本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作は悩まにゅある編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

彼女の実家を初訪問!自慢できる彼氏としてのマナーと注意点

彼女の実家訪問こころの悩み
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

まだ結婚は考えていないけれど、彼女の家族に会うことになった場合どんな準備が必要なのでしょう。好感度の高い服装、挨拶の例文、喜ばれる手土産など、彼女の実家を訪問するときの基本マナーを紹介。自慢できる彼氏になるためにも、事前にしっかり予習しましょう。

この記事でわかること
  • 彼女の家族と初対面するときの注意点
  • 彼女の家族からの印象がアップする服装
  • 会話中に注意したいマウンティング・モラハラ
  • 彼女の家族との会話で使える例文
スポンサーリンク

彼女の家族と仲良くなると安心?

「彼女の家族と会うのは結婚の挨拶のときになってから」と考える人は多いかもしれません。ですが、まだ結婚の話が出ていない段階でも、彼女の家族に会うことには次のようなメリットがあります。

彼女の家族と仲良くなるメリット
  • 彼女のことをより深く知ることができる
  • 彼女や家族に安心してもらえる
  • 彼女の家族が厳格な場合、早めに挨拶しないと不信感を抱かれる
  • 同棲や結婚の挨拶までに親交を深められる など

彼女の家族と会わなくても、交際を続けることはできるでしょう。ただし、実家暮らしの彼女と旅行に行ったり、同棲を始めようとするときには家族への挨拶をすることが多いものです。

あらかじめ面識があるのとないのとでは、いざというときの彼女の家族からの印象が異なります。早いうちからコミュニケーションを取っておくことで、彼女からも彼女の家族からも安心感を抱いてもらえるでしょう。

彼女の家族と初対面!好印象を勝ち取るためのマナー

彼女の家族と会うことになったら、日時を決めたり心の準備をしたりする必要がありますよね。日時決めや会話中に気をつけたいマナーについて、しっかりと予習しておきましょう。

彼女の家族に挨拶に行くときのマナー
  • 早朝や夜遅くの時間帯は避ける
  • 滞在時間は1~2時間程度が目安(長居は迷惑となることも)
  • 到着時間は約束の2~3分前(早すぎると相手が驚く・迷惑になる)
  • 挨拶や会話中は笑顔を心がける
  • 靴をそろえるなど、基本の訪問マナーを徹底する
  • 彼女のことをあだ名や呼び捨てで呼ばない
  • 会話中、彼女のことを馬鹿にしたり不満を言ったりしない
  • 会話中は、話をしている人の方を向き、笑顔で目を合わせる
  • 飲み物や食事をご馳走してもらったら、しっかりと感謝の言葉を伝える
  • 彼女の実家の家の中をジロジロ見ない
  • 彼女の家族の話を聞くことを意識する(自分ばかり話さない)

訪問では相手の都合を気遣う姿勢を心がけましょう。上記はあくまで基本ですので、彼女の家族の職業などによって、都合の良い時間帯はさまざまです。

彼氏に注意してほしいのが、彼女への接し方です。人前で彼女のことを褒めるのが照れくさい人は多いかもしれません。勢いあまって、彼女のことを少しけなすような言い方をしてしまう彼氏もいます。ただし彼女の実家にお邪魔しているときは、基本的に彼女のことは褒めるようにしてください。照れ隠しでけなしたつもりでも、彼女の家族からすると不愉快に聞こえるリスクがあります。

彼女の父・母の呼び方

彼女のお父さんやお母さんのことは、「△△さんのお父さん」「△△さんのお母さん」と呼ぶのが無難です。「おじさん」「おばさん」と呼ぶと、失礼に当たることがあります。単に「お父さん」「お母さん」でも問題ないケースもありますが、「君のお父さんではない!」と複雑な感情を抱く家族もいます

彼女の家族からの印象が上がる服装って?

彼女の家族と会うことになったら、失礼のないように準備を進めましょう。服装ひとつで相手からの印象がダウンすることもありますので、身だしなみには要注意。

男性の場合、カジュアルなジャケット、落ち着いた色のパンツが安心です。ジャケットの中は襟付きシャツだと無難でしょう。結婚の挨拶のときは、スーツなどフォーマルな服装が好まれることもあります。

下記のような服装は印象ダウンの可能性がありますので、避けるようにするのがおすすめです。

避けた方が無難な服装
  • 無精ひげ
  • 伸びっぱなしの髪
  • シワシワ・よれよれの服
  • 爪を綺麗に切り揃える
  • 素足(靴下などを履く)
  • サンダル、汚れたスニーカー
  • デニムのパンツ
  • 香りの強い香水
  • 派手なアクセサリー

身だしなみは前日・当日もしっかりとチェックすると安心です。

前日まで・当日にしておきたい準備
  • 顔回りの髪はワックスなどで整える
  • シャツやパンツにアイロンをかける
  • 爪を綺麗に切り揃える
  • 無精ひげは綺麗にそる
  • 体臭が気になる場合はシャワーを当日に浴びる

清潔感を備えるためにも、あらかじめ美容院で髪を切ってもらうのもおすすめです。体臭のほか、口臭にも気をつけましょう。彼女の家族への挨拶の前日は、ニンニク料理や深酒など香りに影響するものを避けてください。

彼女の家族に喜ばれる♪失敗しない手土産の選び方

彼女の実家に挨拶で伺うときは、手土産を持参するのが一般的です。喜ばれる手土産を持参すると、「気が利く人」など印象がアップします。

手土産を選ぶときは、下記のポイントを参考にしてみましょう。

手土産の選び方
  • 手土産の相場は3,000~5,000円が目安
  • 彼女の家族が好きなもの
  • 自分の出身地や住んでいる地域の銘菓や特産品
  • 家族の分より少し多めの個数が入っているものが安心
  • 挨拶の前日までに用意しておくと安心

手土産は高級品でなくとも問題ありません。彼女に家族の好きな食べ物を聞いておくと、手土産選びでの失敗を回避できます。悩んだときは、自分の出身地などの銘菓や特産品もおすすめです。手土産をきっかけに、自己紹介へとスムーズに話をつなげられるでしょう。

実家への挨拶前に彼女に聞いておくべきこと

手土産選びでも重要ですが、事前に彼女に家族についてリサーチしておくようにしましょう。

彼女の家族に会う前の確認点
  • 彼女が家族に事前に説明しておいた自分の情報は何か
  • 好きな食べ物・アレルギーの有無
  • 彼女の家族の趣味や特技
  • 彼女の家族の仕事 など

彼女の親と初対面の場合、何を話せばいいか困ってしまう人は少なくありません。当日にいざ彼女の家族と対面してみると、一気に緊張することも。会話が続かないと相手に気を遣わせてしまったり、気まずい沈黙が流れてしまいます

あらかじめ家族についてリサーチしておくと、会話のシミュレーションがしやすくなります。共通の趣味を発見できると、ご自身もリラックスできますよ。

彼女の家族に初めて会うときの挨拶例文

彼女の家族に初めて会うとき、どんな挨拶をすればいいのか不安になることも。初対面の印象は、今後の関係性構築においても大切なものです。ご自身の良いところを活かせるように、基本的なマナーをおさえておきましょう。

彼女の家族への挨拶に役立つ例文を紹介します。当日の流れの参考にしてくださいね。

玄関先の挨拶「はじめまして、〇〇と申します」

彼女が家族に対して「こちらが交際している○○(彼氏)さん。今日はよろしく」など簡単に紹介してくれます。彼女が話をしている間も口角を上げて微笑んでいると、好印象につながります。

その後に「はじめまして、△△(彼女)さんとお付き合いしております、○○と申します。本日はお時間を作っていただきありがとうございます」などのように、手短に挨拶をします。このとき、緊張するのは当然ですが笑顔を意識してくださいね。焦ると早口になってしまいがちですので、言葉を丁寧に話すことをイメージしましょう。

手土産を渡すときは一言添えると気持ちが伝わる

リビングなど部屋に通されて席をすすめられたら、手土産を渡します。紙袋に入っている場合は、袋から出して渡してください。

手土産を渡すときは、「△△(彼女)さんからこのお菓子がお好きと聞きまして…」「僕の出身地で愛されているお菓子なんです」など一言添えると、喜んでもらいたいという気持ちが伝わります。ゼリーなど要冷蔵のものを手土産にしたときは、「冷たいお菓子なので、冷蔵庫に入れていただけるとおいしく召し上がることができますよ」など、気遣いをしましょう。

彼女の家族に自己紹介するときのポイント

手土産も渡し終えてその場が落ち着いたら、改めて自己紹介をするのがおすすめです。

自己紹介に入れたい要素
  • 出身地や自分の家族構成
  • 出身大学や在学中に学んだこと
  • 現在の仕事
  • 彼女のどこに惹かれたか(彼女を褒める)

話を盛ったりするのはおすすめできません。自分自身のことを飾らずに話してください。相手は「娘の彼氏として不誠実なところはないか」「信頼できる人なのか」など、人間性を気にしています。嘘や偽りはバレたときに大ダメージとなりますので、リップサービスのし過ぎはいけません。

マウンティングやモラハラっぽい発言には要注意!

彼女の家族との会話中、マウンティングやモラハラ発言には気をつけましょう。

彼氏がしがちなマウンティング
  • 彼女や彼女の家族に対して、学歴でマウンティングする
  • 服装をハイブランドでかため、値段を自慢する
  • 相手の趣味を見下す
彼氏がしがちなモラハラ
  • 彼女のことを「お母さんの料理はおいしいのに、彼女は料理が下手」とけなす
  • 彼女の希望を聞かずに「結婚後は、僕は外で稼いで、彼女には家にいてもらいます」と決めつける
  • 「僕がいないと、△△(彼女)は何もできない」など、彼女を力がない人間であるかのように表現する

このようなマウンティングやモラハラは、印象ダウンを招きます。「こんな人と娘が付き合っているなんて…」とショックを受ける家族もいるでしょう。交際を反対されるおそれもありますので、自慢話や彼女をけなす発言は控えてください

自己紹介や雑談を楽しみつつ、彼女のことをさりげなく褒めると理想的です。「しっかり者の彼女から、僕も刺激をもらっています」「食べ方が綺麗で、見とれることがあります」など、素直に彼女のことを褒めましょう。

結婚や子どもについて聞かれたらどう答える?

彼女の家族から、結婚や子どもの予定について聞かれることもあります。彼女の家族としては、下記のことを気にしていることが多いものです。

彼女の家族が気になっていること
  • 結婚の予定や計画
  • 結婚式を挙げるのか
  • 子どもが欲しいか
  • 経済力はあるのか
  • 仕事に対して真面目か
  • 娘に対して誠実か

将来について彼女と事前に話し合っていた場合、上記の質問にもスムーズに答えられるでしょう。彼女とは十分に意思疎通をしていない場合、はっきりと否定するのはおすすめできません。「彼女の気持ちも大切なので、これから一緒に話し合っていきたいです」など彼女を尊重しつつ、まだ未確定であることを伝えましょう。

帰り際は感謝を伝えよう

彼女の家族に挨拶に行ったときは、1時間半~2時間程でおいとまするのが理想的です。長居するのは相手の迷惑になることもあります。頃合いを見て、「そろそろ失礼します」「お話しするのが楽しくて時間が経ってしまいましたが……」など切り出してください。

彼女の実家を後にするときは、「本日はお忙しい中、ありがとうございました。またお会いできるとうれしいです」など、お礼の言葉を忘れずに伝えてください。

彼女の家族から「夕食もぜひ一緒に」などのお誘いがあった場合、彼女も喜んでいるようなら、お言葉に甘えて楽しい時間を過ごしてくださいね。ただし、お酒を飲みすぎて失態を招くような事態は避けましょう。

おわりに:彼女との順調な交際のためにも家族と仲良く!

彼女の家族と会うときのマナーや注意点はいかがでしたか? 初対面のときは緊張したり、自分を良く見せようと張り切ったりしてしまいがち。マナーや手土産の予習をしっかりすれば、リラックスして自分らしさを表現できるでしょう。

コメント