ステップファミリーが親子関係を円満に築いていくにはどんなポイントがある?

ステップファミリーの関係構築こころの悩み
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

離婚や再婚がめずらしいことではなくなり、血のつながりはない家族のかたち「ステップファミリー」を築く人も増えてきました。

この記事では、ステップファミリーが円満に親子関係を築いていくためのポイント、子どもとの接し方についてご紹介します。ステップファミリーの親子関係が気になる方は、ぜhttps://nayami-manual.com/wp-admin/profile.phpひ一読してください。

この記事でわかること

  • ステップファミリーが抱える不安や課題
  • 養親が子どもの気持ちに寄り添う方法
  • ステップファミリーの親が注意したい子どもとの接し方
  • 結婚・再婚前後に子どもと話し合っておきたいこと
スポンサーリンク

子連れ再婚の「ステップファミリー」の意味って?

ステップファミリーとは、結婚や再婚をすることにより、血縁関係のない親子関係や姉妹兄弟関係を結ぶ「家族(家庭)」のことを指します。

近年、結婚するカップルの4組に1組は再婚(夫婦のどちらか、または両方が再婚)であり、その中には子どもを連れて再婚する「ステップファミリー」となる人たちも多いです。

ステップファミリーでは家族になった最初から子どもがいること、離婚した家庭での経験が心に残っていることが特徴といえます。そうした特徴から、以下の2つの問題が生じやすいとされています。

  • 家庭内の人間関係が複雑化しやすい
  • 生活習慣やルールが変わるため、不満を持ちやすい

ステップファミリーがひとつの家族としてのまとまりを持つためには、夫婦が心を合わせ、子どもを含めた家族で何度も話し合いながら、問題点が起こったらその都度一つずつ解決していく努力が大切です。もちろんすぐに実るものではなく、家族がひとまとまりになるまでには平均して4〜5年程度かかると考えられています。

5〜7年くらい経つと、ステップファミリーもかなり落ち着き、家族としてのまとまりを感じられるようになってくるようです。ステップファミリーでは子どももある程度成長した状態からスタートすることが多いため、まとまりが生まれた後は初婚家庭よりも安定した家庭になれるとも言われています。

親子関係がうまくいかないのでは…不安を和らげるポイント

ステップファミリーで最も大きな問題となるのは、親子関係です。子どもにとっては実の親と養親が両方できることになりますので、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、子どもと良好な関係を築くために注意したいポイントを「家族になる前」「家族になった後」に分けてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

家族になる前に気をつけることは?

ステップファミリーを築く前には、実の親子間の関係、子どもと別れた実親との関係を確認し、子どもの気持ちを理解しておきましょう。

実の親子関係は良好かどうか
  • 子どもとの関係性は、ステップファミリーの「核」となるため、重要視する
  • 実の親子間で意見が食い違っている、子どもが親を信頼していないなどは、結婚後にトラブルになりやすい
  • 子どものことを第一に考え、実の親子関係を良好に保っておく
子どもと別れた実親の関係
  • 子どもにとっては、別れた実親も親には変わりない
  • 離れ離れになっても、子どもにとってはかけがえない大切な家族の一人である、という意識を尊重する
  • 実際に子どもは別れた実親のことをどう受け止めているのか理解に努める

ステップファミリーを築く上で、一番に尊重すべきなのは子どもの意思です。新しく家族になる養親に対しては、戸惑いを抱いてしまうのが当たり前なのです。

子どもと養親が上手に付き合えるケースがありますが、スムーズに新しい環境を受け入れられない子どもは少なくありません。

子どもがどうしても養親を受け入れられないときは、再婚の考え直し、タイミングの見直しも含めてよく検討し直しましょう。

子どもは、親が思っている以上に物事を敏感に感じ取り、よく考えています。親は、子どもの意思をきちんと聞いて尊重し、子どもが抱える不安を取り除いてあげることを優先してください。

家族になった後、どんなことに気をつければ良い?

結婚後に家族になってから、養親と子どもがどう関わり、家族になっていくかもやはりステップファミリーの重要なポイントです。

いくら養親と言っても、これまで他人だった人間が突然家族になるわけですから、子どもも大人も気持ちの上で戸惑ってしまうのは当然のこと。特に、子どもにとって親はまだまだ世界の中心です。突然、他人が親として自分の世界の中心に入ってくることを受け入れられない子どもも多いのです。

再婚前に仲良くなっている、既に親だと認めている場合はともかく、いつまで経っても養親を自分の親と認められないケースも十分に考えられます。

子どもの気持ちに対しては慎重に向き合い、無理に変えようとしないようにしましょう。子どもがなつかないと思うと養親の方も焦ったり、つい無理強いしたりしてしまうことも多いのですが、これは逆効果です。

もし、子どもがなつかない問題を改善したいと思うなら、とにかく子どもとよくコミュニケーションをとりましょう。自分が子どものことをしっかり見守っている、大切な家族として真剣に向き合っている、ということが子どもに伝わるよう、親としての愛情を持ってじっくり接していけば、子どもの気持ちもほぐれてくるかもしれません

子どもと接するときの心構え
「親はこうあるべき」「子どもはこうあるべき」という形にとらわれなず、コミュニケーションをしっかりとる
連れ子と実子の扱いの違い
連れ子の他に実子がいる場合、どちらにも平等に愛情を注ぐことはもちろん、実子が生まれた後は連れ子のことをよく気にかける

連れ子と実子を区別なく愛情こめて育てることはもちろん、実子が生まれた後は連れ子をよく気にかけてあげましょう

両親と血がつながっている実子に対し、片方の親としか血がつながっていない連れ子はどうしても嫉妬心や不安感を抱きやすいものです。加えて、両親が生まれたばかりの実子にかかりきりになってしまうことで、家族の中に居場所がないと感じてしまう連れ子も少なくありません。

もし、実子が生まれたことで連れ子が寂しそうにしているときは、連れ子のことをしっかり見守り、会話やスキンシップの機会を意識的に増やしましょう。子どもに「あなたのことを大切に思っていて、かけがえのない子どもに変わりはない」ということをきちんと伝え、子どもの不安を取り除いてあげることが大切です。

誰か一人が辛さを抱え込まないように

ステップファミリーでは、誰かが我慢して辛い気持ちを抱えてしまわないよう注意が必要です

誰か一人が辛い思いをしていては、家族全員が幸せになることもできません。子どもの気持ちを尊重するのが優先と説明してきましたが、親となる大人の気持ちも無視していいものではありません。

ステップファミリーの家族全員がスムーズにコミュニケーションでき、良好な人間関係を築けることが理想的です。誰か一人が感情を出せなくなることのないよう、家族全員がよく話し合い、お互いに思いやりながら関わり合っていきましょう。

家族になる前に…子どもの気持ちを思いやる再婚の伝え方

ここまで、養親となる人に対しての心構えをご紹介してきました。では、実際にステップファミリーとなる前、子どもに再婚することをどう伝えれば良いのでしょうか。

子どもの気持ちを必要以上に傷つけたり、子どもの気持ちを無視したりすることがないよう、次のような内容を子どもによく説明し、理解してもらえるよう努めましょう。

  • パートナーができ、再婚しようと考えている親の気持ち
  • 転居、転校、苗字の変更など、生活が変わること
  • 再婚しても、実の両親は今まで通り「あなたの親」であることは変わらないこと
  • 別れた親も今までどおり子ども(あなた)を愛していること、新しい親も同じように子どもを愛していること

この説明を、1回や2回ですんなり理解できる子どもは少ないでしょう。新しい親と既に対面を済ませている場合、新しい親と仲良くすることは実の親に対して後ろめたいと思う子どもや、一人親との結びつきが強く、親をとられたような気持ちになる子どもも多いです。

子どもが戸惑ったりショックを受けたりしてしまったら、以下のようなことを心がけましょう

  • 子どもの怒りや悲しみ、願いに耳を傾ける
  • 子どもの質問には、正直に穏やかに答える
  • 一度や二度でなく、何度でも話し合う時間を持つ
  • できるだけ、子どもの気持ちや意見に沿うよう心がける

もちろん、子どもの気持ちや意見を聞いても、必ずしもそれを実現できるとは限りません。しかし、重要なのは「必ず子どもの願いを叶えること」ではなく、「子どもが納得できるまで十分に話し合いをすること」です。

子どもにとっては、自分の思い通りにならなくても、自分の気持ちをわかってくれた、意見を聞いてもらえたということで自分を大切にしてもらえたと感じられ、ステップファミリーとなった後の気持ちの安定につながります。

子どもから何と呼ばれたい?お父さん・お母さん以外の呼び方も

子どもは、ステップファミリーとなった養親をお父さん、お母さん(パパ、ママなど)という名前で呼べず悩んでしまうことも多くあります。

こうしたときは、やはり無理強いはいけません。一般的な家族としての呼び名を強要するのではなく、ニックネームなど自由な呼び方を子どもに選ばせ、フレンドリーに接すると子どもとの関係を上手に築きやすいでしょう。

実の親とはどんな違いがある?

ステップファミリーを築く上で、実親と養親の役割分担を決めておくことも重要です。まず、子育てにおいて主体となるのは子どもにとっての「実親」と考えましょう。実親は子どもに対してしっかりしつけを行いながら愛情たっぷりに接し、養親はサポートをする形で寄り添いながら関わっていく、というものです。

養親が主体となってしつけをしようとしたり、実親が子どもにそっけない態度で接してしまったりすると、子どもは不安定になりやすくなります。養親は子どもに対してフレンドリーに優しく接し、話しかけやすい雰囲気を出しましょう。いつでも子どものことを思いやり、優しく接することで徐々に養親と子どもの信頼関係も築けるはずです。

また、そもそも養親と子どもが最初からうまくいかないのは当然と、ある程度割り切ることもひとつの方法です。もちろん、スムーズにコミュニケーションをとり、上手に関係性を築いていけるのは理想ですが、理想に囚われてはいけません。

子どもは「家族だけれど、血はつながっていない」という関係の養親を受け入れるのに時間がかかるものです。親として認識させることを子どもに強要するのではなく、単に「自分のことを理解し、愛情もって接してくれる、信頼できる大人」であると感じてもらえることを目指しましょう。

家族になるためにはパートナーとの協力が必要

連れ子との関係性と同じくらい、パートナーとの信頼関係やコミュニケーションも忘れないようにしましょう。お互いに子どもがなつかない、子どもとの関係に悩むといった愚痴はあるかもしれません。

どうすれば子どもの気持ちに寄り添えるか、ポジティブに協力関係を築くことが重要です。パートナーと協力関係になれれば、よりいっそう絆も深まるでしょう。

子どものワガママや反抗は「試し行動」かも

ステップファミリーの関係がだんだんと安定してくるにつれ、子どものワガママや反抗的な態度が目につくようになってくることがあります。しかし、こうした行動のほとんどは「試し行動」と呼ばれ、新しい親が自分のすべて(良い面も悪い面も)を本気で受け入れてくれるか、受け止めてくれるか試しているのだと考えられます。

試し行動は幼児期〜小学生くらいの子どもでよく見られ、親子関係の緊張感がほぐれてきたサインだとも言われています。例えば、以下のような行動が見られます。

  • 聞き分けのない態度をとる
  • きりのない要求をしてくる
  • 反抗と大泣きを繰り返す
  • 赤ちゃん返りする
  • 親に悪態をついたり、挑戦的な行動をしたりする

試し行動が出ると、実親としても養親としてもついワガママを許してはいけない、きちんとしつけなければと思ってしまうのですが、厳しいしつけはかえって逆効果になり、試し行動を長引かせてしまいます。試し行動が出たときは、「自分に慣れてきてくれたんだな」という気持ちでおおらかに受け止め、見守ってあげましょう

試し行動は、子どもが安心して親の存在を受け入れられるようになれば、数ヶ月〜1年程度で落ち着くとされています。試し行動を乗り越えれば、安心と信頼関係に裏打ちされた良い親子関係が築けるでしょう。養親も実親も慌てず騒がず、子どもの感情の発露を優しく見守っていくことが重要です。

悩んで辛いときは自治体の相談窓口を利用してみて

ここまで、ステップファミリーを築く上での心構えや対策をご紹介してきましたが、親子関係も人間関係である以上、マニュアル通りに行かないことはたくさんあります。どうしても悩んだときは、まず自治体の相談窓口を利用してみましょう

例えば、兵庫県小野市ではステップファミリーをサポートするため、自治体が大人向けと子ども向けに資料を提供しています。ホームページからも無料でダウンロードできますので、ステップファミリーを築こうと考えたときは、まず読んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、こうした取り組みは兵庫県小野市だけでなく、各自治体がさまざまなサポートを用意しています。ぜひ、ステップファミリーの人間関係に悩んだときは、お住まいの自治体のホームページをチェックしてみてください。

おわりに:ステップファミリーは子どもの意思が最重要。強要せず人間関係を築こう

ステップファミリーを築くとき、再婚はパートナー間だけの問題ではなく、子どもも含めた新しい人間関係の問題となります。ですから、大人よりもずっと傷つきやすく心がもろい子どものことを最優先に考えてあげましょう。

ステップファミリーでは初婚家庭よりもさらに、伝統的な家族の枠組みに当てはめすぎないことが重要です。連れ子と最初からうまくいかないのは当然と考え、積極的にコミュニケーションをとるよう心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました