学歴コンプレックスをこじらせると恋愛・結婚がうまくいかない?克服する方法って?

学歴コンプレックスと恋愛・結婚こころの悩み
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

学歴コンプレックスは社会人の恋愛・結婚に影響することがあります。社会的知名度や収入格差など、学歴によって差が出ることもあります。恋愛・結婚において学歴はどの程度重視されるのでしょう。

この記事では学歴による恋愛・結婚のメリット・デメリット、学歴コンプレックス克服法などを紹介します。

この記事でわかること
  • 恋愛・結婚で高学歴がモテるケース
  • 学歴格差がもたらすデメリット
  • 婚活で人気が出やすい人の特徴
  • 学歴コンプレックスを克服して恋愛・結婚を楽しむ方法
スポンサーリンク

恋愛・結婚は高学歴の方が有利なの?

学歴コンプレックスを抱えていると、恋愛や結婚にもネガティブになってしまう人がいます。高学歴の人は、恋愛・結婚にメリットがあるのでしょうか?

高学歴の人は、恋愛・結婚において次のようなメリットを得やすい傾向があります。

  • 信頼を得やすい
  • 相手に覚えてもらいやすい
  • 就職先が大手企業や優良企業のことが多く、印象がよい
  • 親や友人に紹介しやすい
  • 収入が安定していることが多く、結婚相手として人気
  • 恋愛・結婚相手に高学歴を求める人から人気
  • 高学歴の人は、恋愛・結婚相手にも高学歴を求める場合がある
  • 頭がよく頼りになるという好印象を持たれやすい

恋愛・結婚相手に対して安定や社会的信頼性を求める人の場合、高学歴は好印象になります。一方で、高学歴には恋愛・結婚においてネガティブなイメージを持たれることもあります。

女性の高学歴は恋愛・結婚に不利なの?

高学歴の人に対して、「話や価値観が合わなさそう」「理屈っぽそう」というネガティブなイメージを抱く人もいます。

特に高学歴の女性は、恋愛・結婚で次のような理由から恋愛対象になりにくいこともあります。

  • 自分よりも優秀な女性だと、気が引ける男性もいる
  • 自分よりも収入が多い女性だと、気が引ける男性もいる
  • 学業や仕事に集中しており、恋愛・結婚に興味がなさそうに見える
  • 親が、男性の方が学歴が高いことを望んでいる

高学歴の人自身が自分の学歴に対してコンプレックスを抱いている場合もあります。「学歴の印象に対して自分の能力や地位が見合っているか不安」「学歴ではなく自分自身を見てほしい」という悩みもあるようです。

学歴コンプレックスについては、下記の記事も参考にしてください。

【前編】学歴コンプレックスとは?高学歴の基準や就活の学歴フィルターを解説
自分の学歴に劣等感や引け目を感じることを「学歴コンプレックス」と言います。学歴コンプレックスを感じない高学歴はどこからを指すのでしょう。この記事では、学歴コンプレックスを抱える人の特徴や悩み、高学歴とされる大学の基準などを解説します。
女子大ならではの学歴コンプレックスに悩む人に伝えたい女子大のメリット・強み
学歴コンプレックスとは大学のランクや就職率の高さを比較し、鬱屈した気持ちや嫉妬、自信のなさを抱えることを指します。女子大の学生や女子大出身者も学歴コンプレックスを感じることがあるようですが、その理由はどこから生じるのでしょう。

必ずしも高学歴であることが、恋愛・結婚にメリットをもたらすとは限りません。恋愛・結婚の相手には、自分の学歴と同じくらいのレベルを求める人も多くいます。

結婚相手は「同じ学歴」がいい?学歴格差があるとうまくいかない?

学歴コンプレックスは就職コンプレックスと関連していることもあります。学歴が、社会人になってからの収入格差や社会的地位の格差につながることも少なくありません。

高学歴の家庭は収入が多いというデータもあり、高学歴同士の恋愛・結婚は、育ってきた家庭や親の価値観が似ていることもあります。とはいえ、親と子は違う人間ですので、必ずしも家庭環境や親の考え方が重視されるべきとは限りません。

共働き世帯が増えたこともあり、夫婦が経済的にお互いを支え合う家庭が一般的になりました。家事の分担や仕事への理解などをスムーズにするということからも、「結婚するなら学歴は同じくらいの人がいい」「収入も同じくらいの人がいい」という価値観も増えています

学歴が同じくらいの夫婦の場合、下記のようなメリットがあります。

  • 収入に大きな差が出にくい
  • 収入が同レベルだと家事の分担がしやすい
  • 夫婦間格差が小さく、対等な関係性を築きやすい
  • 学歴格差や収入格差による夫婦間のプレッシャーやストレスが発生しにくい
学歴以外の魅力が素敵なご縁を導いていることは多いのです。

婚活で人気が高い男性の特徴

学歴を問わず、婚活で人気が高い男性には次のような特徴が見られます。

見た目
  • 服装や身なりに清潔感がある
  • 太り過ぎまたは痩せ過ぎでない
  • TPOに合った服装ができる
  • 笑顔が多い
内面
  • 一般常識が身に付いている
  • 誠実で優しい
  • 話が合う
  • 金銭感覚が合う
  • 将来設計をしっかりと立てている
  • 女性のキャリアアップや仕事に理解がある
  • 子どもの有無の希望などライフプランが一緒
  • 安定した仕事に就いている

婚活で人気が高い女性の特徴

学歴を問わず、婚活で人気が高い男性には次のような特徴が見られます。

見た目
  • 品のある服装をしている
  • ブランド品ばかりを身に付けていない
  • 太り過ぎまたは痩せ過ぎでない
  • 笑顔が多い
内面
  • 一般常識が身に付いている
  • 話が合う
  • 金銭感覚が合う
  • (特に子どもを望んでいる場合)年齢が若い
  • 子どもの有無の希望などライフプランが一緒
  • 安定した仕事に就いている

男女ともに大切にしているポイントは、マナーや言葉遣いなど一般常識が身についていること、仕事や金銭感覚など価値観が合うこと、結婚生活や出産などのライフプランのすり合わせができるかどうかです。

高学歴がメリットになることもありますが、これらのポイントにずれが感じられると、恋愛や結婚がうまくいかないことは多いものです。

しかしながら、自分の学歴にコンプレックスがある場合、恋愛や結婚に前向きになれないこともあるでしょう。次章からは、学歴コンプレックスに悩む人が自信を付けて婚活に前向きになる方法を紹介します。

学歴コンプレックスを克服して婚活を成功させる方法

学歴コンプレックスを克服し、婚活を成功させるためのポイントを紹介します。

マナー教室のレッスンを受ける

学歴が高くても低くても、マナーや一般常識が身に付いていない人は、恋愛や結婚で敬遠されがちです。婚活ではパーティー形式のイベントや一対一のお食事の機会がたくさんあり、食事のマナーがチェックされます

マナー教室では食事の作法やTPOに合った服装、言葉遣いなどのレッスンを受けることができますので、品格をアップさせたい人におすすめです。

肌や爪の手入れをする

肌や爪が綺麗に手入れされていると、清潔感あふれる健康的な印象を与えます。洗顔後に化粧水や乳液でケアしたり、日中は日焼け止めを塗るなどしてみましょう。

爪は伸びっぱなしにせずに、こまめに長さを整えてください。女性の場合、派手なネイルは万人受けするとはいえません。ただしネイル含めた自分自身を受け入れてくれる人を探している場合、ありのままの自分を出していくのもおすすめですよ。

髪型を変えてみる

男女ともに目が隠れるような髪型をしていると、親しみやすさが感じられにくくなります。前髪は目にかからない長さ、あるいは横に流すなど整えましょう。

カラーリングの色あせやダメージヘアが目立つ場合は、美容院に相談してメンテナンスしてもらってください。

転職でキャリアチェンジをする

学歴や職歴がコンプレックスの場合、転職で大手企業や優良企業を目指してみましょう。そうした企業は人気が高く、転職を成功させるにはスキルアップや経験が必要です。

能力を客観的に証明するためにも、資格取得に挑戦するのもおすすめです。士業系の資格を取得できた場合、転職だけでなく独立という選択肢も増えるでしょう。

資産運用で収入を増やす

収入のコンプレックスを克服したい場合、資産運用を始めるという方法もあります。転職は環境の変化を要しますが、資産運用は仕事を変えなくても始められます。

積立NISAや株式投資、不動産投資など、さまざまな資産運用の方法があります。ただし資産運用には十分な知識がないと失敗してしまう可能性が高いです。資産運用の勉強や情報収集をした上で、無理のない範囲で始めるのが安心です。

社会人の大学入学・大学院入学にチャレンジする

今の学歴のままではどうしてもコンプレックスから抜け出せない場合は、学歴を更新しましょう。

社会人で大学入学や大学院入学にチャレンジする人が増えています。MBA取得や専門知識の追求など、社会に出て働いた経験を勉学に活かし、さらなるスキルアップを図ることができます。

無事に卒業することができれば、最終学歴を更新することが可能です。ただし社会人になってからの学生生活は、勉強時間の確保や学費・生活費など考えるべき課題もあります。

おわりに:学歴コンプレックスを克服して恋愛・結婚を楽しもう

恋愛や結婚における学歴コンプレックスを克服するためには、考え方を変えたり、何か行動をしてみることがおすすめです。自分に自信をつけて、恋愛・結婚を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました