営業部からのステップアップ?営業企画部のキャリアパスや収入アップの目指し方

営業戦略会議に出席する営業企画部キャリアアップ・求職
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

商品やサービスを効率よく売るための戦略を練る仕事を「営業企画」と呼びます。やりがいが大きい分、プレッシャーもあるのが営業企画です。この記事では営業企画部の仕事内容や一日の仕事の流れを紹介します。

営業企画部としてスキルアップするために習得したいスキルや資格、キャリアパスの種類について見ていきましょう。

この記事でわかること
  • 営業企画部の仕事内容と求められるスキル
  • 営業担当者から営業企画部へのステップアップの描き方
  • 昇進、異動・転職、独立など営業企画部のキャリアパス
  • スキルアップのためにチャレンジしたい資格
スポンサーリンク

営業企画部の仕事内容や平均年収、やりがいって?

営業企画部の仕事は、自社の商品やサービスの売上拡大の戦略を立てて実行させることです。たとえば営業に関わる情報収集・分析、営業担当者の営業活動のサポートなどが仕事内容に当たります。

営業企画部の仕事内容
  • 市場調査・分析
  • 営業戦略の立案
  • 営業戦術の策定
  • 営業担当者とのミーティング、司会進行
  • 営業活動への参加
  • 営業実績の分析
  • 広告の企画や販促ツールの制作
  • 見本市への出展
  • 営業推進イベントの企画・運営
  • 営業コンテストやインセンティブの立案 など

営業企画部という部署は、企業によっては独立して設けられていません。営業担当者が営業企画を兼任しているケースが多いです。

営業企画部の平均年収は450~500万ほどであり、安定した収入を見込めるでしょう。インセンティブ(成果報酬)が設定されている企業では、営業戦略が成功したときに収入アップが期待できます

営業企画部のやりがいは、会社の業績アップに役立つことができる点です。自分ひとりの営業成績という視点ではなく部署や会社の目標達成を支えますので、達成できたときは大きなやりがいが感じられます。その分、数字として目標不達成が見えますので、プレッシャーも大きくなりやすいでしょう。
企業によっては営業企画部は経営陣と近い距離に位置し、重要なポジションとみなされます。

営業部と営業企画部の違い

営業企画部の仕事は、自の商品やサービスをどのように売っていくか営業戦略を立てることです。市場調査や分析結果で得たデータを扱い、効率的な営業活動の進め方を計画します。

対して営業部の営業担当者は、顧客に対して実際に営業活動を行います。その際に営業企画部が立てた営業戦略に基づいて営業を進めたり、営業企画部が作成した営業ツールを使用します。

営業企画部の一日の仕事の流れや繁忙期って?

営業企画部の一日の仕事の流れの例を紹介します。

  • 出社:メールチェック
  • 情報収集:市場の動向や競合他社について情報収集
  • ミーティング:営業戦略の進捗を確認
  • 営業企画会議:商品企画部、営業部と営業戦略についてミーティング
  • 休憩
  • 販促ツール作成:会議で決まった方針に合わせて販促ツールを作成
  • 商談:自ら顧客のもとへ出向き、営業活動を行う
  • 退社

上記は、営業活動も行う営業企画部の仕事の例です。営業企画専門の場合は、顧客への営業活動は営業部に任せます。

営業戦略を練るべき新商品や新サービスがリリースされる前後の時期は、データ分析などで忙しくなるでしょう。見本市などイベント出展がある場合、出展に向けた準備を期日までに完了させなくてはいけません。仕事量やスケジュール管理次第では、残業も発生します。

営業企画部に向いている人の特徴やスキル

営業企画部として活躍するためには、下記の能力やスキルを持ち合わせているとスムーズでしょう。

  • 分析力、洞察力
  • 営業経験、知識
  • 企画力
  • 管理能力
  • コミュニケーション能力

市場動向や競合他社、自社製品の立ち位置を調査・分析する能力は欠かせません。数字を的確に扱うこと、論理的に戦略を導くことが求められます。そのようにして営業戦略を考える際、営業活動の経験や知識は非常に役立ちます。マーケティング理論、経営学、商学、プランニングなどの知識があると戦略立案の基礎になるでしょう。

データや数字のほか、世の中に自社商品やサービスの魅力を伝えるにはどうすればいいか、アイデアを考える企画力も重要です。

営業企画部は、企画部や開発部が生み出した商品やサービスについて、売上をアップさせるための営業戦略を考えます。営業部と戦略を共有し、効率的な営業活動をサポートしなくてはいけません。社内の他部署と連携をしつつ、営業戦略の進捗や目標達成率を把握し、必要あれば戦略を修正します。プロジェクトを管理する能力、関連部署間を調整するコミュニケーション能力が必要です。

未経験で営業企画部に就職できる?営業からのステップアップが主流?

営業企画部として働くためには、営業企画部に配属されるか、営業企画部がある会社に転職する方法があります。

新卒で営業企画部に配属されることはあまりありません。まずは営業担当者として営業部に配属され、経験を積んでいくと営業企画の仕事に携わることもあります。営業企画部が設置されている会社であれば、営業担当者として実績を積みつつ、営業企画部への異動を希望していることを面談などで伝えていきましょう。

中途採用では経験者が優遇されます。未経験で営業企画への転職にチャレンジする場合、営業やマーケティングなど、営業に関する経験や知識を身に付けていると自己アピールにつながるでしょう。

営業企画部のキャリアパス

営業企画部のキャリアパスとしては、営業企画部の管理職に昇進、他部署へ異動または転職、独立という将来が描けるでしょう。

営業企画部または営業部の管理職に昇進

営業担当者として顧客への営業で経験を積み、営業マネージャー、課長、部長などへ昇進するキャリアパスです。営業担当者として優秀な成績を達成すること、社内でもコミュニケーションを取ること、マネジメント能力を伸ばしていくことがポイントとなるでしょう。

経営企画や事業企画に携わると、より経営の根幹に携わることができます。将来的には会社の役員になる可能性も高められます。

他部署へ異動または転職

営業企画部で培ったスキルを活かし、商品企画部や開発部への異動を希望する人もいます。営業時代に顧客から直接ヒアリングしたことや営業企画部での情報収集・分析経験が、企画・開発にも役立ちます。営業戦略をイメージしながら企画・開発をすることは、自分にとって強みになるでしょう。

また、商社や貿易会社などに転職するキャリアパスも描けます。営業力や営業企画部の経験が、モノを売るという業界では強みになります。

営業コンサルタントや起業家として独立

営業企画部から独立を目指すキャリアパスも考えられます。営業に関するノウハウを活かして営業コンサルタントに転身する人もいます。また、自分で事業を立ち上げて起業するときも、営業戦略立案やブランディングの経験を活用できます。

営業企画部のスキルアップ・収入アップにおすすめの資格

営業企画部としてスキルアップしたい人、収入アップを目指す人は、資格を取得して知識や能力を磨くことがおすすめです。

営業企画部の人が習得すると役立つ資格を紹介しますので、参考にしてください。

ビジネスキャリア検定

厚生労働省が定める職業能力評価基準に準拠した試験内容で、8分野44試験の中から自分に合った試験を受験します。営業企画部であれば、「営業・マーケティング」「経営戦略」の分野で資格取得を目指しましょう。

初心者向けのBASIC級から、部長・ディレクター担当職相当の1級まで等級が分かれていますので、キャリアアップに合わせて上級を取得するのもおすすめです。

仕事のために必要な知識と実務能力が問われます。

ネットマーケティング検定

Webを活用したマーケティングに関する知識を問う試験です。Webを通した売上拡大、ブランディング、業務の効率化に関する知識を学習できます。営業活動のための提案力やサポート力の向上を目指す人はチャレンジしたい資格のひとつです。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング実務の知識を総合的に判定する試験で、2005年からの歴史があります。計数管理や戦略知識、マーケティング関連法務について出題されます。A級、B級、C級のうち、A級の難易度が最も高く管理職を目指す人のキャリアアップにおすすめです。

マーケティング・マスターコース

「価値創造型マーケター」を育成することを目的とした、約一年間の学習講座です。最新のマーケティング管理手法などを事例を通して学習します。ワークショップ、ゼミ、ディスカッション、論文作成などでコースが構成されています。参加するためには参加要項を満たさなくてはいけないほか、受講料は100万円近くと高額です。

TOEICなど外国語の語学力

外国の商品やサービスを導入する場合などは、語学力があると仕事がスムーズに進められます。海外市場向けの営業戦略が必要とされる企業の場合、語学力がないと市場調査なども困難になりがちです。語学力を習得することで、活躍の幅が広がるでしょう。

おわりに:営業企画部は自社への貢献を実感しながらキャリアアップを目指せる職種

営業企画部の仕事は、商品・サービスの売上拡大のための営業戦略を練ることです。市場調査やデータ分析をもとに、企画・開発部や営業部と連携して仕事を進めます。スキルアップすることで会社での重要なポジションについたり、転職、独立を目指せますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました