貯蓄

悩みの解決におすすめの貯蓄に関する情報を紹介している記事をまとめています。

お金の悩み

独身の老後資金の計画的な貯め方って?シミュレーションツールで将来を予測

多様な生き方、暮らし方が増えてきた現代、問題となるのは老後の過ごし方です。特に、粘菌問題が騒がれることも多い昨今、老後資金は大きな問題の一つ。できるだけ早いうちから、計画的に老後資金を貯めておく必要があるでしょう。 今回は老後に必要な資金・年金の目安や計画的なお金の貯め方、シミュレーションツールをご紹介します。
お金の悩み

子どもの学資保険の選び方って?月々の払い込み費用やメリット・デメリットとは?

子育てをしていくうえで、将来に対する経済的な不安はつきものですよね。子を持つ親の不安を軽減し、教育資金の確保を助ける仕組みのひとつとして「学資保険」があります。 今回は学資保険とは何か、主な2つのプランによる違い、利用のメリット・デメリットから加入が推奨される人の特徴まで、まとめて紹介します。
お金の悩み

介護資金の平均額や介護保険負担額の決定法って?活用したい公共介護費用軽減制度を紹介

加齢に伴い足腰が衰えなどが進み、日常生活を支えてもらわなくてはならない「介護」の状態になったとき、どのくらいの費用がかかるのかを意識している人は少ないのではないでしょうか。 今回は、いざというとき慌てずに済むよう、介護保険で受ける介護サービスを中心に、老後に必要とされる介護費用や負担軽減制度について詳しく見ていきましょ
お金の悩み

会社員の副業は年末調整でバレる?確定申告するときの注意点

近年は副業によって複数の収入源やチャンスを得ようとする人が増えています。ただし会社から副業を禁止されている会社員も少なくありません。 社則で副業を禁じられていなくても副業が会社にバレてしまった場合、良い顔をされないことも多いです。そこで、今回は副業が会社にバレてしまうのはどんなときかを紹介します。
お金の悩み

老後に向けた長期投資?不動産投資のメリットと初心者が失敗しないコツとは?

不動産投資は、ある程度の自己資産ができたら投資を始める人も多い投資方法です。株式投資やFXなどと違い、大きく失敗して資産を急激に失う人も少ないため、比較的手堅い投資方法です。不動産投資はなぜ比較的手堅く低リスクで、長期的な投資になりうるのでしょうか。不動産投資のメリットと、初心者が失敗しないためのコツを紹介します。
お金の悩み

老後資金は「個人年金」で確保!公的年金との違いとは?賢い選び方でお得に節税

定年退職、心身の衰えなどで老後に働けなくなったとき、食費や医療費など日々の生活のためには貯金などの資金が必要。公的な年金制度がありますが、さらに「個人年金」で金額を上乗せする方法も。個人年金と公的年金制度の違い、個人年金の選び方や税金についてご紹介します。老後の資金について検討している方は、ぜひチェックしてください。
お金が貯まらない

効率よく収入アップ!在宅やアプリで始める副業の方法って?

日本では、長い間高度経済成長時代に定着した終身雇用が一般的でしたが、近年では平成不況など社会情勢の変化によって事業規模縮小のためのリストラをする企業が増えるなど、働き方は大きく変化しています。そこで、効率よく収入をアップするために、副業を行う人が増加中。今回は、そんな在宅やアプリで手軽に始められる副業をご紹介します。
お金の悩み

外国株式投資を始めたい!米株と中国株のメリットや避けたいリスクとは?ネット証券でもできる?

将来の貯蓄を増やすため、株式投資を行う人は増加中。日本株はローリスク・ローリターン、外国株はハイリスク・ハイリターンと言われますが、それは本当なのでしょうか。今回は、大きな市場であるアメリカ市場と中国市場を中心に、外国株投資についてご紹介します。これから株式投資を始めようと思っている人は、ぜひチェックしてください。
お金の悩み

将来に向けて貯金する方法とは?貯蓄や投資のメリット、FPに相談できることって?

老後に必要な資金は2000万円と発表されたこともあり、将来の貯金について不安を抱えてはいませんか?どうやってお金を増やせばよいのかわからない、貯蓄だけでは足りるか心配な人も。今回は将来に向けて貯金する方法について、貯蓄や投資、NISAとiDeCoの違い、個人年金などを紹介。最も自分に合っている方法をチェックしましょう。
お金の悩み

生命保険の選び方はライフプランと一緒に考えよう-生命保険の種類や契約時の留意点は?

生命保険は、いざというときの備えに重要。貯蓄が十分にあれば良いのですが、若い世代や子育て世代では十分な貯蓄があるとは限りません. 予想よりも出費が多くなってしまうということも。保障に貯蓄を合わせた保険や、子どもの学資金にできる保険など、ライフプランに合わせて、自分や家族に合った保険の選び方を考えてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました