本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

友達と生活水準が違うかも…!?友達に収入コンプレックスを感じたときの対処法

生活水準の違いお金が貯まらない
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

社会人になると友達との生活水準の違いや収入格差に悩むことも。この記事では友達に対してコンプレックスを抱いたときや付き合い方を考え直すヒントを紹介します。お互いを尊重し合う関係づくりの参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • 社会人の友達関係の悩みの解決法
  • 友達との収入格差を感じる瞬間
  • 生活水準の違いに悩んだときの考え方
  • 友達と程よい距離感で付き合うポイント
スポンサーリンク

友達との生活水準に悩むのはどんなとき?

社会人になるとお金の自由がききますよね。一方で、お財布事情が悩みになることも。友達と食事にいったり遊びにいったとき、生活水準の違いを痛感したことはありませんか? たとえば次のようなシーンで、友達との生活水準の違いを感じることがあるでしょう。

食事の予算に格差を感じる

社会人になると、友達とカフェやレストランなど飲食店でじっくり話をすることが増えますよね。そんなとき、好きなお店のグレードで生活水準の違いを感じることも。一回の食事で数千円~数万円出しても構わない友達の場合、会うたびにお財布事情が厳しくなるかもしれません。

服やアクセサリーに格差を感じる

身に付けている服や靴、アクセサリー、時計などで生活水準の違いを感じることもあるでしょう。ハイブランドのものやオーダーメイドを好む友達に対し、プチプラばかりの自分では気が引けるというケースなどがみられます。

家や車など不動産で格差を感じる

社会人になると、家や車の購入が話題になることも多くなります。家があるエリア、広さ、車種などで生活水準の違いを感じることはあるでしょう。

旅行の頻度や充実ぶりに格差を感じる

「毎年必ず海外旅行に行く」「ラグジュアリーなホテルに宿泊した」など、旅行の話で生活水準の違いを感じることも少なくありません。新幹線や飛行機のチケットだけでもお金がかかるのに、贅沢なプランを実現している友達に対しては格差を感じる人もいるでしょう。

子どもが私立・有名進学校に進学

育児で生活水準の違いを感じるケースもあります。特に私立への進学や有名進学校合格などで家庭の経済力がはっきりすることも。塾や学費、習い事など育児は生活水準や育児に関する金銭感覚や価値観の違いが出やすい話題です。

友達との間に感じる収入コンプレックス

社会人になってから友達との生活水準の違いを感じるようになると、収入格差というコンプレックスにつながることもあります。収入コンプレックスには、下記のような違いが影響していることが少なくありません。

友達が大企業勤め

社会人になって友達にコンプレックスを感じる原因は、就職先の企業かもしれません。友達が大企業や有名企業に就職・転職した場合、肩書やイメージに格差を感じることがあるでしょう。企業規模や業績は、収入格差につながることもあります。

友達のパートナーが高収入

友達の彼氏や彼女、夫、妻が高収入の場合、生活水準の差が生まれる要因になります。会話をしていると、デートやプレゼント、家などに収入格差を感じることもあるでしょう。

友だちの実家が太い

友達の実家が裕福なケースも、生活水準の差を感じる原因のひとつです。親から生活の援助をしてもらっていたり、身に付けているものが昔から高品質のものであることも。立ち居振る舞いが上品で優雅な場合もありますので、ちょっとした所作や言葉遣いから生活水準の差を感じることがあってもおかしくありません。

生活水準が違う友達と付き合うデメリット

友達と生活水準の差を感じている場合、一緒に出かけたり遊んだりするときにデメリットが生じることがあります。

生活水準の違いによる悩み
  • 食事をするお店決めで悩む
  • 友達と自分を比べて落ち込む
  • 友達への嫉妬が生まれる
  • 友達からマウンティングされる
  • 現状に満足できなくなる など

生活水準が違うということは、支出の予算が違うことがほとんどです。食事ひとつでもお店の好みが合わないこともあり得ます。こうしたズレを感じると、友達と自分を比べて落ち込んだり嫉妬をしたりすることもあるでしょう。

逆に、友達からマウンティングされるケースも考えられます。「このくらい高くないでしょう」「〇〇はハイブランドの物、買わないの?」など収入格差からマウンティングされることも

生活水準の違いや収入格差を感じると、あなた自身が現状に満足できなくなるおそれがあります。たとえ生活が苦しくなくても自分がみじめに感じられたり、見栄を張って背伸びをした買い物をしてしまいかねません。

生活水準が違う友達との付き合い方

友達と生活水準の違いを感じるとき、上手に付き合うためにはどのようなことに気をつけると良いのでしょう。

遊びの内容を提案する・幹事になる

友達に食事や遊びのプランを任せると、コストのかかる内容になってしまうことが考えられます。その場合、ご自身がプランを考えたり幹事になることで、予算をある程度コントロールできます。

年に数回の贅沢と割り切る

生活水準の違う友達との時間は、年に数回の贅沢と割り切るのもおすすめです。会う頻度が高いと経済的に厳しいとしても、無理のないペースで友達に会うことで非日常感を楽しめます

友達と競おうとしない

生活水準の違いや収入格差がコンプレックスになったとしても、友達と競おうとはしないようにしましょう。無理をしてハイブランドのアイテムを買ったりしていると、歯止めが利かなくなるおそれがあります。収支が赤字になるだけでなく、クレジットカードのリボ払いや借金に手を出すリスクが発生するでしょう。

素直に打ち明ける

友達の価値観に合わせるとお財布事情が厳しいことを、正直に打ち明けるという方法もあります。「〇〇と一緒だと豪華な時間を楽しめるけど、実は節約中なんだ」など、相手を尊重しつつご自身の状況を説明するのが安心です。生活水準に差がある人同士でも、お互いのことを大切に思う友達であれば、場所やお店のグレード関係なく楽しめるよう工夫できるでしょう。

マウンティングしてくる友達とは距離を置く

友達がマウンティングしてくる場合、距離を置くという方法もあります。一緒にいて楽しい気持ちになれませんし、あなたの自己肯定感や自尊心が傷つけられることもあります。友達が減るという感覚は辛いかもしれませんが、その分の時間を自分磨きやリラックスに使うこともできますよ

おわりに:社会人の友達関係はお互いを尊重することが大切

友達と生活水準の違いや収入格差を感じたときの対処法を紹介しました。友達関係はお互いを尊重することが大切。素直になったり時には距離を取ったりしながら、友情を維持していきましょう。

コメント