「友達の友達」と仲良くなる方法って?付き合いたくない場合の対処法も解説

友人の紹介こころの悩み
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

アクシスコンサルティング株式会社バナー画像

社会人の悩みのひとつが友達を作る機会がないということ。ただし「友達の友達」と知り合う機会はありますよね。この記事では「友達の友達」と仲良くなる方法、反対に距離を取りたいときの方法、誘いを断るときの言い回しなどを解説します。

この記事でわかること
  • どんなときに「友達の友達」を紹介されるのか
  • 「友達の友達」と仲良くなるメリット
  • 「友達の友達」と親睦を深めるポイント
  • 気乗りしない遊びの誘いを断る方法
スポンサーリンク

「友達の友達」と知り合うきっかけ

社会人になってから新しい友達ができる方法として、「友達の友達」の紹介がありますよね。友達の紹介といっても、そのバリエーションはさまざまです。

「友達の友達」のバリエーション
  • 友達の学生時代の同級生や先輩・後輩
  • 友達の地元の知り合い
  • 友達の習い事での友人
  • 友達の職場の同僚やその家族 など

このようなかたちで友達が増えるのは、どんなタイミングやどんなきっかけがあるのでしょう。

「友達の友達」を紹介されるのはどんなタイミング?

友達経由で新しい人と出会うタイミングには、例として次のようなきっかけがあります。

「友達の友達」を紹介されるきっかけ

また友達を紹介されるときは、「友達と会ってほしいんだけど」など事前に知らされることもあれば、予告なしに友達を紹介されることもあるでしょう。

「友達を紹介されてうれしい!」と感じる人もいれば、「友達の紹介といえど、あまり気乗りしない」という人もいるはず。次章では、「友達の友達」と仲良くなるメリット・デメリットを解説します。

「友達の友達」と仲良くなるメリット・デメリット

「友達の友達」を紹介されたとき、これからもっと仲良くなるべきか、その場をしのぐにとどめるべきか悩む人もいますよね。まずは「友達の友達」と仲良くなるメリット・デメリットを整理しましょう。

「友達の友達」と仲良くなるメリット
  • 交友関係が広がる
  • 友達が間に入るため、信頼できる
  • 共通点があるなど、親しみやすい
  • 恋人や結婚相手につながることがある
「友達の友達」と仲良くなるデメリット
  • 友人の顔を立てたり気を遣う必要がある
  • 気が合わなくてもある程度付き合わなくてはいけない
  • トラブルが起きたとき、元の友達とも気まずくなる
  • そもそも紹介してほしいと思っていなかったので面倒

友達を増やしたくない人や人間関係の気遣いが苦手な人は、あまり気負わずにその場をやり過ごすのもありでしょう。ただし人とのご縁をつなげていくと、自分にとっても相手にとってもメリットが生まれることがありますので、気が合うようなら仲良くするのもおすすめですよ。

「友達の友達」と距離を縮めて仲良くなるには

せっかく知り合いになったのですから、「友達の友達」ともっと仲良くなりたいと思うこともありますよね。ですが元々の友達に遠慮したり、相手がどう感じているか不安になったりすることもあるでしょう。そんなときは次の方法を試して距離を縮めてみてください。

みんなで遊ぶ回数を増やす

元々の友達を誘いつつ、みんなで遊ぶ機会を増やしていきましょう。食事会や飲み会、テーマパークやスポーツを楽しむなど、複数人で親睦を深めるのも楽しいはずです。

ただし人数が多くなるほど特定の人と仲良くなるのは難しくなりますので、短期間で距離を縮めたい場合は人数を多くし過ぎないのがポイントです。

SNSアカウントを交換する

社会人ともなると直接会うための時間を確保するのが難しくなります。そのため距離を縮めたいのであればLINEやインスタなどSNSアカウントを交換しましょう。

アカウントを直接聞きにくい場合は、グループトークを作って参加してもらったり元々の友達を介して連絡先をもらうのもおすすめです。

友達に協力してもらう

そもそものきっかけになった、元々の友達に協力を依頼するのもスムーズです。「友達を増やしたい」「一緒に話してみて楽しかった」など理由を話し、間に入ってもらいましょう。

元々の友達を介すことで、お互いの趣味やバックグラウンドを自然と知ることができますよ

「友達の友達」からの誘いを断る方法

「友達の友達」を紹介されても、特に興味がなかったり面倒くさく感じたりすることもありますよね。一応、顔見知りになったものの「友達と友達」からお誘いが来たときは、どんな断り方をするのがよいのでしょう。

「友達の友達」からの誘いの断り方
  • 「最近仕事が忙しいからまた今度」と仕事を理由にする
  • 「今は〇〇にハマっていて時間がない」と趣味を理由にする
  • 「△△(元々の友人)も誘うのはどう?」と即決はしない

共通の知り合いがいるのにブロックや無視などの対応をすると、人間関係のトラブルに発展することもありますよね。仕事や趣味などを理由にして断るならば、相手も納得しやすいでしょう。出会うことのきっかけとなった元々の友人に相談してから断るのもありですよ。

おわりに:「友達の友達」と仲良くなるといいことあるかも!

共通の友人がいるとはいえ、知らない人を紹介されると身構えてしまうこともありますよね。ですが社会人になると友達を増やす機会はぐっと減ります。「友達の友達」と仲良くなりたい場合は、今回紹介したポイントを参考に距離を縮めてみるのもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました