人生のパートナーは結婚相手?ビジネス仲間?一生に関わる人間関係の築き方

人生のパートナーとの協力人間関係の悩み
この記事は約8分で読めます。

私たちは家族や友人、職場の同僚など、たくさんの人と関わり合いながら生きています。人生にはキーパーソンと呼べる人との出会いがありますが、それは結婚相手であったりビジネスの仲間であったりさまざまです。

この記事では、人間関係を良好に築いていくためのポイントについて、公私それぞれのパートナーの重要性、相手の見つけ方などを解説していきます。

この記事でわかること
  • 未婚率が上昇する現代で結婚する意義とは
  • 生涯独身でいるメリットとリスク
  • ビジネスパートナーが求められるスキル
  • パートナーを見つけるためのツールや行動
  • リアルな出会いとネットの出会いのメリットとデメリット

「パートナー」はどんな存在?結婚と仕事どちらにも必要

恋人や結婚相手を「人生のパートナー」、仕事上の相棒や重要な関係会社を「ビジネスパートナー」などと呼びます。

恋愛・結婚のパートナー事情

近年は、結婚をせずに書類上のパートナーを持たない人も増えています。

【内閣府 国勢調査による2015年時点の未婚率】
  • 25~29歳…男性:72.7%、女性:61.3%
  • 30~34歳…男性:47.1%、女性:34.6%
  • 35~39歳…男性:35.0%、女性:23.9%

結婚していない人の割合は、調査が始まった1960年以降、年齢・性別を問わず増加傾向にあります。もちろん、結婚していなくとも私生活のパートナーがいる人もいます。

このように未婚率が高まり続けている背景には、以下のような社会情勢や個々人の価値観の変化が関係しているものと考えられています。

未婚率上昇の理由と考えられるもの
  • 女性が働き続けやすい社会情勢となり、結婚して経済的に依存する必要性が減った
  • 自分1人でのいまの生活に満足していて、結婚して他人と暮らしたくない
  • 自分で働いて稼いだお金は自分の好きなように使いたい
  • 配偶者や家族を優先した生活よりも、自分の気持ちに従って生活できる方が良い
  • そもそも結婚願望があまりなく、いくつもの段階を踏んで結婚に至るのが面倒

ビジネスパートナーの考え方

一方でビジネスの現場は、どんな業界・企業であっても自社と取引先、協力会社、提携企業、下請け企業、元請け企業などたくさんのパートナーとの協力により成り立っています。

特に現代においては、自社と協力会社との関係が良好になるよう、また互いにとって利益が出せるようにビジネスを進めて信頼関係を構築していくべきとの考え方が主流です。

恋人と結婚相手の違いや一生独身の不安とは?

前項で「近年では年齢・性別を問わず結婚しない人が増えている」と紹介しました。

このようにプライベートを共に過ごすパートナーを持たないこと、誰とも結婚せず一生涯を独身で過ごすことのデメリットとしては以下が挙げられます。

結婚しないことで生じるデメリット

  • 自身や家族の病気など、何かあったときに真っ先に頼れる人がいない
  • 年末年始などのイベント時に孤独を感じやすい
  • 老後の生活や経済的な不安について自分ひとりで考え、対処しなければならない
  • 家庭での役割もある既婚者に比べ、残業や休日出勤を指示されやすい
  • 家族での転居が難しい既婚者よりも、優先的に転居を伴う異動や転勤を指示されやすい
  • 自分の家庭を築き、子どもを育てることの大変さや感動を味わう機会を得られない
  • 老後の生活を考えると、長く働き続けられるようライフプランを考えなければならない
  • 独身であることに対し、周囲から好寄の目や冷ややかな目で見られる
  • 恋人がいても、婚姻関係がないと法的にできない・してもらえないことが多い

上記でデメリットを紹介しましたが、こういったことを気にしないという人にとってはデメリットとは感じられないものでもあります。

しかし一生涯独身または恋人と内縁関係で過ごすのであれば、病気やお金に関することなど上記のリスクに納得のうえ受け入れる覚悟をしておきましょう。

婚活アプリや結婚相談所のサービス内容と費用相場

一生涯独身のデメリットに不安を感じる、または結婚願望はあるのに相手がいないという方には、いますぐ積極的なパートナー探しをすることをおすすめします。

人生のパートナーである結婚相手を探す方法としては、以下のパターンが考えられます。

【1:結婚相談所】

数十万円の入会金、月額費用を支払うことで、結婚を希望する相手へのお見合いの申し込みや、紹介を受けられるサービスです。コンシェルジュによる紹介を受ける場合には、第三者から見てあなたの性格や条件に合う男性・女性を紹介してもらえます。

お見合いや交際を断る際、トラブルになりにくいのも大きなメリットですが費用がかさむこと、条件次第では相手探しに時間がかかりなかなか会えないと言うリスクもあります。

【2:婚活パーティー】

1回あたり数千~数万円の費用を支払い、参加条件に見合った結婚願望のある人たちが集まるパーティーに参加し、集団でお見合いをする方法です。結婚相談所に比べ安価に、カジュアルに結婚意欲の高い人と知り合えるのがメリットですが、どうしても一人ひとりと会話し知り合う時間は少なくなってしまいます。

【3:ネット婚活】

結婚意欲が高い人達が集まるWebサイトに登録し、オンライン上で条件の合う相手との出会いを狙う方法です。条件のマッチングから個人間のやり取り、実際に会うかどうかの段取りまで、自分のペースでオンライン上で婚活を行えます。

金銭的な負担が少なく、気軽にスキマ時間を使って行えますが、優良なサイトや相手を選ばなければ実際に会ってからトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

【4:街コン】

特定エリアの飲食店街や町内、市などが開催する街を利用したお見合いパーティーのようなものです。お祭りや観光を楽しみながら異性と交流をし、楽しく婚活を進めることができます。

ただし、大規模になるとライバルも何十人、何百人に登ることもある他、スタッフからのサポートが行き届きにくいというデメリットもあります。

【5:SNSコミュニティへの参加】

近年のSNSの普及に伴い、新しく定着した婚活の手段です。
自分の趣味に合うSNSコミュニティに参加し、オンライン上でのやり取りやオフ会などを通し、趣味が合う結婚相手を探すことができます。

婚活と気負わず、友人と一緒に気軽に参加できますが、好きになった相手との間にトラブルが起きたり、誤って悪徳業者主催のイベントに参加してしまう可能性もあります。

上記のうち、あなたの性格やライフスタイルに合った方法を選ぶことが、効率的な人生のパートナー探しに役立ちます。

どの婚活の方法は向いているか

以下に、性格別におすすめの婚活方法をそれぞれ紹介していますので、参考にしてください。

結婚相談所に向いている人
条件へのマッチング度を重視し、慎重に結婚相手を決めたい人
婚活パーティーに向いている人
とにかく迅速に相手を見つけ、結婚に向け動きたい人
ネット婚活に向いている人
ネットに詳しく、ネットコミュニケーションが得意な人
街コンに向いている人
お酒が好きで、初対面の人との会話や交流も楽しめる人
SNSコミュニティ
趣味が合うことを重視し、コミュニケーション能力がある人

ビジネスパートナーとは?起業や事業展開の強い力になる存在

ここからはビジネスパートナーとは何か、その役割を改めて確認していきましょう。

ビジネスパートナーとは、一言で表すなら「ビジネス上の目的・目標達成に向け、協力して取り組む関係にある個人や企業のこと」です。例えば下記のような関係がビジネスパートナーと言えるでしょう。

ビジネスパートナーの例
同じ企業内の営業部と営業事務、広告の依頼主と広告代理店、メーカーと販売会社などの関係。

起業する場合に置き換えると、それぞれ得意分野を持つ人が複数人集まり、互いにフォローし合いながらひとつの会社を作り上げていくようなイメージです。複数人での起業なら、代表者の1人であるAさんがトラブルに直面したときには、他のメンバーに相談のうえ解決策を講じていくことができます。この場合は何人のチームであっても、互いが会社創設に欠かせない大切なビジネスパートナーとなります。

このようにビジネスパートナーは、自分一人の知見や能力だけでは解決できないトラブルや課題を共に解決してくれる頼れる存在なのです。

異業種交流会やコワーキングスペースなどパートナーの探し方

自分や自社の能力・経験値を補ってくれるビジネスパートナーを探すなら、以下のポイントに留意して人材探しを始めてください。

相性の良いビジネスパートナーを見つけるためのポイント

  • 果たすべき目標や仕事の進め方について、自分と共通の理念や理想を持っているか
  • 自分にないスキルや知識、経験を持っていて、信頼関係を築けそうな人柄であるか
  • 逆に相手にできないこと、わからないことを自分の能力で補完することができるか
  • 担う役割や仕事の責任を負う範囲について、互いに納得のうえすみ分けができそうか

仕事上のスキルや経験はもちろん、人として信頼できる・好きになれる人をビジネスパートナーに選ぶと良いでしょう。

なおビジネスパートナーと出会う方法、場所としては、以下が挙げられます。情報を集め、あなたにとって参加しやすそうな場から出向いてみましょう。

ビジネスパートナーを見つける方法

  • 起業家や自営業者を対象にした、異業種交流会に参加する
  • 悩みを持つ起業家、自営業者向けのセミナー、講習会、勉強会に参加する
  • クラウドソーシングなど、Webサイトに登録・活用して探す
  • コワーキングスペース主催の交流会に参加する
  • 友人や知人に悩みを打ち明け、人材の紹介を依頼する

私生活におけるうパートナーも、ビジネスにおけるパートナーも、人生を送る上で重要な存在ですよね。「パートナー」とは、互いの今後をより良くしていくために協力し合っていく存在といえるでしょう。

いろいろな人と出会ううちに自分のライフスタイルやビジネスプランに合うパートナーを発見できるものですので、積極的に人とつながっていくのがおすすめです。

おわりに:パートナーは公私を支えてくれる大切な存在。自分に合った方法で探しに行ってみよう

多くの時間を一緒に過ごすパートナーの人柄、相性により、人の一生はより豊かになります。結婚する相手を人生のパートナー、仕事上の協力相手・企業をビジネスパートナーなどと呼びますが、どちらも一生の充実度を左右する重要な存在です。他者とともに一人では経験できない人生の楽しみ、ビジネス達成の経験を積みたいなら、本記事を参考にあなたに合った方法でのパートナー探しに挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました