本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

【職場の迷惑な人】些細だけど気になるマナー違反・エチケット違反への対処法

職場のマナー違反・エチケット違反こころの悩み
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

気持ちよく仕事をするためには職場での過ごし方が大切ですよね。ところが生活音が大きい人など職場でのマナーやエチケットが気になることはありませんか?この記事では些細なことだけど他人をイライラさせるマナー違反やエチケット違反な行動を紹介。イライラやストレスを抑える対処法を解説します。

この記事でわかること
  • 音や匂いなど職場の気になるマナー・エチケット違反
  • 職場のチームワークを脅かすマナー・エチケット違反
  • 職場のマナーやエチケットが重視されるべき理由
  • マナーやエチケットを向上させて職場環境を改善する方法
スポンサーリンク

職場にいるマナー違反・エチケット違反をする人の特徴

重大なマナー違反や服務規定違反ではないけれど、職場の人の行動が気になるということはあるあるですよね。

たとえば次のような行動が気になることはありませんか?

気になる些細なマナー違反・エチケット違反
  • 独り言が多い
  • 会話するときの物理的距離が近い
  • 笑い声や話し声が大きすぎる
  • ドアを開け閉めする音が大きい
  • パソコンのキーボードを叩く音が大きい
  • 貧乏ゆすりが癖になっている
  • 職場ではサンダルやスリッパに履き変えるが、足の臭いが強い
  • 職場で取る食事の匂いが強い
  • 共用の備品を使った後、片づけない
  • デスクが散らかっている
  • 差し入れやお土産を独り占めしたり多めに取っていく
  • 寝癖がついている
  • 職場で爪切りや耳かきをする

こうした行動は、大きく分けると次のようなポイントにまとめることができるでしょう。

職場のマナー違反・エチケット違反になるポイント
  1. 清潔感がない
  2. 衛生的に問題がある
  3. 仕事の集中を妨げるなど、周囲に悪影響を与えている
  4. 職場にも関わらず、自宅にいるかのような態度や行動をしている

些細な事柄にも見える職場のマナー違反やエチケット違反が、思わぬトラブルを引き起こすこともあります。

マナー違反・エチケット違反が原因で起きる職場トラブル
  • 音や匂いなどが周囲の集中を妨げる
  • 周囲の人がメンタルの不調を訴える
  • イライラや不満が募り、チームワークが悪くなる
  • 職場環境に不満がある人が異動や退職を希望し、人員不足になる
  • 来客があったときなどに会社のイメージダウンにつながる
  • 仕事とプライベートのけじめが曖昧になり、職場の雰囲気に締まりがなくなる
  • 小さなマナー違反・エチケット違反がやがてハラスメントやクレームに発展する

チリも積もれば…ということわざがあるように、些細なことでも思いがけない問題になりかねません。どうして職場のマナーやエチケットが重要なのでしょう。

職場のマナー・エチケットを守ることが重要な理由

職場では、さまざまな人がコミュニケーションを取りながら協力して仕事を進めていきますよね。生活習慣や礼儀はある程度は似通ってきますが、それでも育った環境や本人の性格などによって個性はさまざまです。

そうした個性バラバラの人々が集まり、利害を調整しながら仕事をしていくには他者を尊重し、敬うことが欠かせません。そのひとつの表現方法や調整方法がマナーやエチケットです。ビジネスにおけるマナーやエチケットの中でも、下記のことは一般的な事柄として浸透しています。

  • 挨拶をする
  • 敬語など基本的なビジネスマナーを理解する
  • 会社のルールに沿った服装をする
  • ハラスメントに該当するような言動や態度は控える
  • 職場は共用のスペースであり、プライベートとは一線を引く など

上記のほか、前述した些細なマナー違反やエチケット違反も職場のコミュニケーションに影響します。言動や仕草、身だしなみ、振る舞いなどは個人の自由でもありますが、職場という環境においては「他者からどう思われるか」「不快な気持ちにさせていないか」という視点も大事なのです。

マナー違反・エチケット違反の行動に動じない性格になりたい!

職場にいる人のマナー違反やエチケット違反が気になるものの、相手にそのことを伝えたり、職場の問題として取り上げてもらうのは気が引けることもありますよね。他人のことを気にせずに働くことができたらもっとリラックスできるはず。

自分の仕事に集中して、他人の言動に動じないようにするためのポイントを紹介します。

他人を気にせずに働くためのポイント
  • 席替えをして集中しやすい場所を確保する
  • イヤホンをつけて騒音をシャットアウトする(使用については職場に要確認)
  • マナーやエチケット喚起の貼り紙を貼る(職場に要確認)
  • アロマの香りを付けたハンカチを持ち歩くなど、自分なりのリフレッシュのスイッチを作る

こうした努力をしてみても相手のマナー違反やエチケット違反が気になるときは、周囲に相談するのもおすすめですよ。

職場のマナー違反・エチケット違反の人への対処法や相談先は?

職場にいるマナー違反やエチケット違反をする人に困っているときは、上司や人事部に相談するのがおすすめです。上司はチームのマネジメント責任者ですので、何らかの対処をしてもらえるように事情を説明しましょう。

人事部に相談することで、下記のような社内研修の実施を検討してもらえることもあります。

  • マナー研修やエチケット研修
  • EQ研修 など

職場のマナー違反やエチケット違反は社員それぞれの個性が原因のことが多いため、改善までは時間がかかることが少なくありません。ストレスを感じている場合は改善ばかりを求めるのではなく、意識してストレス発散をしてみてくださいね。

おわりに:塵も積もれば山となる!些細なストレスも放置しないのが安心

些細だけど気になるマナー違反やエチケット違反があるときは、そのまま放置しておくとストレスが大きくなったりチームワークに影響したりすることがあります。ご自身でストレスへの対処法を準備するほか、上司や人事部に相談してみるのがおすすめですよ。

コメント