相違、トラブルの発生があったということです。

親または子ども、あるいは親子両方の心がダメージを負っていることも少なくありません。

こじれた親子関係を修復するためには、心の状態を整えて、気持ちを安定させるのが不可欠です。たとえば、下記のような心構えを持ちましょう。

  • 相手を尊重する
  • 親または子どもは、自分とは異なる独立した人間だと認識する
  • 相手の気持ちに耳を傾ける
  • 自分の気持ちや考えを伝える
  • 自分に対しても相手に対しても、客観的な視点を持つ

相手に対する怒りや不満が大きい場合は、無理に親子関係を修復しようとするのはおすすめできません。親子関係のさらなる悪化や心の不調を招くおそれがあります。

どうしても親子関係の修復を急いでいる場合は、第三者に間に入ってもらうのが安心です。

次章からは、こじれた親子関係を修復するための具体的な方法を紹介します。

手紙やメールで気持ちを伝える

親子関係のこじれの原因に多いのが、気持ちのすれ違いや価値観の相違です。親子喧嘩ひとつを取っても、どうして相手が怒っているのか、心が傷ついたのはなぜなのかなど、互いを理解できないことは珍しくありません。そうしたすれ違いの結果、誤解を招いて親子関係がこじれてしまうというわけです。親子関係の修復には、こうした誤解を丁寧にほどいていくことも大切です。

対面や電話は感情がヒートアップしてしまうことも多いため、手紙やメールで思いや考えを伝えてみてはいかがでしょう。

帰省やお墓参りなど家族行事に参加する

親子関係がこじれていると、顔を合わせる機会が減りがちです。しかし親子関係の修復を目指すならば、少しずつコミュニケーションを増やしてみましょう

お盆や年末年始は、特別な理由がなくても家族が集まりやすい時期です。実家に帰省する場合は手土産を用意すると、親への感謝が伝わります。親はご馳走や心を込めたもてなしで、子どもを歓迎しましょう。

また、お墓参りに一緒に行くのもおすすめです。上の世代の家族について話すうち、親子関係修復の糸口が見えてくることもあります。

ワークショップやイベントに親子で参加

お出かけやアクティビティが好きな人の場合、親子で一緒にワークショップやイベントに参加するのもおすすめです。親子関係がこじれていると会話に困ることもありますが、アクティビティを通して会話が弾み、心の距離が近づくことが期待できます。

親子で楽しめるワークショップやイベントには、

  • 果物狩り
  • 陶芸
  • DIY
  • 街歩き など

というように、さまざまな種類がありますよ。

親子旅行に行く

親子旅行がきっかけで、こじれた親子関係が改善されることもあるでしょう。旅先では開放的な気分になったり、心がリフレッシュされますよね。いつもは素直になれない人が心を開くチャンスでもあります。

過去に親子旅行で訪れたことのある場所を、再度訪れてみるのも面白いでしょう。思い出話に花が咲き、親子関係の見つめ直しにつながるかもしれません。

親子関係に関する映画や本に触れる

親子のコミュニケーションを取るには、まだ心の準備ができていないという人もいるでしょう。その場合は、親子関係に関する映画や本を見て、親子について考えるのもおすすめです。

親子関係がテーマの映画と本をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

こじれた親子関係の修復におすすめの映画・本20選
親子関係のこじれや不仲の修復に、映画や本がよいヒントとなることもあります。親子関係の問題を客観視したり、気持ちの整理整頓をするのに映画や本が役立つでしょう。 この記事では、親子関係をテーマにした洋画・邦画など映画10選、親子関係の問題のヒントになる本10選を紹介します。

親子カウンセリングを受ける

親子双方が「親子関係を改善したい」と考えているときにおすすめなのが、親子カウンセリングを受ける方法です。

親子カウンセリングとは
親子カウンセリングとは、親子問題を対象とし、親と子どもどちらもカウンセリングを受けること

プロのカウンセラーに話を聞いてもらいながら、親子関係がこじれた原因や関係改善に必要なことを探ることができます。

親と子ども双方のカウンセリング参加が基本ですので、協力が求められます。時間も費用もかかりますので、親子のどちらかの同意がない場合は難しいでしょう。

ただし、親子の問題に対してカウンセラーからのアドバイスやサポートを受けられるため、当人同士では見えなかった解決策が見つかる可能性もあります。

おわりに:こじれた親子関係を修復する方法を見つけよう

親子の問題は複雑に入り組んでいることがあり、解決には時間を要することもあります。だからこそ、親子関係を改善したいと思ったら行動するのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました