本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

私って職場の「話しかけづらい人」?自分を変えて話しかけやすい人になる方法

見た目や内面の悩みからだの悩み
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

職場の人とのコミュニケーションはとても大切ですが、周囲から「話しかけづらい人」と思われていると孤立してしまうことも。この記事では職場の人とイマイチ打ち解けられない人、職場で浮いている人向けに、話しかけやすい人になるためのポイントを解説します。

この記事でわかること
  • 話しかけづらい人と話しかけやすい人の違い
  • 人から好印象を持たれる表情や行動
  • コミュニケーション不足が招く職場トラブル
  • 話しかけやすい人になるための印象アップ法
スポンサーリンク

周りから話しかけづらい!と思われる人の特徴

職場で「あの人なんだか話しかけづらいよね」と思われる人はいませんか?社会人であればコミュニケーションが重要ですが、見た目や雰囲気などが印象を左右するのも事実です。

周りから話しかけづらいと思われる人には、次のような特徴が見られることがあります。

話しかけづらい人の特徴
  • 笑顔が少ない
  • 眉間にシワが寄っている
  • 口角が下がっている
  • 声が小さい
  • 目線が下ばかりに向いている
  • 度の合わないメガネやコンタクトのため、よく目を細めている
  • 無精ひげが生えている
  • メイクが濃すぎる
  • 清潔感がない
  • 服装が奇抜または暗め
  • 姿勢が悪い
  • 貧乏ゆすりや舌打ちが癖になっている
  • 怒っていたり愚痴を言っていることが多い

周囲から話しかけづらいと思われていると、次のようなデメリットやトラブルを招くことがあります。

話しかけづらいと思われることのデメリット
  • 職場で孤立する
  • 仕事のチームワークがうまく回らない
  • 実力が高くても仕事が回ってこない
  • 内面の良さがわかってもらえない
  • 根も葉もない噂を立てられる
  • 職場いじめの対象になる
  • パワハラの加害者と訴えられることがあり得る

話しかけづらいと思われたままでいると、自分のキャリアや仕事のしやすさに影響を及ぼすほか、周囲にも迷惑をかけてしまうことがあります。さらには職場いじめやパワハラへと問題が大きくなっていく可能性も出てきます。

周りから話しかけやすいと思われる人の特徴

話しかけづらいと思われる人がいる一方で、話しかけやすい人もいます。周りから話しかけやすいと思われる人の見た目や言動には、次のような特徴が見られます。

見た目
  • 清潔感がある
  • 笑顔が多い
  • 姿勢が良い
  • 口角が上がっている
  • 髭は綺麗に整えている
  • メイクがTPOに合っている
  • オシャレなネクタイや腕時計など話題にしやすいアイテムを身に付けている
言動
  • 積極的に自分から挨拶する
  • 人の顔と名前をしっかりと覚えている
  • 会話するときは目線だけでなく、身体ごと相手を向く
  • 雑談を楽しんでいる
  • 人によって態度を変えない
  • 口が堅く、噂好きではない

職場で話しかけやすい人になるメリットとは

職場で話しかけやすい人になると、普段の仕事やキャリアプラン、メンタルヘルスなどでメリットが得られます。

話しかけやすい人になるメリット
  • 周囲の人と良好な人間関係を構築できる
  • 報・連・相がスムーズで、仕事のチームワークが良くなる
  • 自分の元に情報が集まってくる
  • 人望が厚くなり、チームリーダーや管理職へキャリアアップしやすくなる
  • 周囲から相談や提案を受ける機会が増え、ビジネスチャンスを得やすくなる
  • 自分が困ったときや辛いときに、人に相談しやすい

出世を目指す人、職場で穏便に過ごしたい人は、話しかけやすいと思われるように意識してみるのもおすすめです。現在、話しかけづらいと思われている人もちょっとした工夫で周囲の印象を変えることはできます。

次章からは、話しかけやすい人になるための工夫について解説していきます。

話しかけやすい人になるポイント【見た目を変える】

職場で話しかけやすいと思われるには、まず見た目を変えるという方法があります。後述する【性格を変える】よりも短時間で変化が生まれますので、効果を感じるのも比較的早いでしょう。

社会人ともなると、学生の頃とは違って服装や髪型、姿勢などでビジネスマナーが求められますよね。見た目が与える影響は大きく、話しかけやすいかそうでないかにも関わっているのです。

髪型を変える

話しかけやすい人で男女共通の特徴ともいえるのが、顔や表情がよく見えることです。特に前髪が長く、目や顔が隠れがちな人は前髪を切ってみるのもおすすめですよ。額が出ていると、「知的で清潔感がある」という印象を抱いてもらいやすくなります。額を出すのは気が引ける人は、目に前髪がかからないようにしましょう。前髪は長めがよいという人は、職場では前髪を横に流すなど目にかからないようにすると明るく見えますよ。

ヘアカラーやパーマをしている人は、職場の服務規程に違反していないか再確認しておきましょう。色落ちを放置していると、清潔感がないように受け取られることもありますので美容院に相談してくださいね。

笑顔の練習をする

表情が乏しいことも、話しかけにくいと思われる原因です。自分では笑っているつもりでも、周囲からすると無表情に見えることもあります。人から素敵だと思われる笑顔のポイントを抑えると、印象がガラッと変わりますよ。

感じのいい笑顔のポイント
  • 口角をしっかり上げる
  • 目を細める、目じりを下げる
  • 笑い声を明るくする

姿勢を改善する

背中が丸くなる猫背は、暗い人というイメージを与えてしまいます。胸を張り出す反り腰も、やや上から目線の人というイメージを与えることがあります。猫背も反り腰も、腰痛など体の不調も招きますので是非改善しましょう。

デスクワークや朝礼では、背筋をまっすぐに伸ばす、腹筋に力を入れるなど正しい姿勢を意識するようにしましょう。そのほか、座椅子やクッションなど姿勢改善グッズを活用するのもおすすめです。

身だしなみをこまめに整える

職場で過ごす時間は思ったより長いため、自分でも気付かないうちに身だしなみが乱れていることもあります。風に吹かれて髪が乱れていたり、食後に口の周りが汚れているなど、身だしなみの乱れに早く気付けるように注意しましょう。

職場で身だしなみを整えるタイミング
  • 社外からオフィスに戻ってきたときの髪型
  • ランチや間食の後の口の周り
  • トイレに行った後の服装 など

服のサイズや生地を見直す

見た目の清潔感で見落とされがちなのが、「服のサイズ感が合っていない」「生地が安っぽく見える」という点です。自分の体型に合った服を着るだけでも、見た目の印象がぐんと上がることがあります。

職場で着る服は安く済ませたいという人は少なくありませんが、生地がペラペラであったり着古していることがわかると印象がダウンすることも。購入のコストを抑えつつ、アイロンがけなど日々の手入れには気を付けるのが安心ですよ。

話しかけやすい人になるポイント【性格を変える】

見た目のほか、性格を変えることでも話しかけやすい雰囲気作りはできます。話しかけやすい人に近づきたい人は、次のようなことを試してみてください。

自分から挨拶や雑談をする

話しかけやすい人になるためには、まず自分から話しかけることが一番です。「おはようございます」など、相手にしっかりと聞こえる声で挨拶をしましょう。

ちょっとした雑談を楽しむのもおすすめです。「会社の近くにおいしいお店を見つけた」といった共通の話題を振ることで、みんなもリアクションしやすくなるでしょう。

話し上手よりも聞き上手を目指す

話しかけやすい人は、聞き上手であることも多いです。「この人と会話していると楽しい!」と思ってもらえると話しかけられる頻度が高くなります。そのためには自分の話ばかりをするというよりは、相手の話を聞くスキルを伸ばすのが大切です。

やってはいけないのは

  • 途中で相手の話を遮る
  • 「でも」「どうせ」「だから何?」など話を盛り下げる相槌を打つ
  • 会話中に笑顔をまったく見せない など

といった聞き方です。いつも真剣に話を聞かなくてはいけないわけではありません。ですが面倒くさそうな態度や嫌々話を聞いているような仕草は控えましょう

趣味を見つける

話しかけづらいと思われる原因には、周囲から「どんな人かわからない」「ミステリアス」という印象を持たれているからかもしれません。そんなときは、共通の話題があると心の距離が縮まりやすくなります。特にプライベートの趣味で共通したものがあると会話が盛り上がるでしょう。

これといった趣味がないという人は、社会人でも始めやすい趣味を見つけてみてはいかがでしょう。スポーツや音楽、料理、語学など社会人向けの趣味や習い事はたくさんありますよ。

社会人におすすめの趣味

忙しい社会人でも楽しめる趣味については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

社会人のプライベート充実法20選【趣味・健康・暮らし・旅行・友人・恋愛】
社会人になると仕事が忙しく、プライベートは後回しになることも。プライベートが充実していないと、ストレスが蓄積して心身に不調が現れることがあります。この記事では、社会人におすすめのプライベート充実法を紹介します。寂しさを感じない休日・有意義な休日を送るためのヒントにしてください。

周囲に「ありがとう」を多めに伝えてみる

職場は人と人との支え合いや協力で成り立っています。人間関係を円滑にするには、感謝の気持ちをしっかりと表現することが大切です。感謝の気持ちを伝えきれていないと、「あの人とは価値観が違う」「礼儀がなっていない」と、ネガティブな印象を持たれてしまうこともあります。

仕事で助けてもらったとき、差し入れをもらったときなどは「ありがとう」の気持ちを言葉や行動で表現してくださいね。

ちょっとした悩みを相談してみる

愚痴や悩みをまったく言わない人、すべて自分の力で解決しようとする人も話しかけづらいと思われやすいでしょう。あえて自分の弱いところをさらけ出すことで、周囲の人は親近感や共感を抱くようになります

深刻な悩みを打ち明ける必要はありません。ジョークで済むようなちょっとした愚痴や悩みを言うだけでも、周囲からの印象は変わりますよ。

おわりに:話しかけづらい人から話しかけやすい人に変わることは可能!

話しかけづらい人から話しかけやすい人に変わることで、職場の人間関係やビジネスチャンスも良い方向に変わる可能性があります。できるところから見た目や性格を変えていき、話しかけやすい人を目指してみてはいかがでしょう。

コメント