生きづらいのは姉妹と自分を比較するせいかも?自分らしく生きるコツって?

姉妹とコンプレックスこころの不調
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

アクシスコンサルティング株式会社バナー画像

姉妹仲が悪く、お互いを比較しては落ち込んでしまう人はいませんか?比較癖のせいで自分に自信を持てず、生きづらさを感じてしまうことも。この記事では姉妹に対する嫉妬や劣等感を克服する方法を解説します。HSPについても併せて特徴を見ていきましょう。

この記事でわかること
  • 姉妹の間に生まれる嫉妬や劣等感の原因
  • 生きづらさを感じる人の特徴
  • 姉妹へのコンプレックスを克服する方法
  • 自分の人生を楽しむためのポイント
スポンサーリンク

姉妹で比較しては自分のことが嫌いになるのはどうして?

女同士、姉妹と自分を比較して嫉妬したり落ち込んだりすると、心がネガティブになりがちですよね。姉妹と自分を比較するとき、次のような事柄で優劣を考えてしまうことがありませんか?

姉妹で比較しがちなこと
  • 親からの愛情・関心
  • 容姿や体型
  • 特技・スキル・才能
  • 性格・考え方
  • 学歴
  • 就職先・肩書・収入
  • パートナーの容姿や収入
  • 子どもの有無や子どもの成績 など

子どものときは愛情や見た目、性格、成績などを比較することが多いでしょう。成長するにつれて受験や就職で姉妹の進む道が異なってくると、肩書や収入で比較するようになることもあります。さらに結婚や出産を減ると、パートナーや子どもまで比較してしまうことも。

姉妹は近い存在ですので、比較し始めると止まらなくなるおそれもあるのです。姉妹と自分を比較する人の中には、生きづらさを感じる人もいます。

生きづらさってどういう状態?HSPの可能性も?

日々の生活の中で「ちょっとしたことで傷ついてしまう」「周囲に気を遣いすぎて疲れる」という人はHSPの可能性があります。

HSPとは
HSPとは「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略語。アメリカの心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念で、疾患を指す言葉ではありません。他人の反応などに敏感で、繊細な気質を持つ人がHSPの特徴ですが、HSPであるかどうかは「does」という4つの特性に該当するかどうかで判断されます

HSPに当てはまる人は、次のような理由で心の疲れを蓄積することがあります。

HSPの人が姉妹との比較で疲れる理由
  • 物事を深く考える傾向があり、思い悩んでしまう
  • 親や周囲の人の「お姉ちゃん(妹)の方が優秀だね」という言葉に傷つき、そのことをずっと忘れられない
  • 親や周囲の人の表情や仕草から、自分に対するネガティブな感情を感じる(ような気がする)
  • 光や添加物など、ささいな変化や刺激に敏感に反応する

もしかしたらと思う人は、HSPのdoesの項目をチェックしてみてくださいね。

自分がHSPか知りたい人は「does」でセルフチェック

HSPの人は生きづらさを感じやすく、ストレスや疲れが蓄積することがあります。こちらの記事では、HSPの特徴や生きづらさを和らげる方法を解説しています。

社交的で好奇心旺盛なHSPもいる?刺激を追求するHSS型HSPなど種類を解説
「HSP」とは、繊細で生きづらさを抱えやすい人、という認識で広まりつつある概念。HSPの割合は5人に1人と決して少なくありません。 繊細という性質上、どうしても内向的なイメージを持たれやすいHSPですが、社交的で好奇心旺盛なHSPもいることがわかってきました。今回は、そんなHSPの種類や性質の違いをご紹介します。

姉妹に対する嫉妬やコンプレックスはどうして生まれるの?

姉妹に対する嫉妬や劣等感などのコンプレックスが生まれるのは、何らかの原因が影響していることがあります。

姉妹への劣等感や嫉妬が生まれるきっかけ
  • 親や周囲から、勉強やスポーツの成績を比べられた
  • 姉妹の容姿や体型の違いを指摘されることが多かった
  • 親や周囲の人が、姉妹どちらか一方ばかりを褒めていた
  • 親や周囲の人は、姉妹の中で自分だけに厳しかったと感じる
  • 「自分ばかり我慢している」と感じることが多かった
  • 自分よりも、姉妹の方が可愛がられていたと感じる
  • 自分が希望する進学や就職が叶わなかったが、姉妹は叶えた
  • 姉妹または自分が負けず嫌いで、いつも比較していた

本人の性格が負けず嫌いで姉妹と比較するのをやめられないということがありますが、親や周囲が原因となっていることも少なくありません。

姉妹と比較する癖を克服する方法

姉妹と比較することがやめられないと、自己肯定感が下がったり家族仲がこじれたりするおそれがあります。姉妹との比較癖を克服するために、次のようなことを意識してみましょう。

姉妹と自分は個性が違って当たり前だと意識する

同じ環境で育った姉妹だからといって似ているとは限りません。それぞれの個性があり、人生の歩み方も違って当たり前です。「姉妹と同じレベルでいなければいけない」「姉妹なら似ているはず」と決めつけず、自分にとって大切なことや快適なことを優先してみてください。

親や周囲の人から比較されてきた人は、そうした人たちの言葉を気にするのもやめてみましょう。

自分の将来を考え、ロールモデルを見つける

人と自分を比較してしまう人におすすめなのが、ロールモデルを見つけることです。ロールモデルとはお手本とする人物を指します。自分の将来の充実や目標達成を考え、その実現のためにロールモデルの行動や考え方を参考にすることで、学びや気づきなどが得られます。

姉妹と自分を比較してばかりいては、今の自分に必要なことがわかりません。姉妹から視点をずらし、ロールモデルを見つけて自分磨きをしてみましょう

スキルアップにチャレンジして自信をつけふ

姉妹に対する劣等感や敵対心に悩んでいる人は、自分に自信がないことが原因の場合もあります。自信をつけるために、スキルアップにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

仕事に役立つビジネススキル、趣味や習い事、ボランティアなどスキルアップの方法はさまざまです。楽しみながら続けられるものだと、人生が充実してQOLも上がりますよ。

親や家族との関係性を見直す

姉妹に対するコンプレックスの原因が、姉妹同士ではなく親など家族にあることも考えられます。親の愛情が偏っていたり、親の過保護や過干渉が姉妹の関係性に影響を与えることがあります。

姉妹との関係性に悩んだときは家族との関係性も見直してみることで、悩みの原因が見えてくることもあるでしょう。

おわりに:姉妹と比較することをやめて自分の人生を楽しもう

姉妹と自分を比較してしまって辛いという人は、少し視点をずらしてみましょう。自分の将来のことを考えたり、ロールモデルとすべき憧れの人を探してみてください。自分の人生を楽しむために、自分を大切にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました